夏の夕べ。  
青い小鳩亭のからの帰り道。遠回りをして川沿いの道を夕涼みに、二人で歩いていた。  
蛍が小さな緑の光を明滅させている。  
「ね、ヒース兄さん」イリーナが蛍の光を目にして、振り返った。  
「んあ?」  
「兄さんが昔『星』をくれた事。覚えてますか?」  
イリーナがヒースの顔を、下から見上げるように覗き込む。  
「…ああ」  
そんな事もあった。ヒースは目を細める。忘れる事のできない記憶だろう。  
優しく真っ直ぐに見返すヒースの瞳に、イリーナは僅かに困惑した。  
「嘘は…言っていないみたいです」  
「何の事だ」  
計る様なイリーナの瞳に、ヒースは怪訝な顔をする。  
まだ幼い頃。  
ヒースがファンに出てきて間もない頃だったろうか。  
その、やはり夏の夜に幼いイリーナがヒースから貰った、明るく輝く『星の欠片』。  
─それはほんの暫くで、光を失ってしまったけれど─  
光を失い、何の変哲もないタダの小石になっても、それはずっとイリーナの大切な宝物だった。  
あれから数年がたち、二人で冒険者になってから、その光の色が『古代語魔法』の『光』と同じものだと、イリーナは気づいてしまった。  
それが少し寂しく、そしてほんの少し悲しかった…。  
 
川をふわふわと渡る蛍の黄緑の光を目にして、イリーナの疑問に思い至る。  
蛍。星。嘘。…察した。  
イリーナの栗色の髪を神官帽ごとグリグリと撫で繰りまわす。  
「俺様が嘘をつくわけないダロ?」  
ホラは吹くけどな。  
幾分皮肉気に、口の端を吊り上げ、年下の幼馴染みを見下ろした。  
 
──「お星さまが欲しいです、ヒース兄さん」  
小高い丘の上。頭上には満天の星々。  
幼いイリーナは、小さな両手をいっぱいに広げ、天高く輝く星々に届けとばかりに、背を伸ばした。  
「…洒落か?イリーナ」  
どこか達観した11歳児であるヒースクリフは、幼馴染みの少女の幼い願い事をそうからかい、はぐらかした。  
ヒースクリフが魔術師ギルドの特待生として、故郷の村からファンの街にやってきて、まだほんの少し。  
賢者の学院では、まだまだ不慣れな生活に、奇異の目や差別。  
不慣れで窮屈な想いは、才能があると認められたはずの勉学の進み具合を、知らず緩やかな物にさせていた。  
そんなある日、ハーフェン導師から気分転換にと外出を勧められた。  
行く所といえば、家族同然に行き来があるファリス神殿くらいしかない。  
イリーナやクリス、その両親に温かいもてなしを受けても、ふとした瞬間に、ヒースは今現在立ち塞がる壁について考えてしまっていた。  
魔術の顕現方法。感じるマナに、形を与え有にする魔術師の術…。  
眉間に皺を刻むヒースの後頭部を、それじゃ気分転換にならないだろ、とクリスがはたいた。  
夕食後、軽い散歩にファン郊外の小高い丘に登った。  
夕暮れ。蛍が飛び交う。空には星が瞬き、世界は蒼く、夜の帳を下ろし始める。  
「お星さまが欲しいです、ヒース兄さん」  
頭上には満天の星々。  
幼いイリーナは、小さな両手をいっぱいに広げ、天高く輝く星々に届けとばかりに、背を伸ばした。  
ヒースは軽くからかい、イリーナはぷっと、頬を膨らませる。  
他愛もない幼い子供の願い事。  
天上の星に、手は届かない。  
人は地上に、それぞれ価値のある『星』を見い出して、それを手にしてゆくしかない。  
そんなお説教は、幼いイリーナに理解出来るだろうか?  
その小さな手の先、満天の星空で、一際明るい星がひとつ。  
輝いて、流れ落ちた。  
 
 
それから一週間が過ぎた。  
 
夕べの礼拝を終えて、夕闇が落ちる石造りの長廊下を幼いイリーナはてちてちと歩いていた。  
自分を待っていたのだろうか、石壁に背もたれたヒースの姿を見つける。  
「ヒース兄さん!」  
イリーナは嬉しげに駆け寄った。  
「どうしたんですか?」  
首を傾げると栗色の髪がさらさらと流れた。  
ヒースは疲れたように、しかし、どこか楽しげで得意そうに笑う。  
「星の欠片を手に入れたぞ、イリーナ、お前にやる」  
そう言って、ヒースはズボンのポケットから、光輝く小さな小石を取り出してみせた。  
「…わぁ…!!」  
小さなイリーナの手の中で、それは白い光を放つ。  
イリーナの幼い顔が興奮に紅潮する。  
「ホントにホントに、お星さまなんですね!」  
イリーナの大きな茶色瞳が、白い光を受けてキラキラと輝く。  
「ああ、うちの導師が言うんだ。多分、間違いない」  
ヒースは眩しそうに目を細めて、嬉しげなイリーナの髪をくしゃりと撫でた。  
「稀少な物だそうだから、大事にしろよ?」  
「ハイ、ありがとうございます!ヒース兄さん!」  
そう言って、イリーナとヒースは、夕闇の中、その小さなな手に包まれた輝く小石を見つめ続けた。  
夏の終わり。  
最後の蛍が一匹、ファリス神殿の中庭をフワリと飛んで横切り、消えた。  
 
 
───あれは、確かに星の欠片だった。  
 
ヒースの追憶。  
魔術師として、初歩の初歩。『光』の呪文の実践につまづいていた時の事だ。  
ハーフェン導師の書庫で、『星の欠片』だという何の変哲もない小さな小石を見つけた。  
『隕石召喚』という高度な魔法によって、星界から地上にもたらされた流星の石の欠片だという。  
──『お星さまが欲しいです、ヒース兄さん』  
「ん?これに興味があるのかい?ヒースクリフ」  
しばし、そのイビツな小石を注視していたヒースに。  
初めての壁に悩んでいた愛弟子を前に、ハーフェン導師は優しく問いかけた。  
 
イリーナに『星』をくれてやりたいと思った事が、壁を乗り越えるチカラに、なった。  
『魔術師』として、生まれて初めて成功させた『魔法』。  
『光』の呪文が掛った『星の欠片』を握り締め、夕闇が迫る街を小さなヒースはファリス神殿を目指して一目散に走っていた…。  
 
 
現在。  
 
川面に映る、揺れる蛍の光。  
サアッと、水面を涼しい風が吹いた。  
兄貴分を見上げる、イリーナの瞳。  
イリーナの頭に手を置いたまま、弁解を試みる。  
「間違いなくアレは『星の欠片』だゾ〜? ハーフェンが嘘をついてなきゃ、なー?」  
流星の欠片だとぬかしていたからな。  
ニヤリと片頬をつり上げる。  
その言葉にイリーナは考え込む。  
ハーフェン導師が嘘をつくような人物ではない事を、既に知っている。  
「流星の欠片…。本当に、星の欠片だったんですね」  
イリーナは納得したように頷き、散歩を再開する。  
弾むように、先に歩を進める。  
(俺様の言葉には信用はナイのデスか、いりーなさん?)  
ヒースはコリコリと髪を掻いて、ほんの少し傷つきながら、その後を追った。  
 
 
生まれて初めて使った『古代語魔法』は初歩の『光』。  
それは、あいつの為に。  
あいつの為と願って、ひとつの壁を乗り越えられた。  
…多分、一生忘れない、幼い日の、夏の記憶。  
 
【終】  
 
 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 今日からビットコイン生活 Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル