その日は近年稀に見る大型台風が県全域を覆い、この町も激しい風雨に見舞われました。  
 昼食後の休み時間、私はちょうど由伸様のお部屋で由伸様のお耳を掃除していました。  
 こうして二人きりでいるのは、私にとってとても幸せな時間だったりします。  
 外の風が雨戸をばしばしと叩いています。あまり快いものではありません。  
「強いですね、風が」  
「そうだね。希美は台風嫌い?」  
「あまり好きではないです。いろんなところで被害が出ますし、お庭の手入れやお掃除も  
大変になりますから」  
「なるほどね。確かに大変そうだ」  
「あ……申し訳ございません」  
 つい愚痴をこぼしてしまいました。  
「いや、希美の話ならなんでも聞きたいからね。遠慮なくいろんなことを言ってくれ」  
「は、はい」  
 と、おっしゃられても、それはなかなか難しいことなのですが。  
「使用人さんたちには悪いけど、ぼくは結構好きだな」  
「台風ですか?」  
「うん。なんていうか、ワクワクする」  
 由伸様には申し訳ないですが、その感覚は私にはよくわかりません。  
 右耳の掃除が終わったので、今度は左耳を上に向けてくださいと頼みます。  
 そうすると、由伸様のお顔がちょうど私のお腹を向くことになります。当たり前のこと  
ではありますが、私はどうにも慣れずに恥ずかしく思ってしまいます。  
「わ、ワクワクですか?」  
 私はそれをごまかそうと、由伸様に尋ねました。  
「うん。停電とか最高だね。ロウソク立てたり、ラジオつけたりさ」  
「……」  
 子供みたい、と私が心中に呟くと、それに被さるように風が雨戸を強く叩きました。  
「きゃ!」  
 つい声が出てしまいました。  
「怖い?」  
「え、あ、今のはその、」  
「大丈夫。ぼくがついてるから」  
 由伸様は横になられたままそうおっしゃいました。  
 その体勢ではあまりカッコがつかないと思いましたが、私はちょっと嬉しくなりました。  
 
「ありがとうございま──」  
 ぶつん。  
 唐突に部屋の電気が落ちました。  
 一瞬何が起きたのかわからず困惑しました。咄嗟に耳かき棒を由伸様のお耳から離します。  
「停電?」  
「……そのようですね。ちょっと見てきます」  
 緊張しながらも私は落ち着きを装って答えます。  
 正直暗がりは好きではありません。なんというか、気味悪く思います。  
 暗いのは怖いですが、これも使用人の務めです。私はベッドから立ち上がろうとしました。  
 しかしその瞬間、由伸様に左手を掴まれてしまいました。  
「行っちゃダメ」  
「え?」  
「主人をほっといてどこかに行くなんて、メイド失格だよ」  
「で、ですが」  
「大丈夫。桜が対処してくれるよ。希美はぼくの専属メイドなんだからこっち優先」  
「……」  
 私はしばらく黙り、それから由伸様のお手を遠慮がちに取りました。  
「では、どうすれば」  
「こうする」  
 由伸様が私の手を強く引かれました。私は真っ暗闇の部屋の中で、ベッドに倒れ込み  
ました。  
「よ、由伸様?」  
「ちょっとだけ、ね」  
 そうおっしゃいますと、由伸様は私の体を抱き寄せました。  
 私は慌てて体を離そうとしますが、しっかりと抱き締められてそれができません。  
「あ、あの、何を」  
「暗闇でメイドを押し倒す……興奮するね」  
 貞操の危機を感じました。  
「や、ダメです!」  
「心配しなくても変なことはしないよ」  
 いや、この状況がすでに変ですが。  
「君に殴られると結構首にくるからね」  
「そ、それは、由伸様がセクハラをされるからじゃないですか」  
「男ならみんなメイドさんにいたずらをしてみたいものなんだよ」  
 理解に苦しみます。  
「……それって、メイドなら誰でもいいってことですか?」  
「いいや、ぼくは君にしかそういうことはしたくない」  
 ちょっとドキリとしました。  
 顔が熱くなるのを感じます。真っ暗でよかったと私は思いました。  
 
 
 
「というわけでおっぱいを」  
「何が『というわけで』ですかっ!」  
 今日のパンチはいつもよりも手応えがありました。  
 本当に油断ならないお方です、私のご主人様は。  
 

ビットコインがすぐに買える Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 仮想通貨取引登録業者 海外旅行保険が無料! 海外ホテル