午後の陽射し柔らかな10月のある日。  
「兄さん、お誕生日おめでとうございます」  
イリーナが、ヒースの寮に顔をだした。イリーナが来ることは了承済みだった。  
他のケチ臭いメンバーが、ヒースの為に何かプレゼントのサプライズなど、考えはしても実行はされないだろう。  
精々、一食浮く程度と読んでいた。  
イリーナはというと腐れ縁の幼馴染み。毎年恒例の事だった。  
「とりあえず、兄さんがお気に入りの青色のリボンを買ってきましたよ。でも、ホントは何がいいのかわからなかったので、直にリクエストを聞きにきました。何がいいですか?兄さん」  
ヒースは首を傾げて考える。  
「…そうだな…安心と安眠をくれ」  
「……へ?」  
イリーナを膝の間に座らせて、後ろから軽く抱き締めた。  
頭はイリーナの肩にコテンと乗せる。  
イリーナは微妙に顔を赤くしながらも、されるままになっていた。  
そのままヒースは、目を閉じて昼寝モードに入る。  
 
イリーナが腕の中にいる内は、安心だった。  
イリーナが何処かで飛びはね、トラブルに首を突っ込んでやしないかと。  
ただでさえ、隣国ファンドリアの目の上タンコブのような存在のイリーナだ。  
いつ暗殺者に狙われるかわからない。  
その名声を何か、利用されるかも知れない。  
真っ正直さを利用されたりしてないか、騙されてやしないか。  
それでなくても、街のチンピラや詐欺師相手に頭から湯気をふいてないか、暴走してないか。  
多少、父親のように心配症気味だと思わなくもないが、この癖はおそらく抜けることはない。  
イリーナがこうして腕の中にいる間は、安心だった。  
この鳥は今だけ、何処へも飛んで行かない。  
 
ヒースはイリーナを緩く抱いたまま、ぽふりと床に横になった。  
しばらくしてイリーナの耳に、すぅすぅと、ヒースの寝息が聞こえた。  
「・・・・・・・・・兄さんのバカ」  
小さく、呟く。しかしイリーナはそのまま大人しく、抱き枕になっていた。  
互いの体温が心地良くて、なんだか妙に懐かしくて、次第にイリーナにも眠気が襲ってくる。  
いつの間にか、こくりこくりと舟を漕ぎ。  
 
二人でのんびりお昼寝する、そんな麗らかな秋の日の午後。  
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 登録で安心ビットコイン取引所 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル