「なぁ、今日が何の日か知ってるか?」  
「久しぶりに会えたと思ったら……いきなり何よ。バカにしてるの?」  
「いや、そういう訳じゃないんだが。で、さっきの答えは?」  
「12月25日と言ったらクリスマス以外ないじゃない」  
「そうだ。そんな日位、そっと寝かせろ。…大体こんな時間に、まして一人身の男の部屋に訪ねるなんて常識的に」  
 
「そんな話をしてどうしたの? あっ!もしかして私にプレゼントでも」  
「欧州のサッカー選手のようなスルー技術だな。……言っても無駄か、しょうがない。君にはコレを差し上げよう」  
「あ、ありが…って。何ですかこの油ギトギトのチキンは」  
「バイト先の残り物。昨日貰ってきた奴だから良い感じに油が浮いてる訳だ。多分うまいぞ?」  
「嫌がらせかっ。いや、貰うけど。…あれ? あんた確か、引越しのバイトしてなかった? バイト変えたの?」  
 
「……いや、そっちもやってるよ」  
「ふーん。ところで。こんなおいしいモノを私に食べさせて一体どうするつもり!?」  
「なんか、この時機が来る度に聞いてる気がするよ。そのセリフ。つーか、これ以上痩せる必要ないと思うぞ?」  
「えっ本当? ……はっ。そういう甘言吐いて、私をブクブクと太った豚にして嘲笑うつもりね!恐ろしい子!」  
「いやいやいやいや。今日はどうした?テンションがいつも以上におかしいぞ?」  
 
「そっそんな事ない! というか普段もおかしくない! きっと!」  
「……まぁ別にいいけど。 お前さ、他に誰か出歩く相手居ないの? 去年も一昨年も俺んちで寝てたけど」  
「勘違いしないでよね! たまたまっ! そうっ、たまたま暇なだけなんだからっ!」  
「おー、そっかそっか。 それより何か俺にプレゼントとか持ってきてないの?」  
「も、持って来て……ない。」  
 
「デジャヴュか? 毎年ソレも聞いてる気が。まぁいいや。はい、本当のプレゼント」  
「何これ? ……指輪?」  
「うん。バイト増やして金作って買った」  
「…うれし」  
「って、彼氏でも無い奴からこんなの貰っても気持ち悪いだけだよな。」  
 
「なっ、人の話聞かないで何言ってるの!」  
「ごめん、やっぱそれ返し」  
「やだ! もうっ! 人の話を聞けっ!」  
「へ?」  
「……私も、毎回毎回、渡そうと思っていた、モノが、あって」  
 
「え? ちょっ、おまっ、何脱いでんのっ? はうあ! 黒なんて大胆な!」  
「よかった……4年前に、あんたの、ために…恥ずかしい、思い、して買った甲斐が、あったわ。」  
「うおっ? ほんとに一体どうしたのだね? おちついて!おちついて!おっ、おれの下半身もおちついて!?」  
「ブクブクは、太ってないけど……もう、少し。すりむな体を、あんたに見せ、たかったん、だけど」  
「待て待て待て待て。思考が追いつか」  
「ぷ、ぷれぜんとは、あっ、あたし、とか、言って、みたり、して……」  
「!」  
 
「さめない、内に、めしあがれ?」  
 
 
――――メリー、クリスマス。  
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 解約手数料0円【あしたでんき】 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル