雪乃は、夜更けに主人に呼び出されて客間に向かった。  
そこには暗い顔をした主人と、見知らぬ男の姿があった。  
男は雪乃の頭から爪先までを舐めまわすように眺め、下卑た笑いを浮かべた。  
雪乃に歩み寄ると、細い腕を力まかせにつかんで、部屋の中央に置かれた椅子に強引に導いた。  
「ご、ご主人様……?」  
雪乃はわけがわからず、主人に助けを求めた。  
しかし主人は何も答えず、かわりに雪乃の腕をつかんでいる男が口を開いた。  
「ご主人様はお前より偉い。だからお前はご主人様の命令には逆らえない。そうだな?」  
雪乃は怯えた表情でこくこくと頷いた。  
男は雪乃に、椅子に座るように促しながら、言葉を続けた。  
「俺は、そのご主人様よりも偉い。つまりお前は俺の命令にも逆らえないということだ。わかったか?」  
男はニヤリと笑い、椅子に座った雪乃の両膝を下からすくい上げて、  
椅子の左右の肘掛に乗せた。  
「や……っ…!何を……」  
慌てて膝を閉じようとする雪乃に、男が無慈悲に告げた。  
「閉じるな!そのまま、足を大きく開いていろ!これから俺が、お前の体を楽しみやすいようにな」  
自分がこれから何をされるのかを理解して、雪乃は恐怖に青ざめた。  
すがるようなまなざしを、再び主人に向けた。  
しかし主人は、  
「そのひとの言ったとおりだ。そのひとの命令に従いなさい」  
と、冷たい声で雪乃に言い放った。  
呆然とする雪乃の手首を、雪乃の背後にまわりこんだ男がつかんだ。  
雪乃の両腕は椅子のうしろにまわされ、手首がきつく縄で戒められた。  
「お、お願い……です……。やめて……ください……」  
雪乃は目に涙を浮かべ、震える声で男に懇願した。  
しかし男は雪乃のその様子を見て興奮が増したようだった。  
「苛めがいがありそうな娘だな。朝までたくさん泣かせてやるから、楽しみにしな」  
いやらしい笑みを浮かべた男は、雪乃のエプロンに手をかけた。  
そのまま、首にかかる部分の紐を引きちぎる。  
エプロンの上半身の部分がだらりとおちた。  
男の手はさらに雪乃の黒のワンピースへと伸びた。  
胸元のあわせを両手で思い切り左右に引っ張った。  
布の裂ける音が部屋に響いた。  
「いやぁ……っ……!」  
白いレースに包まれた雪乃の胸のふくらみがあらわにされてしまった。  
雪乃の頬が羞恥で真っ赤に染まる。  
「ウヒヒ、なかなかでかいじゃねぇか」  
よだれを垂らしそうな声で男は言うと、いきなり雪乃の胸を鷲掴みにした。  
雪乃のおっぱいはたぷんっと揺れて、男の指の間からは柔そうな白い肉がいびつなかたちではみ出る。  
「や、ぁ、あぁッ……んっ……!」  
男は雪乃の胸のボリュームと感触を楽しんでいた。  
ぐにぐにと執拗に雪乃の胸を揉む。  
そのうちに、男のてのひらの中心に、固く勃ちあがってくるものの感触が伝わってきた。  
 
 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 今日からビットコイン生活 Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル