ニンジンは苦いし、ほうれん草みたいな青臭いモノもどうも苦手。  
他にも苦手なものが多く、その好き嫌いのせいで、一番僕が懐いていたメイドさんの  
美和子さんが付っきりで食べさせてくれる事になった。  
 
「はい、坊ちゃま、アーンってして下さい。 好き嫌いはダメですよ!」  
 
美和子さんが、そう言って食べさせてくれるので嫌々ながらも食べる。  
美和子さんが担当するようになってから、味付けも全体的に僕好みにしてくれて  
多少食べやすくなったのもあったけど。  
 
そんな日々のせいで、大分僕の食べられるものが増えてきた。  
美和子さんは、僕の食べられるものリストを作って、チェックしてるみたいだ。  
 
ある日、  
「大分食べられるものが増えてきましたね。 他にまだ苦手なものはありますか?」  
と聞かれた。  
 
「貝類かな? 赤貝って、まだ苦手」と答えたら、美和子さんは「分かりました」と  
言って、いきなりスカートをたくし上げパンティを脱ぎ始めた。  
 
「はい、坊ちゃま、アーンってして下さい。 好き嫌いはダメですよ!」  
と美和子さんは近づいてきて、僕は  
 
 
(省略されました。 全てを読むには 埋め埋め と書き込んで下さい。)  
 

ビットコインがすぐに買える Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 仮想通貨取引登録業者 海外旅行保険が無料! 海外ホテル