龍と虎は新婚気分  
エピローグ  
 
 
 
翌朝  
「ん……あ……あ?」  
目が開き、ふと気付く……あ、あーそうか昨日…あれから5回もされて  
そのまま眠ってしまったのだ。バックに対面に正常位…散々だった。  
私は布団からむくりと起きると、部屋を見回した。誰もいない。  
もしかして……と思いキッチンを見ると、  
予想通りおでんの鍋に箸、それに取り皿や使った食器が無くなっている。  
私の部屋で洗えばいいのに……と思っていると玄関のドアが開いて、先生が入ってきた。  
「あ、おはよう…食器は洗っておいたから…乾いたら持ってくるよ。」  
「食器洗いくらい、いい言ってるのに。水道代くらい払えます〜!」  
私がぶぅとふくれると、先生は真面目な顔して言った。  
「いや、龍子が用意してくれたんだ。洗うくらいはさせてくれ。  
あ、あと服は僕が汚してしまったし…責任をもってクリーニング代は支払います」  
「は、はぁ……わかりました。」  
「それと早く服を着て欲しい。目のやり場に…その…」  
「え…あ、あ……あー」  
やけに寒いと思ったら、私の身につけているものはショーツにブラウスだけだ。  
裸ワイシャツとも取れる艶姿。  
「先生……前をそんなにおっきくしていっても説得力ないですよーだ!」  
 
私はそのままの姿で布団を剥いで、先生の顔を見て言った。  
「龍子、早く服を着なさい」  
「……先生はこのまま私が服を着ちゃっていいんだ?」  
「…………」  
先生が黙ってしまった。あははは、困ってる、困ってる。  
まぁ、今日は大学の講義があるから大丈夫だろう。昨日の仕返しだ。  
そのまま大学へと行ってもらうとしよう。  
「なんちゃって、冗談でーす。服を着るから部屋に戻って――――――」  
「はい、すいません。親戚に――不幸が――ええ――午後には間に合いますので…はい」  
え……ケータイ出して、どこに電話してるんですか?午後には行けるって?  
「大学には電話しておいたから、龍子の授業は休講だ。さぁ、二人だけの講義を始めよう」  
「え…ええ!?」  
あれだけしてまだするのか!?どれだけ溜め込んでたんだよ。  
私は迫り来る先生から、じりじりと後ずさりしたが……トンッ……壁に背中が当たる。  
退路が断たれたらしい。  
「こ、この変態教師!エロ、バカ、先生なんて嫌い!」  
「否定はしない…大好きだ、龍子!」  
 
「や、やだ…あっん!んっ…た、立ったままなんて…べ、ベッドで」  
「今更だよ…くっ…うっ」  
キッチンの壁に手をついたまま、お尻だけ突き出して、立ちバック。  
なんだかんだで濡れている私。  
ブラウスを捲り上げられ、ショーツは膝までずりさげられて…お尻だけ  
突き出すなんて最悪だ。  
「も、もォ!変態、変態!んっうう」  
「はっ…はっ…裸Yシャツの恩恵を受けられるなんて僕は幸せものだ」  
「ひゃっ!?」  
激しく腰を突きだし、先生は私の背中に舌を這わせた。生暖かい感触に  
思わず背筋を反らせ、声を上げてしまった。  
「胸…大きくなったね…これからいっぱい揉んであげる!」  
むにゅむにゅと背後からおっぱいを揉みほぐし、乳首を指でくりくりと弄くる先生。  
「そォ…そういうこと…あっ…い、言わないでっ!あんっんんっ!」  
大学の講義が休講になったのはいいかもしれないけど…んっあっ…  
はぁ…だ、ダメだ…もう何も考えられない…んんっ  
「はぁっ出る…出るよ龍子!」  
「あっ…は……はぁ…ダ、ダメ…イ、イッちゃ…」  
「龍子、龍子、うっ!」  
昨夜に引き続いて先生のアレがググッと大きくなって熱いモノ  
が私の中に注がれる。ビクンビクンと波打つ下腹部。  
こ、こんなにされたら……本当に赤ちゃんできちゃうかもしれないのに  
「愛してるよ、龍子」  
ちゅ…ちゅ…と啄むようなキスを首筋に受けながら、私はずるずると  
脱力して、床にへたり込んだ。  
「もう……エロ教師」  
 
END  
 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 今日からビットコイン生活 Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル