最近は毎日喧嘩してる。泣くのはあたしだけ。あいつは次の日になると普通の顔して、普通に抱っこしてきて…  
そんなこんなで堪えてた怒りが、昨日、あいつの行動で押さえられなくなっちゃった。  
もう嫌だ、もう別れる。  
今日はそんな話をした。…っていっても、目の前にして言える自信はないから…  
あいつがシャワーを浴びてる間に、何も言わないで家を出た。実家に帰って、メールで。  
もうこれ以上傷つけられるのは嫌、こんなんじゃ続かないよ…  
結構キツいセリフも吐いた。だけど…あいつは全然引かなかった。  
そんな熱意に押されて、もう一回会って話そうっていうのにも承諾してあげた。  
あたしが会いに行くのはただの情だよ、そう自分に言い聞かせながら待ち合わせの場所に行った。  
 
あいつは時間通りに来てた。いつものように、コーヒーとタバコを手にして。…いつもの事だ、いつもあたしが遅れて行ってもあいつは何も言わないで…  
「おう」  
いつものように笑いかける。そんな事、いつもなのに…  
別れよう、と思ってた心がちくっと痛んだ。  
「どこで話す?」  
「…どこでもいい」  
わざとそっけなく答えた。あいつの微笑みにこの気持ちが揺らがないように。  
ふらふら二人で歩いていたら、公園があったので、そこで話そう、と促された。  
ふぅ、とベンチに座る。  
「飲む?」  
飲みかけのコーヒーを差し出し、あいつは言った。  
「いい」  
関節キス。そんなのは嫌だ。もうあたしの決意を揺らがせないで…  
「もうあたし、あんたの事、好きじゃない」  
自分の意思が揺らぐ前に、あたしは切り出した。  
「俺は好きだよ」  
さらりと言い返す、本当にそう思ってんの?  
「あたしはもう限界。傷つけられてばっかりで…もう嫌だ…」  
わざと言われたら嫌な言葉を口にした。もうほっといて、そう言った後に、しばしの沈黙。  
次に来る言葉に、私は構えた。  
 
「じゃあ、俺頑張るから。」  
意表を突いた言葉に、あたしはちょっとの間絶句した。  
「頑張るって…何を?」  
「サナを愛する事」  
言ってて恥ずかしくないのかな…でもこいつ、顔が真剣だ…本気で言ってるのが伝わってくる。  
「愛する事って…頑張る事なの?」  
そう聞くあたしに、こいつは、いや、と首を振り、  
「サナを愛してるから…もっと優しくできるように、頑張る」  
と、優しく言った。  
「で、でも、そしたらあたしは?あたしはあんたを好きじゃないよ…」  
慌てた。そんな事、いうと思ってなかったから…実際、いつもいつも、こいつはあたしに優しくしてくれてたから…でも口を割って出た言葉は、こんな言葉だった。  
好きじゃない…どうして言っちゃったをだろう。あたしはこいつがいなきゃ…  
「俺を、愛してくれ」  
あたしと目を合わせてから、こいつは言った。目は、本当に真剣そのもので、あたしは…  
「だって、あたし、すぐ不安になっちゃうし…あんたの事大好きなのに…大好きだから、一言一言ですぐ傷ついたりしちゃうし…嫌だぁ…」  
もう想いを全部言ってしまった。  
あたしが何するにも、こいつが側にいてくれて、笑っててくれて、大切にしてくれて…分かってるのに…  
別れたいって言ったのも、こいつなら、あたしを追ってくれるっていう自信があったからだった…  
 
もう涙が溢れた。  
結局、あたしはこいつがいなきゃダメなんだ…それを思い知った。別れようなんて言った自分が馬鹿だと思った。  
そんなあたしに、こいつは…ジンはキスをした。  
不意打ち、もう涙で顔もぼろぼろなのに…恥ずかしくなり、ジンを押し退けると、ジンはいつもみたいに笑って  
「じゃあ、帰ろっか」  
と言い、手を握った。  
あたしは泣きながら手を握りかえした。そのまま手を引かれ、家まで歩く。  
「おいおい〜、俺が泣かせたみたいじゃんかぁ〜」  
ジンが、冗談口調で言う。  
分かってる、あたしを笑わせようとして言ってくれてるって事。  
「ジンが泣かせたんでしょ」  
いつものように強気で言い返すと、ジンは小さく笑った。  
 
家に入って、ベッドに腰をおろすと、いきなりジンがあたしを抱き寄せた。  
「どこにも行くな」  
そう言ったジンの表情は、きつく抱かれてるあたしに見えなかったけど、その腕の強さがあたしを本当に好きでいてくれてるんだ、と実感させてくれた。  
強くてあったかい腕。やっぱりあたし、ジンがすごい好きだ。  
「サナ」  
名前を呼ばれ、顔を上げたあたしに、ジンは、  
「してもいい?」  
と聞いた。  
あたしは微笑んで、頷いた。  
 
ジンはあたしに強いキスをする。唇を重ねるだけのキスから、あたしの口内を舌でまさぐるキスまで。あたしがジンの舌に舌を重ねると、ジンはより激しくあたしの頭を引き寄せた。  
唇を放すと服をゆっくり脱がしていく。ブラを脱がそうと、ホックに手をかけた所で、あたしは待ったをかけた。  
「電気、消して」  
いつも電気を消してもらってる。だから気になった。それに…全部見られたら恥ずかしい。  
「今日はつけてていいじゃん、サナを全部見たい。」  
ジンの手は止まらず、ブラを外してしまった。抵抗しようかとも思ったけど、やめた。  
ジンには全部みてもらいたかったから、あたしの全部を見て、全部を好きになってもらいたい。  
ジンはあっという間にあたしを全裸にした。  
そしてまた激しいキス。もう既に頭がぽーっとしてくる。  
右の乳首を優しくつねられて、あたしは思わず声を出した。  
「もう俺から離れるな。」  
そう言い、ジンはもう片方の乳首を舐めた。  
「あ…あん…ジンもぅ…好きでいて…ふぅ…放さないでぇ…」  
喘ぎながらあたしは言った。  
ジンは答える代わりにキスをした。  
ジンの左手が下半身に移動していくのが分かった。  
早くしてほしい、その気持ちを分かってるかのように。  
女性器に触れられ指を軽く差し込まれ、あたしは気持ち良さでのけ反った。  
 
ジンは、わざと愛液の音をたてる。  
「聞こえる?この音。サナのアソコ、もう凄い濡れてる。」  
意地悪に言うジン。あたしは首を振り否定する。  
ジンはその濡れた指で、あたしの敏感な所を触る。  
「んっ…はぁぁっ」  
あたしは気持ち良さに声をあげた。  
その指を徐々に早くする。  
「あっあぁぁっダメっいやあぁっ」  
あたしが、あまりの気持ち良さに叫ぶと、ジンは、  
「ん?嫌なの?やめる?」  
と聞いた。  
分かってるくせに。あたしがいやって言う時は気持ち良い時だって事。いつもそう意地悪する、あたしが言葉に弱いの知ってるから。でも今のあたしにはそんなの考える余裕はない。  
「あぁぁっ…やぁぁっダメっやめないでぇぇっ…あぁぁっ」  
それを聞いたジンの指が早くなる。クリトリスを思いきり擦り、乳首を抓る。  
「あぁぁぁんっ…あぁっ…いやっ!ダメぇぇっ!はぁんっ」  
もうイキそうだった。あたしがそんな状態だって知ってるのか、ジンは  
「もうサナ、イクね。イッていいよ、サナのイク顔みてるから。」  
と言い、あたしの乳首を思いきり摘みながらコリコリと擦り、クリトリスを擦っていた指を早めた。  
「はぁぁっ!ふぁぁっああぁっん!いやっもうダメぇっイクっイッちゃうぅぅぅぅぅっ!!」  
ジンに顔を見られたまま、あたしはイッてしまった。  
 
息を荒くしてるあたしに、ジンは小さく笑い、抱きしめながら頭を撫でると、  
「可愛いな」  
と漏らした。  
そんな一言があたしを嬉しくさせる。  
息を整えると、ジンがあたしの顔を下半身へと促した。何をしてほしいのかは分かってる。  
パンツからジン自身を出すと、もうそれは大きくそそり立っていた。  
あたしは躊躇しながらも、手で擦った。いつ見てもペニスには慣れない。  
恐る恐る唇をつけ、口内に入れる。やっぱりおっきい。口だけではペニス全てを含む事は出来なかったので、根元に手をそえ、顔と同じペースで上下に動かした。  
「気持ちいよ。」  
余裕たっぷりの声でジンが言う。本当に気持ち良いのかなぁ…  
舌で裏筋を舐めながらフェラをしたら、ジンが声を漏らした。舌を絡め、そのままスピードをあげていくと、  
「もういいよ」  
とジンが言った。  
「そんなに激しくされたら出ちゃうし」  
ジンはコンドームを取り出しながら言った。なんか微笑ましくなっちゃうあたし。ちゃんとゴムつけてくれる所にまたジンの優しさを感じた。  
「サナ、おいで」  
言われた通り、あたしはジンにまたがった。騎乗位、苦手だったんだけど…腰の動かし方とか分からなくて…でも今はジンがあたしの腰を動かしてくれるから、気持ちいいのを感じられる。  
体をゆっくり沈めると、ジンのペニスがどんどん入って…  
「ふぁ…んん…」  
と声を漏らしてしまう。  
全部入ったと同時に、ジンが下から突き上げてきた。  
 
「ふぁっああぁんっ!」  
いきなり激しい突き上げにおかしくなってしまう。  
「あぁっ!やだっいやぁぁっ!ゆっくりぃっ…してぇぇっ」  
あたしは必死に訴えた。おかしくなって、飛んでしまいそうな理性を保つために。  
ジンは動きをとめた。視線が交わった。  
いつもは真っ暗で、何も見えないから、セックス中のジンの顔を見た事なかったから…  
初めて見る表情はすごい色っぽくて…女のあたしがこんな風に思うのは、ちょっと言葉が違うのかも知れないけど、そうとしか言い様がない。  
そしてとっても優しい表情。  
「…大好き…」  
思わず言葉が出た。  
あたしからこんな事言うのはほとんどなかったから、ジンはちょっと驚いた顔をした。  
しょうがないじゃん、大好きなんだから…  
「俺もだ」  
一言言うと、ジンはあたしを抱きよせた。背中を包む腕があったかい。ジンの胸があったかい。  
あたしがジンの頭に腕を回すと、再び突き上げを始める。  
ゆっくり、あたしの中に入ってるのを確かめるように。  
 
「あんっ…ジンがぁっふぅあぁ…」  
声を漏らすあたしの唇を塞ぎ、ジンはいきなり激しく突き出した。  
「あぁっやっああぁぁぁっ!」  
ジンと唇を合わせたまま、口内に声をぶつけるように喘いでしまうあたし。  
ジンの激しい突きにおかしくなっちゃう。  
と、いきなりジンの指が、あたしのアナルに触れる。  
「やっ?!あっそこはぁっ…ダメぇっ…汚いよぉっ」  
触れられたのは初めてだった。  
逃げようとするあたしのお尻をがっちり掴み、ジンはあたしの愛液を中指に付け、アナルに入れた。  
「いやぁっ!やぁだぁぁっ」  
ぬぷっと侵入してきた指に、そう言いながらも、よがってしまうあたし…  
あたしがMなの知ってるな、こいつ…  
「やだっやだぁぁっ」  
ジンが指を入れたまま、激しく突く。  
「いやっダメだってばぁぁっ!いやっはぁぁっ…あうっんんっはぁぁっあぁっあっいやぁぁぁぁぁ!!」  
ピン、と背中がのけ反った。ジンがゆっくり動きをとめ、アナルに入ってた指を抜くと、あたしはジンに倒れかかった。力が抜けた。  
「サナのアソコ、ピクピクしてる…イッちゃった?」  
分かってるくせになんで聞くかな〜っ!  
強がって首を振ると、ジンがなでなでしてくる。  
気持ちい…  
 
見透かしてる…  
なんかちょっと悔しい。あたし、あんまイク事なんてなかったのに…  
「ジンのせいだよっ!こんな、イクようになっちゃったのはぁ…」  
力なく怒鳴ると、  
「いいじゃん、気持ち良いでしょ?」  
と言い返され、反論できなくなる。  
確かに物凄く気持ち良いんだけど、こんなえっちになっちゃったのは嫌。というか恥ずかしい…  
「俺しかいないんだし、俺には見せてよ。いっぱいイカせてやるから」  
そう言うと、あたしの身体を持ち上げ、ペニスを入れたまま上下を反転させた。  
あたしが正常位一番好きだからって、いつもこの格好にしてくれる。ジンが一番好きなのは騎乗位なのに、あたしを気持ち良くしてくれようってしてくれる。優しいな…  
ジンがあたしの足を開いた。そして激しく突く。  
「いやっ!あぁっ!あんっ!あぁっあっああぁっ!」  
奥まで突く。激しくジン自身が前後して、気持ち良過ぎてあたしの腰も勝手に動いちゃう。  
「あっ…いやぁ…そんなっ激しくしたら…おかしくなっちゃうよぉぉっ!」  
あたしの訴えなんて聞かずに、ジンは激しく突く事をやめない。  
あたしが乳首弱いの分かってるから、乳首を摘みながら、激しく突く。  
子宮にペニスがあたってるような感覚。  
その気持ち良さがあたしをどんどんおかしくしてく。  
 
「もうっ気持ちいよぉっあぁっもうダメっはぁんっくふぁぁ」  
もうダメだ、何も考えらんない。ただ物凄く気持ち良くって、気持ち良さに支配されてしまいそうになる。  
「すごい、サナから液いっぱい出てきてるよ」  
ジンが言う。  
あたしの愛液が潤滑油になって、滑るように優しく、激しく、緩急をつけてジンが動く。乳首を摘んでクリクリと捏ね回す。  
もう、限界…  
「サナ…俺もうイッて良い?」  
ジンが聞く。  
「うんっはぁっああぁぁあっあたしもぉぉっあああぁっ」  
あたしの言葉を聞くと、ジンは今までより一番激しく、奥まで突いた。乳首も伸ばすよう引っ張りながら思い切りつねる。  
「ああぁぁぁあっ奥はいやぁぁっダメ、もうダメぇえぇっイッちゃう、イッちゃううぅぅぅううぅぅ!!!」  
大きな声を出し、手足をピンと伸ばし、身体をのけ反らせ、あたしは今日一番激しくイッてしまった。  
同時にジンが子宮まで突くように奥で果てた。  
お互いの性器が波打つ。  
あたしの胸に顔を沈めているジンの頭を抱き締め、お互いの余韻を感じていると、なんかおかしくなってきちゃって、あたしはへろへろになりながら力なく笑った。  
そんなあたしの顔をみて、ジンは優しくキスをした。  
「いっぱいイッてたね」  
…終わって第一声がそれですか、と怒りを込めた溜め息をつくと、  
「イッてる顔も、可愛かった」  
って言ってくれたから嬉しくなる。  
もう、ジンの一言一言があたしの感情をつくってるみたいだ…  
あたしからキスをしたら、ぎゅっとして、  
「愛してる…から、どこにも行くな」  
って言ってくれた…  
絶対離れられないよ。あたしもジンが大好きだもん。  
そうして、抱き合いながら、いつもみたいにジンに腕枕をしてもらいながら、二人で眠った。  
 

楽天モバイル[UNLIMITが今なら1円] ECナビでポインと Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 解約手数料0円【あしたでんき】 海外旅行保険が無料! 海外ホテル