「どんだけ横長なんだよ静岡!」僕はイラついていた。新幹線で東京から直ぐに箱根を越え、静岡さえ抜ければ…名古屋に着くはずなのに…大人げなく静岡に当たってしまっていた。  
 
「ならのぞみにすればよかったじゃない。」姉さんにそう言われた。スーツ姿とゆる巻きが行き交う名古屋駅のホームで、僕は窘められた。でも、やっと声が聴けた。どうしてもその声が聞きたかった。  
 
姉さんと知り合ったのは大叔母さんが僕に紹介したからだ。関東と愛知の距離を埋めるのは、それしかなかった。  
 
車で大叔母の家へ向かった。その中で姉さんは一方的に話していた。学校相手の営業のストレス。そして何時もの話。「パパは大学なんて行かないで料理学校行けとか!お前が男だったらとか!息子を野球選手にしたかったとか…ヒドくない?私は私でしょう?」  
 
彼女のプライドを傷つけるには十分だった。実際に彼女は学業優勝だった。だけども、彼女の父が欲しかったのは、教材問屋を次ぐ息子だった。叶えられない期待を押しつけられ続けていた。  
 
その不安を愛を押し付ける事で隠そうとしていた。でも、僕はそれでも構わなかった。姉さんが好きだった。  
 
大叔母の家で、私達はエビフライを食べていた。ホワイトソースをかけるスペシャルなエビフライ。でも、心は宙に浮いていた。  
 
「やはり数学は全ての基礎です。論理的思考が英語や理科の基礎です。それに社会の様な暗記科目でも論理性…」数学教師の大叔母に営業トークをする姉さんに、僕の姿が見えているとは思えなかった。  
 
「でも格好いいよな。姉さん。確実に壺ついてる。」そこには洗剤で米を研ぎ猫を洗濯機で洗おうとする様な姉さんは居なかった。どれも姉さんだけど、やっぱり姉さんは素敵な女性であって欲しかった。今日の姉さんは理想的だった。  
 
空が支配者がオレンジから紺に変わり、僕たちはお暇する事にした。  
 
姉さんがキーレスエントリーを操作して洗面所に向かった後、「宜しくお願いね。」大叔母は言った。  
 
微笑みながら、しかし決然とした声に、言葉の重みを感じざるを得なかった。僕は交差点の前に居たのだ。  
 
大叔母に別れを告げて、姉さんの車に乗った。やっと独り占め出来たような気分になって、姉さんを見つめていた。  
 
長い素直な髪の毛。長いまつげと、切れ長の瞳。整った鼻筋に薄い唇。白い肌を引き立たせる役者が揃っていた。  
 
身長だって高いし、脚も綺麗だ。でも僕は胸ばかり見てしまっていた。肥満体の僕は、自分より大きな胸を見るのが始めてだった。姉さんが特別なのを感じさせずには居られなかった。  
 
「えへへ〜。私たーくんよりおっきくてよかったぁ。だって男に求められない女なんてつまらないもんね。」  
 
「……」  
 
「なぁにたーくん。」  
 
「姉さんってさらっと凄いこと言うよね。」  
 
「ひど〜い。たーくんの方がスゴいじゃん。」  
 
取りあえず引き下がったほうが良さそうだ。僕は口に鍵を書けた。そのとき、姉さんの切れ長の瞳が少し開いた様な気がした。  
 
「たーくん。いいよね。行っちゃお。」  
 
「うん。」鍵は簡単にあいてしまった。車はホテルの駐車場に吸い込まれた。  
 
シャワールームで僕は先に汗を流していた。汗の匂いが、道のりの長さを思い知らせた。  
 
その間、姉さんはスポーツドリンクを作っていた。「そこまで姉さんにならなくても良いのに…」姉さんに言った。  
 
「私の事ちゃんと遥花って呼んでくれたらやめてあげる!」  
 
「は…ハル…」恥ずかしかった。もっと恥ずかしい事をしたのに。  
 
「まだ早いわね〜」。笑顔で却下された。  
 
「早くないよ!僕だってもう成人したし。」右手が、姉さんの右肩に触れていた。そして、その右手を導いて少しずつ淡い青の下着を外していった。  
 
「たーくんちょっと待っていて。」姉さんが指で準備を始めていた。姉さんは絶対に自分でやった。「私の方がお姉さんなんだから、自分でして当然でしょう。」20歳と23歳の間の壁は果てしなく高いのだろうか…  
 
姉さんが1人でしているので、僕もそうしようとした。でもいきなり白くはかない指で掴まれてしまった。  
 
「姉さん…口に含むには汚いんじゃ…」  
 
「たーくん!そんなもの入れようとしてるの?」  
 
姉さんに任す事にした。実際、姉さんの口は暖かくてホンワカしていた。すっかり大きくなった僕は。  
 
「姉さん…」「良いよ…」初めて主導権を手にした。  
 
姉さんの脚を開いて、入れてしまった。ゆっくりと進んだ。姉さんの微かに動く表情を見てみたかった。  
 
「たーくん…頑張ってね。」少しずつ早くしてみた。本当は少しも離れたくないけど、腰を引いてまた突き出した。姉さんはそれを受け入れてくれた。  
 
暖たかで柔らかくて優しくて、でも寂しがり屋な壁に包まれて僕は幸せだった。  
 
でもその幸せを知っている男が居た。姉さんの心に僕の届かないスペースがあるのを、認めたくはなかった。  
 
繋がったまま、姉さんを抱えて、姉さんを乗せて座ったまま向き合った。こうすれば、姉さんと同じ視線になる。  
 
「ビックリした〜」  
 
「ごめんね。」  
 
「何も言わないんだもん。でも…コレがたーくんの世界なのね。」  
 
嬉しかった。姉さんが最初の女性だった。僕が2mが服を着て歩いてるのではないと分かろうとした、最初の女性だった。  
 
だから、嬉しくて、独占したくて、僕はピッチを上げた。  
 
「m…ハッ…たーくん…」姉さんも気持ちよさそうだった。そんな姉さんを見て、僕は終わりを意識し始めた。  
 
「ウフッ…たーくん頑張ったね…アッ…ねぇ…頂戴…良いよね…」僕はラッシュをかけ始めた。壁を引き剥がしてまた押し込んで、そうしながら我慢することなく盛大に解き放った。白いシーツに陰影ができて、そるが淫靡だった。  
 
「たーくん!今日頑張ったね。スゴい気持ちよかった。」  
 
「姉さんだから頑張ったんだよ〜!」  
 
「…あんまりお姉さんを困らすんじゃありません!」  
 
でも僕の左手を掴む感触は、さっきより確かなものになった。  
 
 
スポーツドリンクで満たされたコップを、唇に近づける。唇に触れさせたいのは、本当は違うものだけど、夜はまだ長いから、スポーツドリンクを飲むことにした。  
 
胃が収縮しないように、敢えてあまり冷やしていない。僕が彼女にそう言ったのは、草野球で言った一度きりだったが、ちゃんと覚えている。  
 
それが、大事にしようという気持ちを走らせてくれる。  
 
飲み終えて、視線を下げると、姉さんの大きな胸が見える。手を覆い被せる。ただ、指かゆっくりと沈んでいく。それだけの事なのに、僕の全てを受け入れてくれた気分になる。  
 
姉さんが、「柔らかいでしょう。」と微笑む。何も言えなくなる。それ以上に恥ずかしい事をしてきたのに。  
 
押し倒す。ちょっとした復讐。彼女には敵う訳がないけど。でも姉さんは微笑んでいる。  
 
「だって必死なんだもの。そんなに私としたいんだなって。」決まってる。姉さんだから。大好きだから。  
 
「大好きだから。」と僕は言った。「今日は素直なのね。」と姉さんが返す。「何時も素直だよ。」  
 
正常位はあまりしたくない。自分が肥満体な事くらい知ってる。だからあまり速い動きをしなかった。  
 
「これだとね、たーくんが必死な顔してるのがよく分かるんだよ。」そんなに余裕が無いのか…そもそも僕の余裕をうばっているのは姉さんじゃないか!  
 
と思っても、ピッチが確実に上がっている。僕の支配者は姉さん、あなたです。  
 
「んっ…」鼻にかかった声が洩れる。汗で煌めいた顔。姉さんの切長の目が少しだけ開いた気がする。鼻が微かに上がる。本気になるとそうなるんだよ。知ってる?  
 
終わりに向けてラッシュをかける。弾ける鼓動。彼女もそうなってないかな。僕はかなり必死になっている。姉さんからは「ん〜んっ…。」と言う声しか聴こえて来ない。それでも必死になって打ち込む。姉さんの為に必死になっているのだ。  
 
「あっ…」姉さんが言う。僕は発射しているのにも気付かず打ち込んでいる。  
 
まだ出来るのかな…。僕は思う。だけど、姉さんは「まだ出来るよね。」と言う。結局、出るものが泡になるまで絞られたのは僕だった。でもまだいいのかな。お見合いの時は21回だったし…。  
 
僕は蟻地獄にはまった蟻だ。だけど、優しさで出来た蟻地獄ならば、それでいい。そこには姉さんがいる。  
 
僕は車の中にいる。そこでノートパソコンのキーボードを叩く。ミッテランのフランスのレポートを書き上げなければならない。  
 
保革共存"cohabitation"かたい言葉のはずなのに、「(恋人同士の)同棲。」と言う意味が一人歩きする。バックミラーには、獲物をみつけた姉さんの顔が写る。ヤバイ。  
 
「コアビタシオンって同棲って意味なんだよね〜。」僕は赤信号を恨んでいる。姉さんは僕の右手を強く握っている。  
 
犬山城に到着する。小さいけど国宝だ。現存する天守閣はやはり気品と風格が漂っている。  
 
全てをみるのにあまり時間がかからなかったが、歴史を感じるのには十分だ。  
 

テレワークならECナビ Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル