☆「科学の進歩は必ずしも人を幸せにするとは限らないって事だな」  
主「そうかなあ。まあ☆君の言うことも一理あるけどね。なんか違うと――あ、百合さーん」  
 メイドを呼び止める主人。すこし困った表情をしながら答えるのは百合と呼ばれたメイド。  
百「なんでございましょう、旦那様」  
主「お茶のおかわりを持ってきて貰えますか?」  
百「かしこまりました。――それと、申し上げにくいのですが」  
主「なんですか?」  
百「百合、と呼び捨てにしてください、とお願い申し上げた筈ですが。  
  それと、命令する際には「持ってきなさい」と言って下すって構いません」  
 整った顔に固い表情を浮かべたまま、百合はそう言った。  
主「百合さんは固いなあ」  
百「それが主従というものです」  
主「・・・あ、そうだ。百合さん、ちょっと手を貸してくれる?」  
百「なんでしょう? こうですか?」  
 いぶかしげに両手を差し出す百合。  
 それをぎゅ、っと両手で握る主人。  
 途端に百合の顔が真っ赤になる。  
百「なッ、なッ、な、ナニを、な、なさるのですかっ!」  
 百合はどもりながら目を白黒させて叫ぶ。でも、どういうわけか  
 その手を振り払ったりはしない。どこかしら嬉しそうな色がその表情の中にはある。  
主「☆君、百合さんのこの手なんだけどね、先月まではあかぎれだらけだったんだ」  
☆「ほう」  
主「でも、今はこんなにスベスベなんだよね」  
☆「どうしてだい?」  
主「この家に給湯器を入れたんだよ。瓦斯を燃やしてお湯を作るカラクリさ」  
☆「冬場の水仕事はきついからねえ」  
主「女の子の手がこんなふうにスベスベにできるなら」  
 そう言って百合の手を頬に当てる主人。百合は上気した顔で自分の手に頬ずりしている  
 主人を見つめている。  
主「どんな科学の害毒だって我慢できると思うんだ、僕は」  
 
 
 
 
・・・・・・メイドさんを蕩かしたまま終わる。  
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 登録で安心ビットコイン取引所 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル