「あっ…」  
ぼぅっとテレビを見ていた俺の隣りで、かくっかくっと頭を揺らしていた彼女がいきなり目を開け呟いた。  
「どうした?」  
「…今ね、蹴ったの。起きろって言ったのかな?」  
クスクスと微笑みを浮かべながら、お腹を撫でる。  
勢いにまかせて彼女の事を考えなかった夜から早七ヵ月、俺は少しの罪悪感と少しの幸せを味わいながら、明日テーブルに置いた茶色の紙を出しに行く。  
 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 今日からビットコイン生活 Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル