「というわけで材料を用意してみた」  
「ご、ご主人。そのような、何と言うか……B級?なグルメに興味を持たれるのは結構です。  
しかし、それならそうでご命令くださればすぐに私がご用意いたしますから……」  
「馬鹿者、こういうのは作る行為自体も楽しみたいじゃん。お前マイナス3点な」  
「はぅ……申し訳ございません……」  
「ではまずご飯を盛ります」  
「あ、かしこまりました……はい、どうぞ」  
「おお、ありがとう……って、ちがーう!」  
「ひょえええっ!?」  
「じ・ぶ・ん・で!自分でやりたいの!」  
「申し訳ございませんっ!なんか癖で!」  
「まあいいか……さて、次はコロッケをセットだ。……実は食べたこと無いんだよな、コロッケ」  
「まあ、お屋敷ではお出ししませんからね」  
「テレビとかで見て、前から食べたかったのだ。ほれ、これがちゃんと肉屋で買ったコロッケ」  
「……(ここでまさかのメンチカツ!)」  
「どうした?」  
「い、いえ。……これは、何と言う名前で?」  
「商品名か?コロッケじゃん」  
「いえ、コロッケにも色々とありますから……」  
「しらん!肉屋に並んでたコロッケらしき物の中で、1番大きい奴を買って来た」  
「(でも薄いんですよ……ご主人様)」  
「なにか、おかしいのか?」  
「……いいえ。小さいお肉屋さんは名前を掲示しないところもありますからね」  
「なんだか納得いかないけど、取りあえずセットの前にソースに浸します」  
「ちょっ、まっ」  
「浸しました」  
「デミグラスですから!それ、デミグラスですから!」  
「なんなんだお前は。ちゃんとソースだろうが」  
「大分惜しいですけど不正解な感じです!」  
「ふーん。じゃあ何ソースなら正解なんだ」  
「え……えーと……ウスターソースですかね。ブル〇ックとか」  
「……日本人にはまだ、犬を食べる習慣があったのかっ!」  
「いや、あの」  
「犬の搾り汁よりこっちのほうがいいに決まっている!……だが、そうだな。他にもソースはいろいろ用意した」  
「は、はあ」  
「ホワイトソース、チリソース、アップルソース、ミントソース、エスパニョールソース、ベシャメルソース、しめに和風なソイソース」  
「わあ、これはちょっと凄いです。……でも、この中ではデミグラスソースが一番無難かと……」  
「……菜々子」  
「は、はい!」  
「俺は、人間は挑戦を続ける事で成長していくものなんだと考えている。だから、無難だとか、そんな選択肢は有り得ないんだ!」  
「ご主人様……」  
「あ、すまない。つい大声を……」  
「いいえ!私が間違えておりました。ご主人様の言う通りです。コロッケとご飯に合うものもあるかもしれません!さっそく、」  
「さっそく全部いれるぜ」  
「やっちゃたよマイマスター!!」  
「おお、個性的な香りだ」  
「あ、はは………………あの、ご主人様」  
「なんだ?」  
「用事を思い出しましたので、ちょっと失礼いたします」  
「おお、わかった」  
「では」ダッ  
「なんか凄いダッシュで行ったな。……よほど急いでいるのだろう。  
さて、びちゃびちゃコロッケをご飯にセットして、さらに上からご飯をのせると。  
茶碗で蓋をして……よし、できたぞ。後はしばらく待ってからひっくり返せばいいのか……」  
 
 
「そろそろかな?ひっくり返してまた、待つ……うーん、待ち時間が長く暇だな」  
バタンッ「(間に合った……)と、というわけで、出来上がったものがこちら、です」  
「おお、でかしたぞ菜々子。さっそくいただきま〜す」  
「はあ……はあ……お味は?」  
「ふむ。色々混ぜた割に意外とシンプルな味だ。少しスパイシーでご飯がすすむ。  
……うむ、コロッケとやらがソースで少し濃い味だが、ご飯と混ぜて食べることで美味しくいただけるな。  
じゃがいもの甘さとソースの風味とご飯が上手く絡み合っているぞ」  
「つ、つまり?」  
「☆☆☆」  
「わあい!やりました!星三つです!」  
「よかったぞ菜々子。やはりお前はいいメイドだ。今夜も可愛がってやるから部屋においで……ん」  
「あ……んぅ……んちゅ……くちゅ……んん……ぷはっ」  
「……ふふ……あ、そうだ」  
「えへへぇ……今夜が楽しみぃ〜…………あ、すいません、なんでしょう?」  
「俺が作った方のコロッケご飯は菜々子にやろう」  
「え゛」  
「あ〜んしてやる。さあ、さあ、食ってくれ、さあ」  
「あ、あの、私、これは、……、あ、あ〜ん」  
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※  
 
「あ、菜々子。さっきご主人様が『料理する』ってやたら調味料を持っていかれたけれど、どうなったか知ってる?」  
「…………スタッフが美味しくいただきました……」  
 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 今日からビットコイン生活 Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル