俺の隣には彼女がいる。  
 あの時からもう二度と会うこともないと思っていたのに、思いがけない再会、  
すれ違いに喧嘩を繰り返し、別の相手が横にいた時もあった。  
なのにいつの間にか目で追っていたのは何故だろう。  
 腐れ縁で片付けるには、彼女は俺の心に棲みすぎた。  
 
 そよ風になびく柔らかな髪をかき上げる彼女の薬指には、  
真新しいプラチナの指輪が煌めいている。  
 細く長い指に整えられた爪先から恥じらう耳元、  
そよぐ髪の間から覗くうなじへと視線を流していると、ふとこちらを向いた。  
「なに?」  
 視線に気が付いていたのか、わずかに頬を染めて上目使いに軽く笑う。  
「そろそろ時間だな、と」  
「そうね」  
 ごまかしも含めて彼女の手を取り指を絡めると、嬉しそうに微笑んだ。  
 この笑顔をずっと見ていたい、これからはずっと一緒だ。  
 お互いにきゅっと手を握り締め目を合わせて呼吸を整える。  
 はじめての二人での仕事。緊張でかすかに震える彼女に大丈夫と声をかけ、  
深呼吸をする。  
 
 
「「保守」」  
 

テレワークならECナビ Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル