『ヒースクリフと雨の森』  
 
 
ヒースクリフ・セイバーヘーゲンは、いつの頃からか雨が好きだった。  
それは、何時の頃からだったのか…。  
 
 
ずっとずっと、幼い頃。  
 
雨の匂いと青葉の匂い。  
そして幼いイリーナの身体の温もりと匂い。  
ヒースの故郷の森の中。  
いきなり泣き出したように、降り出した雨。  
雨宿りに、大きな木の虚の中に、身を屈めて座りこんだ。  
雨が、大地と大気から温もりを奪いとっていく。  
次第に少し肌寒く感じはじめた。  
肌寒さは、すうっと心を冷やして、理由もなく、心細さを感じさせる。  
そんなアンニュイな感傷を、幼いイリーナにも感じるところがあったのかもしれない。  
幼いイリーナが、ぴとっと、ヒースの身体にくっついてきた。  
ヒースは片腕でイリーナの肩を抱き寄せた。  
身を寄せあって、温もりをわけあって。  
『雨はなんだか…、胸がきゅっとします…』  
心細気なイリーナの呟き。  
そんな幼いイリーナの様子を兄貴分の責任感と、ほんの少しの照れ臭さと嬉しさと安らぎでもって、小さく微笑んで眺めた。  
『大丈夫だ。通り雨だから、すぐに止む』  
ヒースは、そう言いながらも、なぜかほんの少しだけ、寂しく感じた。  
二人は、雨が止むのを待っていた。  
けれど。  
イリーナは晴れわたる青空が大好きで、太陽の下が、良く似合う。  
(良く似合っているけれど…。)  
雨が降っているというのも、いいかもしれない。  
静かな世界。優しい雨音。雨霞にくすんだ穏やかな色彩。  
何時になく、おとなしいイリーナの身体の温もり。  
世界でたった二人きりのようなこの淋しさと静寂と、優しい温もりの中で、  
時間が止まればいいのにと、ヒースクリフは、ふと願ってしまった。  
イリーナが、すぐ側にいるのは、安心する。  
すぐ側に居てくれて、おとなしくしてくれているのは。  
イリーナは何時も、やたらと元気すぎて、片時も目が離せないから。  
イリーナの元気さを愛しく思う。嫌いじゃない。  
しょぼくれているイリーナを見るのは、自分のことのように辛い。  
イリーナは青空の下。太陽の下で元気に飛びはね、笑っているのが良く似合う。  
けれど。  
それでも。  
こうしてイリーナが、すぐ側にいるのは安心する。  
すぐ側に居て、身体をくっつけて、おとなしくしてくれているのは。  
だから、今だけでも。  
……今だけ、でも。  
 
 
ぱたぱたと雨が降る。さわさわと木々の梢が揺れる。  
静かな世界。優しい雨音。  
白くて茶色い、優しい温もり。  
雨はまだ、止まない。  
 
 
何時の頃からか、ヒースは雨が好きだった。  
そして、今も。  
窓の外の雨音を、まるで懐かしい子守歌のように聴きながら、同じシーツと毛布に包まり、  
今もなお、優しさと温もりを分けあう少女の姿を、愛おしく眺めていた。  
肌と指先に触れる温かく柔かい少女の肌と、耳に心地良い穏やかな呼吸音。  
解いて流した薄い金色の髪の先をつまみ、眠るイリーナの頬を子供が悪戯をするように、ちょいちょいと擽った。  
ん〜っ、と無意識のうちにむずかるイリーナの反応に、悪ガキのように声を抑えて笑う。  
どうか。  
どうか、この穏やかな時のまま時間が止まってくれればと、  
叶う筈もない、他愛ない願いを、胸に浮かばせた。  
 
ぱたぱたと雨が降る。さわさわと木々の梢が揺れる。  
静かな世界。優しい雨音。  
澄んで冷えた、大気の匂い。  
 
──腕の中に、かけがえのない優しい温もり。  
 
どうか、今だけ。……今だけ、でも。  
 
 
 ◇   ◇   ◇     
 
 
『イリーナ、ほら、起きて見ろよ』  
『んん…?え、なんですか、兄さん?』  
『虹が出てる』  
うとうとと眠ってしまっていたイリーナを、ぽんぽんと軽く叩いて起こし、青空に架る七色の橋を指し示した。  
木々と大気が雨に洗われて潤い、艶めた色を取り戻した、雨上がり。  
幼い二人は互いに手を繋いで、樹上の遥か天高く架る、美しく大きな天上の橋を見上げた。  
 
 
 
【終】  
 

ビットコインがすぐに買える Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 仮想通貨取引登録業者 海外旅行保険が無料! 海外ホテル