「ご主人様……。」  
深夜、人気の無い廊下を渡り こっそりと主人の部屋に忍び込む。  
屋敷内の他の住人には知られていないとは思うのだけれど  
執事さんあたりは気が付いているかもね……。  
お咎めが無いのは黙認か……戯れと思われているか……。  
 
誰も知らない私の密やかな楽しみ。ご主人様の寝顔を眺めること……。  
端整な顔立ちのご主人様の寝顔には彫像のような美しさがある。  
 
「誰にも渡したくない……。」  
 
そう願っても、何も行動できない私。出来ることといえば、こうして寝顔を見つめるだけ……。  
いま、この瞬間だけは私だけのもの……。  
そっと髪を撫でる。そうっと唇に触れる。  
 
「はしたない女になってはいけないでしょうか……」  
 
寝顔に問いかけて……そうっとキスをする……。  
 
「おやすみなさい。ご主人様。」  
 
続きは夢の中で……。  
 
 

ビットコインがすぐに買える Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 仮想通貨取引登録業者 海外旅行保険が無料! 海外ホテル