気が付くと俺は春菜を押し倒していた、激しく胸を揉みながら。「ゆ、優介様・・は、激しすぎっ!・・ます・・ぁっ」  
 自分でも自分がよく分からなかった、頭ではやめないといけないと分かっているのに。  
「相変わらず良い胸だ・・また大きくなったか?」  
 言葉も勝手に出てくる、まずい、スイッチが入ってしまいそうだ。  
「は、いっ・・大きく・・なりましたぁあっ・・はぅん・・・」  
 も・・・う、ダメだ・・・。  
「・・・春菜」  
「はい・・んんっぷぁっ!!」  
 オレは春菜の唇を強引に奪うと舌を侵入させる、口内の至る所を舐めとり  
その度春菜の体は軽く弾けるように跳ねる。「ぷはっ・・・可愛いぞ春菜」  
「はぁ・・はぁ・・ありがとうごじゃいます」  
 呂律が回っていない、これは春菜が感じていることを表す。  
 恍惚した表情の春菜に満足しながらオレは春菜のメイド服をずらし巨乳を鷲掴みにした。  
「また大きくしてやるからな」  
「ひゃい・・おねがいしみゃす・・ふぁああっ!!」  
 力を込める度に形を変えるその胸を緩急をつけながら揉み解していく。  
「あ゛あ゛っ!!・・ゆうしゅけしゃまっ!!いたいれすっ!」  
 優しく揉んだあとはキツく乳首をつまみ上げる。  
 
「本当は気持ちいいんだろ?ほら!!」  
 更に引っ張るように乳首をつね上げた。  
「あ゛あ゛ああっっ!!」  
 悲鳴ともとれる声と一緒に春菜は大きく仰け反った。  
「春菜、イッたな?」  
「はぁはぁ・・はぁ・・ごめんなしゃい・・」  
 春菜の息が整え終わる前にオレは自分のモノを出すと春菜にのし掛かる。  
「自分だけイクなんてメイド失格だな」  
「ああ・・ゆうしゅけしゃま・・」  
「分かるな?」  
 オレの考えを悟ったのか春菜は自分の胸でオレのモノを挟むと奉仕を始めた。  
「あむっ・・ふぁっ・・・んぁっ・・んっ」  
 春菜の胸から送られる刺激は半端ないものだ、絡み付き口での奉仕も忘れない。  
 オレも腰を激しくピストンさせながら春菜の胸を愛撫する、そして一気に乳首を摘まみ上げる。  
「んんっ・・みぁぁ・・」  
「イクぞ・・・春菜!」  
「ふぁい」  
 オレはモノを春菜の口奥深くまで突っ込むと痙攣が止まるまで白濁としたソレを放出した。  
「よかったぞ春菜」  
「んくっ・・・ありがとうごじゃいみゃす」  
 そのまま呆けた表情の春菜をベッドから下ろし上半身だけをベッドに  
突っ伏す形にさせた。  
「さぁいくぞ」  
 
「ふぁああっっ!!!」  
 硬さの萎えないオレのモノを蕩けきった春菜のソコへと容赦なく突き刺す。  
 腰は始めから激しく打ち付け手は胸へと伸ばす。  
「ふやぁあっ!!ああっ!ぁあっあっ!!みゃああ!!」  
「どうだ春菜!?」  
「まぁあああっ!しゅごしゅぎましゅぅっ!」  
 そのまま春菜の中へと放出するも未だ衰えないモノを突き刺したまま腰を動かし続ける。  
「んんんっっ!!ダメですっっ!!」  
 言葉が戻った、それほど刺激が強かったのだろうか。  
「何がダメなんだ?」  
「しょこっ!・・お尻の・・・汚い所でしゅぅ・・」  
 右手で春菜の尻の穴を弄り、左手で尻たぶを掴む、そのままピストンの  
勢いを上げていく。  
「違うだろ?」  
「まぁぁああっ・・・ふぇ・・?」  
「ココはなんの穴だ?」  
 尻の穴に入れた指に力を込めるとなんとも言えない奇声に似た声を挙げる春菜。  
「お゛・・お゛・・ぉぉ・・・ここは・・ゆうしゅけしゃまのため・・の・・あにゃでしゅ・・」  
「よく出来ました!」「ふゃぁああああああっっ!!!」  
 もう何度目か分からない膣内射精を終えるとオレの意識が飛んでいった、俺は・・。  
 
 
 目を覚ますと俺は春菜の膝枕の上だった。  
「お目覚めになりましたか?」  
「春・・菜」  
 一瞬夢かと思ったが疲労感と時計がそれを否定する。  
「勝手にお湯を使わせていただきました」  
 春菜はいつもの笑顔を俺に向けた、さっきの出来事が嘘のようだ。  
「お体は拭かしていただきましたがもし気になるようでしたら」  
「あ、うんありがとう、でも大丈夫」  
 ゆっくりと体を起こす、体が重い、特に腰の辺りは鉛のようだ。  
「あの」  
 そんな俺を気遣うような眼差しで春菜が尋ねる。  
「今晩はご一緒に寝ても・・」  
 申し訳なさそうに聞く姿がなんともいえず可愛らしい。  
「いいよ、一緒に寝よう」  
「はい!」  
 あれ、でも何か忘れているような?  
 
 
-------  
 
「秋深ちゃん」  
 夜、秋深の部屋。  
「あら、どこいってたのよ春菜、あの後大変だったんだから」  
 秋深の話によるとあれから優介の相手を決めるトランプ大会は白熱、皆  
勝負自体に熱が入り延長に延長を重ね、そのまま寝てしまったそうな。  
「まあ、そんなことが」  
「ふん、それで優介とヤレたの?」  
「どうして?」  
 秋深はやれやれといった表情だ。  
 
「春菜だって今日の夕食にあの薬使ったの知ってるでしょう?」  
 私は参加しなかったけど、と一言付けたし秋深はため息混じりに苦笑した。  
「まったく、抜け目ないんだから」  
「うふふ、どうかしら」  
 優介が待っている、と去っていく春菜を見ながら秋深は読みかけの本を思いだし部屋に戻った。  
 
-------  
 
 
今日のメイド情報  
「今回のメイド情報は彼女達の年齢だ」  
雪乃・・19  
春菜・・19  
夏希・・18  
秋深・・19  
天姫・・19  
紅葉・・15  
冬美・・22  
「ちなみに彼女達の主である俺、優介は19、同世代が多いからひと安心してる」  
 
次回『最後の一個』  
 
 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 今日からビットコイン生活 Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル