一般参加者の持ち物チェック

 一般参加者としてコミケに参加する場合、こういったものを用意しておくと便利です。

当日の昼食

 ビックサイトにもコンビニや飲食店はありますが、どこもかしこも長蛇の列となります。 昼食はビックサイトに行く前に、あらかじめ用意しておきましょう。 オススメはカロリーメイト。ドラッグストア等で10箱まとめ買いすれば安く買えます。


買い物袋

 買った本を入れることを想定して、B5サイズが入る大きさのものを。 必要ない時は小さく折りたため、できれば防水処理がしてあるものが理想的。 最近では100均でも、それなりに丈夫で良い物が売っています。


カタログ、配置図

 この二つ無しでコミケに参加する事は、地図を持たずに樹海に入るようなもの。 最低限、配置図は持っていきましょう。 カタログはカッターで日ごと(一日目、二日目、三日目と)に分冊して 当日分だけを持っていき、帰るときにゴミ箱に捨ててくれば帰りの荷物にもならず便利です。 またMR(マンガレポート)は列に並んでいる間の暇つぶしにもってこい。


小銭

 コミケにおいて使用可能な紙幣は千円札のみ、と思ってください。 五千円、一万円札は一部の限られた場所(大手、企業ブース等)を除いて事実上使用不可です。 サークル側からしても、400円の本に一万円札を出されてたりしてもお釣りが用意できません。 買い物をスムーズに行うためにも、ビックサイトに来る前に 高額紙幣はくずしておく事をオススメします。


折りたたみ傘、カッパ

 コミケの日は必ず晴れ、というジンクスも、昨今の異常気象の前に崩れつつあります。 コミケ側はカッパを推奨していますが、現実問題として折りたたみ傘が最適かと思います。 大きい傘はビックサイトに入ってから邪魔になる上、並んでいる間にも周りに色々気を使わなくてはいけません。 小さめの折りたたみ傘を一本用意していきましょう。


小さめ(容量30リットル以下)のゴミ袋

 万が一雨に降られた時、本、その他を雨から守ってくれます。 使いようによってはカッパにもなりますが、あまりその格好のまま 帰ってほしくはないな、といったところ。 一般参加の場合は荷物が少ないので、小さめのゴミ袋で十分です。


〜夏限定〜


制汗スプレー

 男女問わず持っていった方がいいと思います。 わきの下と首の後ろを集中的に冷やせば、効果が高いです。


帽子、日焼け止め

 夏の日差しを避けるための必需品。主に一般入場列に並んでいる時用です。


タオル、ハンカチ、ウェットティッシュ

 汗を拭くための必需品。汗にまみれた手で本を手に取ったり、 サークルの本を見ている時汗が本にたれたりしては サークル側に良い印象は与えないでしょう。


飲み物

 水分補給は重要です。まぁビックサイトでも労なく買えるので 前もって用意していく必要はないと思います。


〜冬限定〜


カイロ、マフラー、手袋

 まぁ要するに「防寒対策はしっかりと」という事です。 海辺でしかも、遮蔽物の何もない駐車場。寒さは相当のものです。




当日までの流れ◆→
◆持ち物チェック◆
当日のオススメタイムテーブル◆→
お役立ち情報◆→

◆コミケ当日TOPへ◆





ビットコインがすぐに買える Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 簡単安心ビットコイン取引所 coincheck 海外旅行保険が無料! 海外ホテル