「姉ちゃん、入るよ?」  
 
ノックをして姉貴の返事を待つ。  
姉貴ルールを守らないと俺は後で死ぬほどボコられてしまう。  
 
「な、なおみ!? ちょ、ちょっと待って!」  
 
なぜか、部屋の中でどたばたと姉貴の暴れる音が聞こえる。  
 
「もう、いいよー。」  
 
姉貴はベッドに身体を起こして座っていた。  
その服は普段着だ。  
 
「もしかして、今、着替えてた?」  
 
「だって、恥ずかしいし。」  
 
パジャマの何が恥ずかしいのか俺にはよくわからない。  
乙女心というやつだろうか。  
姉貴の顔は茹蛸の如く真っ赤になっている。  
 
「おかゆ作ってきたんだけど、食べる?」  
 
姉貴はうんうんと頷いていた。  
俺は椅子を引っ張って、膝にお盆を乗せて姉貴の横に座る。  
そのついでに、姉貴のおでこに手を当てた。  
じゅっと音が出そうなぐらい熱い。  
 
「ちょ、なおみっ!」  
 
俺の突然の行動に姉貴はわたわたとしている。  
 
「病人は大人しくしとけって。」  
 
俺はおかゆを蓮華によそって姉貴の前に突き出す。  
ぱくっと反射的に姉貴は蓮華を口に咥える。  
姉貴は一瞬、罰の悪そうな顔を見せると、口から蓮華を引き抜いた。  
俺から視線を逸らすようにして、口をむぐむぐと動かしている。  
 
「どう?」  
 
「おいしい。 けど、あとは自分で食べる。」  
 
姉貴は俺から蓮華とお茶碗をひったくる。  
その顔はなぜか、むすっと不機嫌そうな顔になっている。  
俺には姉貴が不機嫌になる理由がわからない。  
 
「じゃあ、食べ終わったら椅子に置いといて。」  
「後で取りに来るから。」  
 
俺は立ち上がって椅子をベッドに寄せると、そこにお盆を置いた。  
それから、ベッドを離れ、ドアノブに手をかける。  
 
「なおみ、ありがとね。」  
 
俺が部屋を出ようとしたとき、姉貴は呟くように言った。  
その顔を見て俺はようやく理解した。  
姉貴は怒っていたわけじゃなく、照れていたんだと。  
 

楽天モバイル[UNLIMITが今なら1円] ECナビでポインと Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 解約手数料0円【あしたでんき】 海外旅行保険が無料! 海外ホテル