丸呑みデータベース
TOP / BBS / LINK

ゲーム

■コンシューマゲーム
■アーケードゲーム
■パソコンゲーム
■アダルトゲーム

アニメ

■テレビアニメ
■OAV・アニメ映画
■アダルトアニメ
■実写・特撮

コミック

■一般コミック
■4コマ・アンソロジー
■アダルトコミック
■CG集・電子コミック

更新履歴

ティファLV_X


サークル名
CARYO
元ネタCG枚数SS
ファイナルファンタジー78枚
(基本2+差分6)
あり
モンスター名キャラクター名
ランドウォーム
ハングリー
ティファ
解説

同人サークルCARYO製作のアダルトゲーム。
プレイステーションで発売された人気RPGファイナルファンタジー7を原作とした二次創作作品。
タイトルの通り、ヒロインのティファにスポットライトを当てた作品になっています。
ティファが暴漢やモンスターに襲われてしまう、というエピソードが中心になっています。
出血などのハードなグロ描写はありません。

システムは、Hゲームによくあるシーン再生モードに近いもの。
最初に見たいエピソードを選択して、後はテキストを読んでいくだけ。
表示されるCGはすべてカラーになっています。
さらに、ティファのセリフには、声優さんの声が収録されており、フルボイス仕様となっています。
一部のシーンにはアニメーションも含まれていますが、丸呑み関連シーンでは残念ながらアニメーションはありません。


丸呑みモンスターは、巨大なワームのランドウォームと、卵に手足が生えたような奇妙な姿のハングリー。
ランドウォームは巨大なモンスターのため、本作品中では全体像が表示されません。
ハングリーは等身大サイズのモンスターで、原作ゲームと同じく、ミニマムの魔法でキャラクターを小人化させ、丸呑みにする攻撃をしかけてきます。
どちらも知能は低く、言葉を話したりすることはしません。

これらのモンスターに丸呑みにされるのは、ヒロインのティファ。
黒髪のロングヘアーで、グラマーな身体をした女性格闘家です。


ランドウォームのエピソードでは、コレル砂漠にて乗っていたバギーが横転し、車外に投げ出されるところから始まります。
車外に投げ出されたティファは、突如現れたランドウォームに丸呑みにされてしまいます。

グネグネと蠢く肉壁に覆われたランドウォームの体内で、
「ぐッッ・・・ああッッ、せ、せまぃッッ……!!!」
と身をよじるティファ。
そんな状態で抵抗できるはずもなく、周囲の肉壁から生えてきた触手に、下半身への侵入を許してしまいます。

ランドウォームの消化器官である、ティファの全身を包む狭い肉壁は、不規則に収縮を始めます。
ティファは、肉壁の収縮に巻き込まれて押しつぶされないように、
(何とかしなきゃっ……!!)
と、触手に犯されながらもなんとか体勢を立て直そうとします。

ティファが体勢を立て直そうと身をよじると、下半身に侵入した触手が蠢き始めます。
そして、あまりの刺激に抵抗する力を封じられてしまいます。

抵抗するティファに触手が容赦なく襲い掛かります。
ついに、触手から大量の液体が噴出し、ティファの身体に降り注いでいきます。
身体に異常な熱さを感じたティファは、この液体がランドウォームの消化液であると理解します。
絶望の中、ティファの意識が途切れるところで、ランドウォームのエピソードは終了します。


CGは、服が半分溶かされたティファが、しりもちをつくような格好で狭い肉壁部屋に押し込められているシーンが1枚。
さらに差分として、消化液が浴びせられているシーン、触手が侵入しているティファの下半身断面図2パターンがあります。(基本1枚+差分3枚)


ハングリーのエピソードは、サンゴの谷にてハングリーに遭遇するところから始まります。
仲間たちはティファを残して全員ミニマムの魔法で小人化され、ハングリーに飲み込まれてしまいます。

突然の出来事に呆然としているティファ。
ハングリーはその隙を突き、ティファにも喰らいついてきます。

腕と脚をつかまれ、ハングリーの口元へ運ばれるティファ。
しかし、どういうわけかハングリーは舌をティファの秘所に伸ばし、責め始めます。

あまりの刺激に喘ぎ声を上げるティファ。
ハングリーはそんなティファを下半身から徐々に飲み込み始めます。

ハングリーの舌責めにより、抵抗していたティファにも限界が訪れます。
ハングリーの口を押さえていた腕から力が抜け、ティファの身体がハングリーの口内に引きずり込まれていきます。
そして、ハングリーの舌責めにより絶頂を迎えながら、ティファは意識を失い、丸呑みにされていきます。

ティファが次に目覚めると、仲間たちはぴんぴんしています。
仲間たちの戦力と比べるとハングリーはかなり弱いモンスターであり、小人化された仲間達がハングリーの腹を破って脱出。
無事にティファも救出され、安堵しているところでハングリーのエピソードは終了します。


CGは、ハングリーがティファの腕、脚を押さえつけ、口元にくわえ込んで舌責めをしているものが1枚。
さらに差分として、秘所にハングリーの精液を浴びせられているシーン、舌が侵入しているティファの下半身断面図2パターンがあります。(基本1枚+差分3枚)


登場キャラクターがティファのみ、さらに陵辱メインなので、好みが別れる作品だと思われます。
シーン数も多く、キャラクターボイスもあり、基本的な部分は丁寧に作られています。
また、陵辱メインといっても出血などを伴うグロテスクなものはありません。
ティファが好きで、陵辱モノが好きならオススメできる作品です。
丸呑みシーンだけを目的とした場合でも、丸呑みシーンが2つあるため良作であるといえるでしょう。
しかし、CG集などと比べてやや価格が高いので、事前にサンプル画像などをチェックして自分の好みに合うか確認したほうがいいでしょう。


DLサイトでは、残念ながらサンプル画像に丸呑み関連のシーンは含まれていません。
ただし、作品の絵柄の雰囲気をつかむことはできると思われます。
興味のある方はチェックしてみるといいでしょう。


以下、掲示板より抜粋

CARYOと言うサークルのFF7のティファが題材の陵辱ものの TIFA LV_Xという作品にて
サンドウォームによる丸呑み後に体内で触手陵辱→消化開始までの話と
我らがハングリー先生による舌責めから丸呑みされかける話がありました