ラムリアース賢人会議の決議が出た。  
シェレアは、放逐されることになった。  
パオラは親友であり後輩のハーフエルフを、抱き締めて泣いた。  
ハーフエルフらしい、力のない細身の身体を抱き締めて、震えて泣いていた。  
「ゴメンね。今までありがとう、パオラ…」  
シェレアは親友の癖のない黒髪に顔を埋めて、涙を堪えていた。  
先にパオラに泣かれてしまって、シェレアは懸命に堪えるしかなかった。  
数日でシェレアはラムリアースを離れる事になるだろう。  
親しい、この親友とも…もう。  
「愛してるわ…シェレア」「私もよ、パオラ…」  
パオラの告白を、シェレアは自然に受け入れた。  
二人の小さな魔女は、まだ異性と触れ合った事のない、みずみずしい果実のごとき唇を、そっと触れ合わせた。  
シェレアのウェーブのかかった金色の髪からのぞく先のとがった耳が、恥ずかしさで赤くなる。  
可愛いいとパオラは思い、そして返って切なくなった。  
「愛してる…行かないで」「行きたくないわ。でもダメなのよ、パオラ…」  
片方の手の互いの指を絡ませ、もう片方は互いの顔に這わせ、艶やかな髪を絡ませた。  
「愛してる…」「ええ、パオラ…私も」  
 
その夜、パオラとシェレアは一緒にお風呂に入り、同じベッドで眠った。  
一夜限りの優しい愛を、交わした。  
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 登録で安心ビットコイン取引所 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル