いつもの昼休み。  
同僚たちと飯を食ってだべっていた時、そいつはやって来た。  
「つうかさ、あんま仕事ナメんなよ?この間だってよぉ…」  
目の前で説教モードに入っているコイツは、三年先輩の武藤だ。  
何かしら俺につっかかってくる奴で、同期からもあまり好かれてないらしい。  
手に持ったコーヒーが段々冷めていく。あぁ…いつまで続くんだ、コレ。  
「最近ミスも多いだろ?いつまでも新人気分でやってんじゃねぇぞ」  
「…は、はぁ」  
同僚たちは哀れみの視線を向けるものの、助けはない。しようものなら自分にも飛び火するからだ。   その時だった。  
孤立無援かと思われた俺の耳に、靴音が届く。  
「あっ」  
同僚の一人が小さく叫んだ。  
すると怪訝そうに振り向いた武藤の顔が、みるみる赤くなっていく。  
「あっ、氷室っ!」  
(…鏡子さん)  
そこに立っていたのは、我が社きっての才女。そして若くして企画部の主任を勤める…俺の妻、氷室鏡子だった。  
「…随分と絞ってるみたいね。何かやらかしたの?彼は」  
抑揚のない声。  
「え、いや…ちょっと最近さ、ポカやらかしてるみたいだし…」  
「そう」  
聞いておきながら興味無さ気に言葉を返す鏡子さん。「そう言えば、武藤君」  
「えっ?」  
ヒヨッコの俺たちは、そのあまりに一方的な二人の会話をただ見つめるしかなかった。  
自慢の美しい黒髪をかきあげながら、鏡子さんは武藤に切り込んでいく。  
 
 
「この前の企画、なかなかだったわね」  
「え…」  
その言葉に、一瞬表情を輝かせる武藤。照れた様に頭を掻く。  
俺に対峙してた時の面影はまるでなかった。  
「そ、そうかな?いや、自信はそれなりにあってさぁ…」  
でも、俺には分かる。  
あれは、相手を奈落に突き落とす前の目だ。  
「同期の氷室にそう言われると、俺もハナが高…」  
「なかなか拙いものだった、って意味よ」  
 
…ザ・マジック。時間は止まる。  
 
武藤と同僚の顔が凍りついた。  
鏡子さんは続ける。  
「英談社のモノをそのまま使いました、って感じの企画はどうかしら。後輩にとやかく言う前に、まず自分から態度で示すべきじゃない?」  
そう言い捨てて、きびすをかえす鏡子さん。チラリと俺を見た。  
(何やってるのよ、もう)とでも言いた気な視線を投げ掛けて、常に多忙な彼女は書類片手に優雅に去っていく。  
武藤はというと、おぼつかない足取りで、無言のまま情けなく何処かへと歩いて行った。  
…どうも、奴は同期の鏡子さんのことが好きらしい。それで旦那の俺に、ネチネチつっかかってくる訳だ。「さっすが、氷室女史。『氷の女』だけあって容赦ないな」  
蚊帳の外だった田中が言う。  
「なぁ、お前、氷室さんとどんな生活してんだ?全く想像つかねぇもん」  
山下が聞いてきた。  
すっかり冷えきったコーヒーをゴミ箱に捨てて、椅子に座りなおす。  
「んー…至って普通かな」「嘘だろー。え、なんだ?家でも女王様か?」  
「んで、召し使いみたいに尽しちゃってるわけか?」「…お前らなぁ」  
ひがみ半分のからかいに、よっぽど反論してやろうかと思ったが、やめた。  
確に社内での彼女しか知らない奴はそう考えるだろう。  
若くして華々しい実績を誇る、才色兼備の美女。決して物事に妥協しない、上昇思考の氷の女。  
でも。  
「…へっ、教えてやらねーよーだ。俺しか知らなくて良いんだよ」  
「こっこいつ!!」  
「チクショー!なんでお前なんかがっ」  
「やっちまえ!」  
襲いかかってくる野郎共。へっ、かかってきやがれ!まるで中学生の様な取っ組み合いをしていると、ポケットの中の携帯がなった。  
 
「メール?」  
山下の頭を腕で固めながら見てみると、『鏡子アドレス』の文字。  
 
[To 慎くん       今日のご飯は麻婆豆腐がいいな。今日は早く帰ります。]  
 
家での彼女は…妻としての氷室鏡子はとても甘えんぼでカワイイモノが大好きな、とても可愛い女性。  
俺だけが知る、俺だけの彼女。  
もったいなくて、教えられるかってんだ。  
 
さて、今日はどっかのスーパー安売りしてたっけ。  
 
 
 
つづく  
 

ビットコインがすぐに買える Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 仮想通貨取引登録業者 海外旅行保険が無料! 海外ホテル