「なぁ由紀、何もキミまで僕を敬わなくてもいいんじゃないか?」  
「いえ、西川家は家康公のご執政以来、代々にわたって松本家にお仕えして栄えた家系でございます。おいそれと慣習を変えることは致しかねます」  
「しかしなぁ由紀、ボクはまだ高校生で、キミは大学を卒業し、春から立派な社会人になる。いい加減にしがらみは断ち切ったほうが、色々と都合がいいんじゃないか」  
「若様。私のことなど関係ありません。これまでどおり、若様のお世話は私が致します」  
「ワカサマて。何時代だよ、今頃。僕のことはいいからカレシの1人でも作ってみなっての。普通、大学生活つったら恋人がいてナンボだろ」  
「そんなことは、ないです。家政科での授業は大変有意義なものでした」  
「ふぅん……寂しいヤツ。若いのに。おばあちゃんみたい」  
「……なんだか今日はトゲがありますね、若様」  
「別に。もうすぐキミは勤めに出るんだろう。あえて言うなら、僕のことを気にしないですむよう、配慮だよ。配慮」  
「……可愛くない」  
「別に由紀に可愛いと思ってもらう必要はないさ。僕ももう17歳なんだ。あ、いや、年上のキミの前では“まだまだ”17歳、と言うべきだったね」  
「……あーあ、ほんの10年前は若様のお布団、毎日干してあげてたのに。可愛くないの」  
「由紀」  
「毎日毎日ぬらして汚して、そのたびに私が」  
「む、昔のことを言うのは、ひ、卑怯じゃないか」  
「いやぁ、若様ったらなかなかおねしょ癖が治らなくて、10年前どころか5年前あたりまで・・・」  
「由紀!」  
「……どうしたんです、若様」  
「どうしたもこうしたも」  
「何も無いなら、おばさんの昔話でも続けますか。若様ったら雷の日には怖い怖いって言って泣きじゃくって」  
「由紀ィ!!」  
「どうしましたんです、若様?」  
「あの……」  
「なんです?」  
「ご、ごめんなさい……由紀となかなかあえなくなるのが寂しくて、生意気いいました……」  
「素直でよろしい」  
 
 
 
 
 
 
 

ビットコインがすぐに買える Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 仮想通貨取引登録業者 海外旅行保険が無料! 海外ホテル