――あっ、今日は何時もより早く3割引に、ラッキー  
 
 スーパー高富のお惣菜・お弁当コーナーの値引き開始時間はマチマチだ。  
 毎日同じ時間にすると、それを狙ってその時間まで売れなくなるからか、客に値引き開始  
時間を読ませない為、毎日時間をずらしている様である。  
 たまたま足りない物を買いに来た時間帯に、3割引品が残っていたのはラッキーだったと、  
璃樹那は思った。  
 
 ――ハンバーグにすると、ご主人様喜ぶかな…  
 買い物に来た目的の物と、ハンバーグ丼2つと、揚げシュウマイもカゴに入れた。  
 些か胃に重い感じもしない事もないが、ご主人様なら喜んで平らげるだろう。  
 
 レジに並びお会計を済ませて帰ろうとした時、ふとお惣菜コーナーに目をやった。  
   
 ガンッ……  
 ショックだった。  
 半額シールを持って、早速残っていたお惣菜類にシールを貼り始める店員さんの姿が  
見える。  
 さっきまでの「私ってお買い物上手」と少しいい気分だったのが、一気に冷やされた。  
 残るのは…… 敗北感。  
 
 
 <場面は、お屋敷に>  
 
 
 「<かくかくしかじか>……というような事があったんですよ。 3割引でいい買い物  
 したなぁと思ったんですけど、あともう少し待ってれば5割引で買えたのに……」  
   
 帰るなり、ご主人様にそう璃樹那はボヤいた。  
 
 「あぁ、そういう事もあるよね。 でも3割引で買えたんだから良かったじゃないか」  
 「そ、そんなに落ち込むなって。 そうだ、代わりに今日は夜のお勤め時間を3割引、いや  
 5割引にするよ。 璃樹那もそれで疲れなくてラッキーだろう?」  
 
 「ご主人様、夜のお勤めは契約内容には入っておりません。 純然たる私の好意に拠る  
 ものでございます。 といいますか、なんとか5分もたせてるってトコロが3.5分や2.5分で  
 終わってしまうんですか? むしろ全然物足りません。 せめて10割増、いや20割増を  
 目指して頑張って下さい」  
 
 ――なんて言える筈もない。  
 
 「お気遣いありがとうございます、ご主人様」  
 ニコッと璃樹那は微笑んで答えた。  
 夜のご奉仕後に不完全燃焼の体をどう慰めようかと、考えながら。  
 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 今日からビットコイン生活 Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル