あったらいやな結婚式  
 
とある高校の体育館はざわめいている。  
今朝、学校に登校したら、いきなり臨時の緊急朝礼を行うという。  
「一体、何があったんだ?」  
そして、今、全校生徒がこの体育館に集合した。  
何が起こったのか、またこれから一体何が起こるのかはわからない。  
生徒たちはお互いに顔を見合わせてざわついている。そんな中、ステージの脇に、先生の一人が立ち、マイクで話す。  
「それではただいまより、緊急の全校朝礼を行います。気をつけ!礼!」  
そして生徒全員が礼をすると、司会の先生は「着席!」と言った。  
生徒全員が座り、教壇の上に校長先生が進み出る。  
「それではただいまより、校長先生のお話があります。」  
そして校長先生の話が始まった。  
「えー、まずは3年2組の塚崎真央子さん、ご起立願います。」  
「えっ?は、はい!」  
いきなり名前を呼ばれて驚いている塚崎さん。  
「前の方へ出てきてください。」  
私、何かやったのだろうか?まるで身に覚えのない塚崎さんは、困惑しながら前に進み出た。  
「次に、2年5組の安達太郎君。ご起立願います。」  
「ええっ!?は、はい!」  
安達君も困惑の表情で立ち上がった。塚崎さんと共に何かをやったとかいう記憶はない。  
第一、塚崎さんとはほとんど面識もないし、塚崎さんにとっての安達君もそうである。廊下ですれ違う程度でしかない。  
その二人がこうして前に呼び出される、その理由がわからない。  
もっとも、塚崎さんはわりと美人で、美少女タイプ。対する安達君も、わりとイケメンなほうだ。  
そして二人が前に進み出ると、校長先生ははっきりとした口調で全校生徒に告げた。  
「それではただいまより、安達太郎、塚崎真央子、両名の結婚式を執り行います!」  
「えええええっ!!!」  
いきなりな宣言に、二人はもちろんのこと、他の生徒たちも皆、鳩が豆鉄砲を食らったような顔をして驚いた。  
「せ、先生!私たち、何にも聞いてないわ!」  
「当然です。これは、昨日の教育委員会で決定したことですから。それに、あなたたち二人には、拒否権はありません。」  
「そ、そんな!俺には付き合ってる彼女が・・・」  
「別れなさい。」  
「そんな横暴な!」  
「婚姻届も、既に受理されています。もう既に、あなたたちは法的にも道義的にも、れっきとした夫婦なのです。」  
「そ、そんな!いつの間に!?」  
そして安達君の前に同じクラスの大前由紀さんが立ち塞がった。彼女は校長先生を睨んで叫んだ。  
「やだっ!やだもん!!!安達君は、私と付き合ってるんだからっ!!!」  
「大前さん!わがままを言ってはいけません!!!」  
「やだあっ!やだあああっ!!!」  
すると校長先生の後ろから、屈強な若槻学園大学ラグビー部の皆さんが颯爽と登場して、大前さんを力づくで引き離した。  
「いやあああああっ!!!」  
「ごめんね。校長先生の命令だから。」  
そして大前さんは舞台袖へと消えていった。すると校長先生は何事もなかったかのように淡々と喋り続けた。  
「それでは改めて、安達太郎、塚崎真央子、両名の結婚式を執り行います!」  
 
おしまい  
 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 今日からビットコイン生活 Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル