はじめて君に出会ったとき、その表情をまじまじと見た。  
ああ、この人のこれまでの人生は、長く、暗く、  
そして笑ったことなどなかったんだろうなあ…。そんな印象だった。  
その時、どうやら君は自らいのちを絶つことを考えていたんだね。  
そんな悲しい悲しい時期に、僕と君は出会ったんだ。  
 
ふたりだけの、幸運な世界と時間が目の前に広がった。  
 
ボクは君を笑わせることに、しがない人生を賭けた。  
遊園地にデートに行った。君は遊園地なんて初めてだったんだね。  
夕焼けの観覧車から眺めた海の光景は一生忘れない。  
その時君はいった  
「あたしは昔は夕焼けが好きじゃなかった。だって暗く嫌な夜が来るんですもの。  
でもね。今はへーき。好きな人ができたから。また明日が来るって思えるの」  
 
初めての夜。  
ボクは君を抱いた。なにもかも引き裂くように君の中に入った。  
うれしいとほほ笑んだ君の顔を見て、僕は泣きそうになった。  
君の壊れそうで神々しいまでに綺麗な裸体。世界にひとつのかけがえのないもの。  
 
そうして幸福な時間はいつまでもいつまでも続くように思われた。  
海ではしゃいだり、いっしょにご飯を作ったり、さわりっこしたり  
お金なんかじゃない、ささやかながら本当の幸せをみつけたんだ。  
 
でも  
 
ボクは君の病気のことを知った。ああ、君にも分かってしまったんだ。  
決して助からない心臓の病。  
ボクは君より先に死なない。君を笑顔で最後まで看取ってやる。約束する。  
こんな悲しい指きりが世界のほかのどこにあると言うのだ!  
 
君はあの晩、病室でいつものようにやわらかいおやすみのキスをしてくれた。  
しかし、朝 もう君が目覚めることはなかった。  
安らかに 苦しんだり怖がったりすることなく…。  
今日はもっと朝寝坊してもいいよ。病室のざわめきをよそにそっと耳元でささやいた。  
 
数日後、君が死の前に必死に書き綴っていた日記を見つけてしまった  
彼女も、同じ境遇であと2,3年のうちに病魔に負けてしまうであろう、  
僕に宛てたものだった  君を喪って 孤独で 死にそうな僕に  
 
 
○○○(僕の名)・・・  
 
もしも あなたの 人生がこの先  
痛くて 苦しくて   
ひとりぼっちだったとしても  
こわくはありません  
だいじょうぶです。  
 
あたしが かならず  
ここで 待っています  
どんなことになっても  
あなたの○○○(彼女の名)が  
ここで待っています  
 
「おかえりなさい」って 言います  
 
だから  
だいじょうぶです。  
 

簡単安心ビットコイン取引所 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 格安航空券