丸呑みデータベース
このページの更新日:2024/02/28

今日は正義が… ~壊滅せし魔法少女たち~


サークル名
奥ヴぁ/キルタイムコミュニケーション
元ネタページ数
オリジナル
モンスター名キャラクター名
モンスター
大口モンスター
ラヴスライム
ネーブル
解説

奥ヴぁ氏による単行本作品。
一部に出血を伴う表現を含むほか、ストーリーは重いバッドエンドなので、苦手な方は注意。


収録作品は、魔法少女の敗北を描いた「今日は正義が」シリーズが半分。
残りは、大人のおもちゃの体験アルバイトや、催眠術で女性の好意を得るなど、さまざまなジャンルの内容。


今日は正義が負ける日

巻頭の作品。本作品は半呑み止まり。
魔法少女ネーブルが、捕らわれた仲間を救出するため敵のアジトへ突入。
そこで、魔獣の子を産まされているおぞましい姿となった仲間の姿を発見します。

目の前の光景にショックを受けたネーブルは、恐怖で腰砕けに。
そこに、背後から大口を開けた魔獣が迫り、ネーブルは腰から下を咥え込まれてしまいます。

泣き叫びながら抵抗しますが、半呑み状態のまま触手責めを受け、魔獣の子を産まされてしまう、というところで終了。


今日は正義が終わる日 第1話

こちらも参考
前エピソードでネーブルが捕まった後から。本作品は丸呑みではなくスライム取り込み。
3人の魔法少女レーニア、カシス、ルピアがネーブルを救出するために敵のアジトへ潜入。
しかし、それは敵の罠であり、最後尾を歩いていたルピアは、背後から現れた大口を開けたモンスターにより丸呑みに。
(描写は大口を開けて迫り丸呑み直前まで)
そして、カシスはスライム状に変化した床にずぶずぶと沈み込んでいきます。

残されたレーニアはカシスを助けようとしますが、背後から現れた巨大スライムにより全身を丸呑みに。
スライム内部であれこれされ、お腹の中にスライムを詰め込まれた後に解放され、敵の幹部により触手蠢く大穴に落とされる、というところで終了。



全体的に絵のレベルは高めな印象。
単行本のメイン作品である、魔法少女敗北シリーズは、かなりハード寄りな内容。
肉体的には、頭皮が裂けて寄生生物の目が現れる、というややグロテスクな表現がある他、精神的には、泣き叫ぶヒロインに容赦なく改造、といったきつい内容が多く、人を選ぶ内容かと。

丸呑み関連シーンは3つ。
1つめは巨大な口を持つモンスターに襲われて胸下まで咥え込まれるものの、半呑み止まり。
2つめは大口を開けたモンスターがヒロインの間近まで迫るも、直接的に呑まれる表現は描かれていないもの。
3つめは尺は長めですが、丸呑みではなくスライムによる全身取り込み。
ハードな展開に耐性があれば、丸呑み目的としても楽しめる部分もあるとは思いますが、いずれも惜しいと思わせる内容です。


DLsiteでは、試し読みとして、ネーブルの半呑み、レーニアのスライム全身取り込みシーンの一部が公開されております。
興味がある方はチェックしてみるとよいでしょう。