▲ゲーム一覧に戻る

Lv1ハンターとオトモがモンスターから村を守ろうと頑張りました!


ハード名発売年
PC2011
サークル名ジャンル
蒼見鳥アドベンチャー
モンスター名キャラクター名
メスネブラシロ
クロ
解説

同人サークル蒼見鳥の「Lv1〜」シリーズの第4弾。
Lv1パーティーLv1騎士アリスの続編となっていますが、世界観は全く繋がりのない別物。
本作品の世界観は、モンスターハンターシリーズをモチーフにしたもの。
正義感の強い新米女性ハンターアスカの受難を描いた作品になっています。
あくまでもモチーフであり、世界観を似せて作ってあるだけなので、原作を知らなくても問題なくプレイできます。
異種姦がメインであり、失禁、ボテ腹などの要素があるので、苦手な方は注意してください。

2012年01月05日更新分から、ゲーム本編のほかに後日談シナリオが同梱されるようになりました。
このおまけシナリオはコミックマーケット81にて無料配布されたものと同じです。
ゲームとはまったく別物で、HTML+テキスト形式のゲームブックに近いものになっています。
ゲームの後日談的内容になっているため、本編のネタバレを多分に含んでいるため注意してください。


システムは原作ゲームと異なりアクションではなく、テキストを読みながら選択肢を選んでいくというもの。
随所で時限付き選択肢やミニゲーム的なものがありますが、基本的にはオーソドックスなシステムになっています。

キャラクターは女性キャラのみ全編フルボイス。
豊富な立ち絵や、デフォルメキャラ表示など、アドベンチャー部分の演出がかなり凝った作りになっています。
CGモードやシーン再生モードなども完備。

ゲームの性質上、バッドエンドが多く、選択肢一つ間違えると即バッドエンドになることも多い。
しかし、バッドエンド後すぐに再開できたり、ゲーム進行によってエンディングチャートが表示されたり、全体的に見ると難易度は低め。


登場する丸呑みモンスターは、ブヨブヨした身体を持つメスネブラ。
名前のとおり、モンスターハンター3に登場したギギネブラをモチーフにしたモンスター。
丸呑みにした女性に媚薬効果のある体液を浴びせて、繁殖のために捕らえるという性質があります。

メスネブラに丸呑みにされるのは、アスカのオトモのネコミミ少女クロとシロ。
シロは子供っぽい容姿をした、天真爛漫なネコミミ少女。(キリン装備一式)
精神年齢も幼く、にぎやかなパーティーのムードメーカー的存在です。

クロは子供っぽい容姿に不釣合いな豊満な胸をもったネコミミ少女。(ナルガ装備一式)
クロとは反対に控えめでおとなしく、おしとやかな性格をしています。


メスネブラの登場するのは4つめに受注することになる雪山のクエスト。
村長に頼まれたアイテムを入手し、帰還するために洞窟を進むアスカたち。
先行するシロを追いかけるアスカとクロは、鉱石の散りばめられた場所でシロに追いつきます。

鉱石発見にはしゃぐシロですが、その頭上にモンスターの影が迫ります。
状況に気づいていないシロに、アスカとクロは逃げるように警告します。
しかし間に合わず、天井から伸びてきたメスネブラの口内に、頭から膝上までずっぽりと咥え込まれてしまいます。

突然のことにパニックになり、暴れながら口内でくぐもった悲鳴を上げるシロ。
しかし、口内の媚薬体液により抵抗を封じられ、そのまま全身を丸呑みにされてしまいます。

我に返ったアスカとクロはメスネブラと戦うことを決意。
(※以下、選択肢でクロの耳を塞ぐを選ばなかった場合)
しかし、突然のメスネブラの咆哮で虚をつかれ、クロは地面に倒れてしまいます。
その隙を見逃さず、クロの脚に喰らいつくメスネブラ。
アスカはクロを救出するために手を引っ張り、綱引き状態になります。

メスネブラに徐々に飲み込まれ、秘所から卵を挿入されるクロ。
体液の媚薬効果により蕩けきった表情を浮かべるクロに、メスネブラの幼虫が群がります。
そして、胸や口を責められ、激しい快楽により絶頂を迎えてしまいます。

ぐったりとしたクロを素早く飲み込んでいくメスネブラ。
首から下をすべて丸呑みにされたクロは、すでに媚薬効果により生気を失っています。
アスカは幼虫に責められながらもクロを説得しますが、その声は届かず、という場面でフェードアウト。

数ヵ月後、卵を産み付けられたクロがメスネブラの幼虫を出産。
そして、寝室でクロが目覚め(夢オチ)、このシーンは終了します。

適切な選択肢を選んだ場合、太刀でメスネブラの首を切り落として戦いに勝利。
体内から服が溶けかかった状態のシロが救出され、そのまま村に帰還、という展開になります。


丸呑みシーンCGは以下の枚。(基本3枚+差分24枚)

  • シロがメスネブラに咥え込まれ、口元から両脚だけがはみ出しているシーン

  • 上記シーンの差分として、メスネブラに咥え込まれているシロが失禁するシーンが2枚

  • 上記シーンの差分として、シロが口内に飲み込まれ、メスネブラの口元が大きく膨らんでいるシーン

  • 上記シーンの差分として、シロが嚥下され、メスネブラの口元の膨らみがなくなるシーン


  • シロがメスネブラの口内で肉壁に圧迫されているシーン


  • メスネブラが倒れているクロの片足を咥え込んでいるシーン

  • 上記シーンの差分として、クロの表情違いのものが2枚

  • 上記シーンの差分として、クロの腰まで咥え込んでいるシーンの口内透過ありなしで8枚

  • 上記シーンの差分として、幼虫責めにされているシーン5枚

  • 上記シーンの差分として、クロの首から下すべてを咥え込んでいるシーンの口内透過ありなしで5枚


  • 全体的に丁寧に作られている良作。
    キャラクターの絵柄もクセが無く、万人受けしやすい雰囲気だと思われます。
    ゲームとしての完成度も高く、特に演出面はかなり力が入っています。
    反面、通常の同人ゲームなどよりやや高いマシンパワーを要求されます。

    アダルトシーンはすべてが異種姦という徹底ぶり。
    異種姦が好きな方には問題なくオススメできる内容になっています。
    可愛らしい絵柄に不釣合いなハードな内容が多いため、苦手な方は注意してください。

    丸呑みだけを目的とした場合、丸呑みシーン自体は2つありますが、クロのシーンは卵を産み付けられるなどやや特殊な内容。
    こちらは好みが分かれるシーンだと思われます。
    シロのシーンは、丸呑み描写がメインになっています。
    丸呑みにされる過程や、口内のシーンなどもあるため、こちらは丸呑みだけを目的としていても十分楽しめる内容になっています。

    2012年1月5日更新分から追加されたおまけシナリオには、Hシーンは3つ含まれていますが、残念ながら丸呑みシーンは含まれていません。


    DLsiteで公開されているサンプル画像には、残念ながら丸呑みシーンは含まれていません。
    丸呑みシーンはないもののゲームの一部がプレイできる体験版が公開されているので、作品の雰囲気を掴むことはできます。
    興味がある方はチェックしてみるとよいでしょう。


    ▲ゲーム一覧に戻る