ある夜の事でした。  
 
ずいぶんお酒を嗜まれ、かなり出来上がりお顔の紅くなったご主人様が「ワカメ酒いいよなぁ。  
飲んだことないし」と仰いました。  
その時はよく分からなかったので、ニッコリ微笑むだけでやり過ごしましたが  
次の日用の脳内お買い物リストに、書き加えておきました。  
 
明くる日、ご主人様をお送りして、邸内の仕事を一通り終えると、お買い物に出かけました。  
近所の酒屋に出向き「ワカメ酒置いてますか?」と元気よく尋ねるも、酒屋の男性店員に  
「ハァ?」という顔付で、「・・・置いてないんですけどぉ」と言われてしまいます。  
 
少し遠目の大きめの酒屋にまで足を伸ばし、再度探してみたましたがここにもありません。  
若くてカワイイ男の子店員さんに尋ねたところ、「置いてません」と俯きがちに言われました。  
 
他にも回りましたが、どこでも答えは一緒で売っておりません。  
 
諦めて家に戻り、(確か昨日の新聞にリカーショップのチラシが入ってた)と思い出し探して  
見つけて、電話してみました。  
出た女性店員に聞いたところ、何故か「うちでは扱ってません!」と半ギレで対応される始末です。  
見つからない上、お客に対してのヒドい接客態度に、悲しくなるやら、腹立たしくなるやらです。  
 
よく考えますと、お酒が好きなご主人様が、今まで飲もうと思っても飲めなかったお酒な訳です。  
町内の酒屋程度では入手困難なのかもしれいないと、インターネット通販で取り寄せる事を  
思いつき、検索してみました。  
そして・・・、真実を知りました。  
 
・  
・・  
・・・  
もうこの町では恥ずかしくて働けません。  
今晩、ご主人様がお帰りになった時にお渡ししようと、辞表を書いています。  
 

ビットコインがすぐに買える Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 仮想通貨取引登録業者 海外旅行保険が無料! 海外ホテル