暇つぶしにメイドさんの買い物についていったご主人様  
メイドさんと揃ってお屋敷に帰宅  
場所:居間  
 
ご主人様:「商店街の福引で2泊3日旅行お二人様のチケット当たっちゃった。  
       これ上げるから二人で行っておいでよ」  
執事A:「二人って、Bさんとですか? い、嫌です。  
     (Bちゃんと温泉旅行か、行ってみたいけどそんなの人前でバレるの嫌だし)」  
ご主人様:「そう言わずに。 当然その時は、有給休暇扱いだから大丈夫。 たまには福利厚生しないとね。   
       福利厚生の原資がタダで済んじゃったけど」  
メイドB:「ご主人様、本音が透けていますよ。 じゃなかった、異性同士だし問題が。 万一、間違いがあったら困るのでは?  
      (というかむしろ間違い万歳! Aさん旅先で開放的になって、その勢いで私を頂いちゃってくれないかな)」  
ご主人様:「いや、君ら付き合ってるようだし何も問題ないじゃん。 たまにはゆっくり寛いできなよ。   
       (ちょっと改まって) これは主人命令です。 異議は認めません」  
執事A:「(って、隠れてつきあい始めたのにバレてる?) そ、そこまでご主人様が仰るのでしたら。   
     (Bに振り向いて) べ、別にBさんと行きたい訳じゃなくって、ただ単にご主人様のご好意を無碍にするわけにいかないだけ  
     なんだから、変な勘違いするなよな」  
メイドB:「そうですよね、ご主人様のご好意を無駄に出来ませんよね。 (ご主人様GJ! このチャンスで既成事実を!)」  
 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 今日からビットコイン生活 Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル