朝、小粋なステップで踊るBB1号バニー型(振る旗は『ヒース様万歳!』)に見送られ、ヒースは授業に向かう。  
授業に向かう途中、ハーフェンが女弟子たちから感謝の義理チョコを受けとる場面に遭遇。  
俺様にはナイのか?後輩よ?  
 
昼、珍しくギルドを訪れていたラヴェルナ導師と遭遇。  
期待は毛頭していなかったが、なんとなくチョコの話題に。  
彼女のチョコレートは朝一番に溶けてしまったらしい。  
「うっかり旦那と一緒にライトニング・バインドをかけてしまったわ」  
 
夕方、クルクルと踊るBB1号バニー型(振る旗は『ヒース様エラい!』)に見送られ、青い小鳩亭へ。  
マウナサマから義理チョコをひとつゲット。ま、順当ダナ。  
一方、俺様が本命であるハズのイリーナがいつまでたっても寄越さない。仕方がないので本体をお持ち帰りする。  
「ヒース兄さん、コレ…」「ナンダ、用意してたんじゃナイカ…って、ナンデスカ、コレハ?…いりーなサン?」  
「チョコレートです」俺様には…うんこ玉にしか…見えないガ。  
「ひとつ聞く…コレは本当に…チョコなのカ?」「もちろんですっ!ヒドイですっ、兄さん!」  
「なら、食えるハズだよな?」「ハイ!当然ですっ!」  
「なら、お前、食ってみろ」「…へ?だってコレは兄さんに作って来たんですよ?!」  
「いいから、食えって」「…(そんなに信用ないのかな…)…(ぱく)…(モグ)」  
「…そのまま。…美味いか?」「…(コクリ)…」「ふ、どうやら毒は入っていないよーダナ(汗を拭う仕草)」  
イリーナはジットリした恨みがましい視線を向けてくる。  
「じゃ、イタダキマス」「…!?…あむ…ふ…」  
 
夜、響く小粋なステップ。踊るBB1号が振る旗は『ヒース様エロい!』。  
 

ビットコインがすぐに買える Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 仮想通貨取引登録業者 海外旅行保険が無料! 海外ホテル