「お、なんかイイ匂い」  
なにやってんだよ。気持ち悪いな。  
「お前の髪、すげえ良い匂いする。整髪料か?コレ」  
ちがうちがう。  
シャンプーが切れたんだよ。奥さんの使ったんだ。  
「ひっ、氷室さんのっ!?」  
あぁ。なんだっけ、ハー●ルエッセンス?とかいうやつ。  
「…ハァ、ハァ」  
…ん?  
「ってコトは、氷室さんのあの美しい髪と、同じ香りっ…!すれちがう度にフワリと香る、あの…!!」  
おい、田中。人の女房で不埒な妄想してんじゃねーぞ。  
「るせぇ!お前は毎晩チチクリあってイイ思いしてんだろ!氷室さんはなぁっ、美しく仕事一直線で、他の女みたいに金持ちの男にも振り向かず…っ、謂わば非モテ独身男達の最後のオアシスだったんだ!そっ、それを…お前はぁ!!」  
声デカイ。見ろ、新人がビビってるぞ。  
「…付き合って、半年でゴールインなんて…!」  
聞いてないし。  
…確かに。結婚の旨を周囲に明かしたとき、俺は社内の男どもの有り難い『制裁』を受けた。  
正直、よく生きて帰れたと思う。今でも武藤みたいな奴からはチクチク嫌味を言われるし。  
ま、鏡子さんが全部やり返すけど。  
「分かるのかよォ、グズッ…お前にっ、新妻モノのAVを会社帰りに借りて、店員の女に白い目で見られる気持ちがぁっ…」  
分からん。というか、マジ泣きはやめろ。  
「『おかえりなさい。お風呂?ご飯?そ・れ・と・も…』とか言って裸エプロンで迫る新妻萌え…!」  
もう何言ってんだ、お前は。  
でも、…裸エプロンか。  
「氷室さんはしないのか?してるとか抜かしたらお前を殺すけどな」  
…しねーよ。想像したことも無かった。  
でも考えてみりゃ、新婚生活における最大の夢(?)じゃないか!  
「してほしーんだろ?ケッ、このムッツリ野郎」  
そろそろしばくぞ。  
…しかし、イメージ云々は別として、本音を言えば…。  
 
―して欲しい、かな。  
 
つい、こぼれた一言。  
俺は気付かなかった。  
このアホらしい会話を、通りかかった鏡子さんが…陰で一部始終聞いていたことに…。  
 
 
ーーーーーーーーー 本編に続く  
 

簡単安心ビットコイン取引所 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 格安航空券