丸呑みデータベース
このページの更新日:2020/05/14

吸血鬼ちゃんの蟲災い


吸血鬼ちゃんの蟲災い サークル名
ぽんこつなぽつの屋
元ネタCG枚数SS
オリジナル24枚
基本3
差分21
あり
モンスター名キャラクター名
巨大ヒル吸血鬼の少女
解説

少女と虫の絡みを描いた作品を多く手掛けるサークルぽんこつなぽつの屋の成人向けCG集。
内容は、吸血鬼の少女が虫に襲われるというもの。
出血を伴うようなリョナ描写はありませんが、少女が虫を出産するなどの描写があるため、苦手な方は注意してください。


収録されているCGはすべてカラー。
テキスト入りCGによるストーリーつきで、3エピソード×2パターン+おまけという構成になっております。
全CGに文字なし差分あり。

特徴的なのは、基本CGは同じながら、表情差分によりヒロインの受難を描いたもの、快楽を描いたものの2パターンのエピソードがあること。
表情以外のCGは同じですが、ストーリーの意味合いが全く違ったものとなっております。


物語は、吸血鬼の少女がバンパイヤハンターの人間に捕まるところから。
吸血鬼の少女は、ハンターの飼っている吸血鬼を襲う魔蟲と同じ檻に閉じ込められることに。
拘束されている吸血鬼の少女は抵抗もできず蟲に襲われ、蟲の子を産み落としてしまうところで第一話は終了。

第二話では、蟲を産み出す体力がなくなってきた吸血鬼の少女に、巨大ヒルが大口を開けて迫るところから。
吸血鬼の少女は頭から腰までを咥え込まれたまま、小型のワームに秘所を責められることに。
やがて、ぐったりとした少女はそのまま丸呑みに。
体内で肉壁に締め付けられながら気を失ってしまうところで丸呑みシーンは終了します。


快楽パターンでは、不死身の肉体と永遠に近い寿命を持つ吸血鬼の少女が暇を持て余し、わざと人間に捕まるところから。
蟲の檻に閉じ込められながらも、蟲程度に自分の命が脅かされることはないため、表情を輝かせながら無抵抗に身体を差し出す吸血鬼の少女。
蟲と交わりが終わった後、上半身を巨大ヒルに咥え込まれ、そのまま丸呑みに。
体内で肉壁に締め付けられる感覚が気に入った吸血鬼の少女は、いつでもこの快楽を味わえるように巨大ヒルを手なずけようとします。
一通りの行為が終わった後、吸血鬼の少女は巨大ヒルを連れて去っていく、というところで丸呑みシーンは終了します。


丸呑み関連CGは以下の24枚。(基本3+差分21)

  • 吸血鬼の少女が頭から腰までを巨大ヒルに咥え込まれているシーン

  • 上記シーンの差分として、口内透過、下半身に小型のワームが群がる、表情違いなど

  • 吸血鬼の少女が頭から腰までを巨大ヒルに咥え込まれている別アングルシーン

  • 上記シーンの差分として、口内透過、徐々に呑まれて口元から両足先がはみ出しているカットインなど

  • ワームの胴体が大きく膨らんでいるシーン

  • 上記シーンの差分として、体内透過、肉壁に締め付けられるなど


  • CGにはヒロインの受難、快楽の2つの表情パターンがあります。



    全編カラーで全体的に絵のレベルは高めな印象。
    内容としては、人間との絡みはなく、蟲との絡みのみであるため、人を選ぶ作品だと思われます。
    ストーリー展開が二種類あるため、悲壮感のあるものが苦手な人でも楽しめるようになっております。

    丸呑みシーンとしては、丸呑みにされるまで、丸呑み後の体内描写の両方の要素あり。
    触手責めなどの付加要素の無い、純粋な丸呑みとなっております。
    ヒロインのピンチ展開、快楽のためにわざと呑まれるもの、と2パターンの展開があるのが特徴的です。
    絵柄が受け入れられるのならば、丸呑みだけを目的としても十分に楽しめる内容だと思われます。


    DLsiteでは、サンプル画像1,2,6,8にて丸呑み関連シーンのものが公開されております。
    興味がある方はチェックしてみるとよいでしょう。

    ぽんこつなぽつの屋 丸呑み関連作品一覧

    CG集


    過去作品2作品セット(ぽんこつなぽつの屋)
    過去作品3本セット(ぽんこつなぽつの屋)
    吸血鬼ちゃんの蟲災い
    そこの君 人類の為に蟲とアレな事コレな事してくれませんか?
    蟲神さまの報復
    蟲姦作品3本セット
    凌辱の見せ物小屋 小人と虫の強制交尾ショー