「ちょ…エ、エキュー?なにするのよ!…え?い、いや…」  
「…マウナさんがいけないんだよ?僕がこんなに好きってことしってるのに、冒険者やめてアイツと宿の経営するなんて言うから」  
「ちょっとエキュー…それはまだ先のことだし、どうなるのかまだわかんないんだから…いやっ…ちょっ…なに…」  
「いいよ、ごまかさなくても。マウナさんは僕よりアイツを選んだんだろ?だからさ、マウナさんのいなくなるパーティーなんて組むつもりないから、また傭兵稼業に戻るよ。でも、その前に…」  
「ちょっ、エキュー。あんたなに言って…きゃー!ちょっとまってよ…いやぁ!!」  
 
「マウナさん、耳だけじゃなく、やっぱり身体もキレイなんだね。胸もエルフさんにしては大きいし、傭兵時代抱いた娼婦なんかよりよっぽど魅力的だよ」  
「馬鹿!なに服破いてるのよ!いい加減にしなさいよ!…って、ちょっと、どこ触って…あっ…あん…」  
「ははっ、マウナさん?乳首たっちゃってるよ!気持ちいいんだね。ほら、下もいじっちゃうよ」  
「きゃん!…や、やめてよ…あっあっ…いやぁ…」  
「ほらほら、なんか汁が溢れてきたよ。ね、いっぱい気持ち良くなってね」  
「ちょ…ゆ、指入れないで…あっあっ…ひぐぅ…んっ…や、やめ…はぁぁんっ…うぅぅ…」  
「ほらほら!もっと激しくするよ!」  
「あっあっ…いや…あっ…はぁぁん!…やっ…やっ…ひぃぃ…くっ…っ……」  
 
「…っはぁはぁはぁはぁ…」  
「いっちゃったんだね、マウナさん?さぁ、今度はマウナさんの番だよ?」  
「はぁはぁ…え?な、なに?…ちょっと……っ!…ぶむぅ…がっ…はぶぅ…」  
「ほら、マウナさん。僕のも気持ち良くさせてね…歯はたてないでね…はぁぁマウナさんのお口、気持ちいいよ!…ほら、もう少し舌をつかって…っそ、そう…」「うぷっ…くっ…はむぅ…じゅる…ふむぅ…ちゅっ…じゅるじゅる…」  
 
「あっ、マ、マウナさん…すごくいいよ…あっやばっ…で、出るよ、出ちゃうよ!…マ、マウナさん、い、いくよ!!」  
「…?…っ?…んんっ…んっ!…ぶふっ…げほっ…がっ…っはぁはぁはぁ…がっ…」  
「ふぅ、気持ち良かったよ、マウナさん。いっぱい出ちゃったね」  
「っはぁはぁ…くっ…エ、エキュー、満足した、でしょ?…ね、今日のことは忘れてあげるから、もうやめましょ?そしてほら、これからもみんなで一緒に…」  
「マウナさん、もう遅いよ。僕決めちゃったし。それにさ、ほら、僕のまだ全然納まりつかないし。やっぱり最後まで、ね。さ、マウナさん、暴れないでじっとしてて…」  
「…ひっ…ちょっ、ちょっとまってよエキュー…じょ、冗談でしょ…ね……い、いや…やめ、やめて…う、うそ…ひっ…そんな…い、い、いやぁぁぁぁぁ!!!」  
「んくっ…入れるよ、マウナさん?…くっ…ふぅぅ…す、すごいよマウナさん!あったかくてやわらかくまとわりついて!」  
「ひぐぅっ!!…いやぁぁぁ!!やめてぇ!ぬいてよ!いやだぁぁ!いやいやいや!!」  
 
「ほらマウナさん、そんなに暴れないでよ。大丈夫、気持ち良くしてあげるから。傭兵時代色々経験して慣れてるからさ」  
「いやいやっ!抜いてよ!ね、お願い!ひぐっ…あぁんっ…ひっ…い、いや…はぁぁぁ…やめてよぉ…あぁん……」  
「ほらほら、我慢しないで…はっはっ…ん〜マウナさんの締まりもきつくて気持ちいいよ!…マウナさんも気持ちいいでしょ?」  
「はっあっあっ…き、気持ち良くなんて…あっあっ…そ、そんなわけ…あっ…な、ないでしょ…あぁぁん…っくぅぅぅ…こ、こんなエキュー…嫌い…あっあぁぁ…だよ…あぁぁん…」  
「我慢しないでよマウナさん。ほら、どんどん汁が溢れてきてグチャグチャ音たててるよ?」  
「いやぁぁぁ!そんなこと言わないでぇぇ!もうやめてぇぇぇ!やめてよぉぉぉ!!!」  
「くっ…はぁはぁっ…マ、マウナさん…僕もう我慢出来ないよ…ね、いいでしょ?このままいくよ?」  
 
「っはぁはぁ…え?…ま、まさか…嘘でしょ…や、やめて、よ…中に出すなんて…ね?冗談よね、エキュー?」  
「「マ、マウナさん、いくよ、いっちゃうよ!!!」  
「い、いや…いや…いや…やだぁぁぁ!!やだやだやだよっ!抜いてよ、ね?中で出すなんて…っ!!!!…いやぁあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」  
 
 
「…はぁぁぁ…マウナさん、気持ち良かったよ。ほら、こんなにいっぱい出しちゃった。ははっ、多すぎて溢れてきちゃってるよ。この分だと、子供出来ちゃってるかもね」  
「ひっく…ひっく…クラウスさーん、私、私、もうあなたにあわせる顔がないよぉぉぉ…ひっく…ひっく…クラウスさーん…」  
「…やっぱりマウナさんは僕よりアイツが…でも、いいよ…たぶんこれで僕の子供がマウナさんに宿ったし…アイツより先にさ!あははは!アイツこのこと知ったらどんな顔するんだろうな!あはははは!!!  
…じゃマウナさん。僕行くね。楽しかったよ。あ、あと、僕の子供、よろしくね!…じゃ、さよなら。今までありがとう…」  
「…うぅぅぅ…………なんでこんなことに………これから私、どうすればいいの………うぅぅぅぅ………」  
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 登録で安心ビットコイン取引所 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル