「おかえりなさい、信哉さん。…おつかれさまです」  
 
いつもの金曜日、玄関で夫を出迎える。  
「ただいま。…ほら」  
促されて、そっと目を閉じる。  
「んっ…」  
程なくして、右頬、左頬、そして唇の順に柔らかい感触が押し付けられる。  
なんだか、すっかり習慣になってしまった見送りと出迎えのキス。  
正直、まだ少し恥ずかしさもあるけど。  
温かい唇を感じるたび、胸が温かくなって、どきどきするのも事実で…  
「皐月? どうした?」  
「い、いえっ! 何でもないですっ!」  
…少し、意識が飛んでしまったらしい。  
ちょっと笑いながらこっちを見ている。何を考えてたのか、分かっちゃったのかな?  
うう、恥ずかしいな…  
「あのっ!、ご飯とお風呂、どっちにしますか…?」  
その場の空気を紛らすように、勢いよく尋ねる。  
「そうだな…夕飯にしてもらうか」  
「はい… すぐ出来ますから、待っててくださいね」  
「わかったよ」  
小走りで台所に向かう。その途中、信哉さんがスーツ姿のまま居間の畳に寝転がる。  
「あっ、だめですよ… 汚れちゃいます」  
「いいだろ…待ってる間だけだから」  
「もう…」  
寝たまま背伸びする姿は、まるで子供のようだ。  
だけど、疲れてるんだろうな。  
仕事のことはほとんど話さないけれど、私なんかには想像がつかないほど大変なのだということは分かる。  
昨日などは、会社に泊まって帰ってこなかったのだ。  
そんなことを考えながら、夕飯の仕上げに取りかかる。  
仕上げといっても、もうすべて出来上がっているから盛り付けるだけだ。  
2人分の皿に料理を盛り付けていく。  
信哉さんの分は、鶏肉の炒め物には胡椒を少し多めに振って、分量も多めに。  
これで完成だ。2日ぶりになるから、いつもより腕によりをかけたつもりだけど…喜んでくれるかな?  
「信哉さーん、出来ましたよーっ!」  
返事がない。もしかしてあのまま寝てしまったのだろうか?  
居間まで行ってみると、さっきの格好のままで寝息を立てていた。  
もう。これでは本当に子供だ。  
 
「信哉さん、起きて下さい、ご飯ですよ」  
そっと揺すってみても、起き上がる気配がない。  
んー、どうしようかな…  
ふと、ある考えが浮かぶ。  
ちょうど頭の隣の位置に正座する。  
「失礼しますね…、んしょ」  
そして、頭を力を込めて持ち上げると、素早くその間に膝をすべり込ませた。  
いわゆる、膝枕という格好。  
その状態のまま、顔をのぞき込んでみる。  
…やっぱり、かっこいいなあ。  
良くは知らないけれど、テレビや雑誌なんかでもてはやされるのは、きっとこんな人なんだろう。  
だけど、その人は今、すっかり緊張の緩みきった顔で私の膝の上にいるのだ。  
そう考えると、信哉さんを独占している、という気持ちがわき上がる。  
「えい」  
ためらいがちに頬を突ついてみる。  
反応がないので、調子に乗って強くつついたり、更に引っ張ったりもしてみる。  
「ふふっ…あははっ」  
それでも目を覚まさないのがおかしくなって、つい噴き出してしまった。  
 
…幸せだなあ。  
つい前までは、信哉さんとこんな事をしているなんて考えられなかった。  
あんな稚拙なやり方ではあったけれど。あの時、一歩を踏み出せて本当に良かった。  
夫婦であること、家庭であること。  
その大事さを、今こうして実感することが出来る。  
私は身をかがめると、耳元でそっと囁いた。  
 
「大好きですよ…信哉さん」  
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  
 
寝たふりをして、少し悪戯をしようとしたら、いつの間にか膝枕をされていた。  
そして、頬を突かれたり、引っ張られたり。  
おまけに、大好きです、などと言われてしまった。  
…。  
今起きたら、やはり驚くのだろう。  
顔を真っ赤にしながら、ごめんなさいごめんなさいと謝る姿が目に浮かぶ。  
それも見てみたいが、今の状態を解いてしまうのは惜しい。  
何とも言えない柔らかで心地よさは、癖になりそうだ。  
生まれた時から母を知らない自分だが、その温もりというのはきっとこんな物なのだろうか。  
 
―今度は、自分から頼んで耳掃除でもしてもらうかな。  
 
そんな事を思いながら。もう少しだけ、この感触を味わう事に決めた。  
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 登録で安心ビットコイン取引所 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル