「ん…む…」  
「坊ちゃま。お目覚めください」  
「なにー…姉や」  
「姉やではございません。わたくしはもう坊ちゃま付きのメイドなのですから、妙、と呼び捨てになさってください」  
「んー…姉やは姉やでしょ…」  
「姉やではございません! ほかの使用人の方に対して示しがつきません!」  
「姉やはうるさいなあ…もうすこしだけ…寝させて」  
「坊ちゃま!? わたくしの話を聞いているのですか? お目覚めくださいと申し上げております」  
「姉やも一緒に寝ようよ…日なただし、シーツはあったかいし、姉やもふわふわできもちいーよ…」  
「なっ!? ぼ、坊ちゃま、な、なにをっ」  
「ほら、姉やの身体もこんなに柔らかいしー」  
「ぼ、坊ちゃま!? お、お放しください! ぼ、ぼっちゃ――」  
「……ん……」  
「ふぁっ…んむっ…ふぅっ」  
「…ふぅ……姉やの口の中、甘い味がしたよ」  
「ぼ、ぼ、ぼ、ぼ、坊ちゃま……こ、このようなことは――」  
 
 
 
メイドさんが唇をふさがれたまま終わる  
 
 

簡単安心ビットコイン取引所 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 格安航空券