みっちゃんは家の住み込みの使用人だった。  
 みっちゃんの両親も住み込みの使用人で、つまり使用人同士の子供だった。  
 一方、僕は家の主人の一人息子――つまり若旦那様だ。  
 
 全く立場が違う二人だったけど、歳が近かったからだろう、僕らは良く遊んだ。  
 みっちゃんの両親は少し困っていたようだったけど、僕の父さんは気にした様子  
もなかった。  
 だから、僕とみっちゃんは広いお屋敷の中で自由に遊べた。  
 小さい頃、僕はおままごとが好きだったんだけど、みっちゃんはかけっこや木登り  
が好きだった。家の中で遊びたいという僕を、お日様が気持ち良いから、という理由で  
外に連れ出すのがみっちゃんだった。  
 
 勿論みっちゃんとは今でも仲が良い。  
 でも、僕達はもう大人と子供の中間くらいの年齢になってしまった。  
 今までのように、気兼ねなく話すようなことも、身分の違いから難しくなってしまった。  
 みっちゃんは僕を坊ちゃま、と呼び、敬語で話す。  
 少しだけ悲しい気持ちもしたが、仕方ないことだった。  
 
 ある日の夕方、みっちゃんが突然言ってきた。  
「坊ちゃま、久しぶりに一緒にお風呂に入りませんか?」  
 僕は面食らった。  
 そりゃあ、子供の頃は一緒にお風呂に入るなんて良くあることだった。  
 でも、僕らはもう子供じゃない。  
「うん、いいよ」  
 いつの間にかそう答えていて、自分でも驚いてしまった。  
 よかった、とみっちゃんは微笑んだ。  
 
 夕食が終わり、風呂場に行く。みっちゃんは風呂場の前で待っていた。  
 銭湯のようなうちの風呂だけど、流石に男湯と女湯には分かれていない。  
 十人くらいが入れる脱衣場に、二人で入る。心臓の鼓動が速く、大きくなってゆく。  
 僕は服を脱いだ。籠に脱いだ服を入れる。  
 みっちゃんが後ろから抱き付いてきたのはその時だった。  
 僕は上ずった声を上げる。  
「み、みっちゃん……」  
「どうかこの場だけでも、光治と呼んでください」  
 

ビットコインがすぐに買える Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 仮想通貨取引登録業者 海外旅行保険が無料! 海外ホテル