〜イカすエルフ天国〜  
 
「ああ、こ、このドアの向こうに……」  
腰にタオルを巻いただけの姿で拳を握り締め、僕は感動にむせび泣いた。  
僕の名はエキュー。元は傭兵で、今は4人の仲間と冒険者をしている。  
ここはターシャスの森の奥深くにある、僕の初恋の人、エルフのシルヴァーナさんの村。  
彼女の依頼を受けて、古代王国の遺跡から彷徨い出てきたモンスター、バグベアードを倒して来たところだ。  
憧れのエルフの村に来れたってだけで、踊り出したくなるぐらい嬉しいけど、今はそれどころじゃない。  
ダメモトで言ってみた『エルフ風呂』というお願いを、何とシルヴァーナさんがオッケーしてくれたのだ。  
マウナさんからは、氷の精霊フラウ並みの冷た〜い視線を受けたけど、それはそれ。  
エルフフェチとまで言われるこの僕が、こんな素晴らしい機会、逃せるはずがない。  
出来るだけキリッとした顔をしようとしても、どうしても頬が緩んでしまう。  
ぱしぱしと顔を叩き、大きく深呼吸。  
ドアの前に立って、まずは軽くノックしてみる。  
「あっ、あのっ、僕はエキューと申しますが……」  
う、声が裏返ってしまった。軽く咳払いをして、喉の調子を整える。  
「あ、エキューなのね? お待ちしていましたわ、遠慮せずお入りになって」  
うおっ、この声はシルヴァーナさんっ! シルヴァーナさんもそこにいるですかっ!?  
それとなく期待はしてたけど、実際にいると分かると、余計に胸が高鳴る。  
「おっ、お邪魔しまーっす!」  
僕は大きく宣言すると、ドアの向こうへと飛び込んだ。  
 
──エルフ耳が、ひとつ、ふたつ、たくさん。  
脱衣所の扉を抜けると、そこは天国だった。  
僕の正面には、ほんの数歩ほどの距離を置いて、大の字に寝ても余裕なぐらいの大きな湯船がある。  
そして湯船の縁には、シルヴァーナさんを含めて、4人の綺麗なエルフのお姉さんたちが腰掛けていた。  
胸から下をタオルで包んでいるけど、露わになった首筋から肩までの素肌はドキリとするほど白い。  
そして何より、鳥の風切り羽根みたいに特徴的な耳が、それぞれの髪の間からぴょこんと突き出ている。  
こっ、これぞまさに、夢にまで見たエルフ風呂っ!  
父さん、母さん、僕はとうとうここまで来ました。今日は生涯最高の日です……。  
「どうしたの、エキュー? そんなに大きなお口を開けて」  
「いっ、いえっ! 何でもありませんっ!」  
シルヴァーナさんに声を掛けられ、僕はようやく正気を取り戻した。  
ふう、危ない危ない。もう少しで幸せのあまり卒倒する処だった。  
「ふふ、おかしな子ね。さあ、そのままでは身体が冷えてしまいますわ。どうぞこちらへ」  
ふわっと柔らかく微笑むと、シルヴァーナさんは湯船の中央を指し示した。  
自分で要求しておいて何だけど、実際にこんなシチュエーションになると、すごく緊張する。  
「はっ、はひっ!」  
僕はぎくしゃくと手足を動かして、彼女に促されるままに、膝を抱えて湯船に身体を沈める。  
そうすると、湯船の縁に控えていたエルフのお姉さんたちが、次々とお湯の中に入って来た。  
あくまで優雅に、そして上品に、僕の後ろと左右に一人ずつ、膝を揃えて横座りになる。  
大きな湯船とはいえ、さすがにこれだけの人数が入ると、それほどスペースの余裕は無い。  
おかげで僕は、肌と肌が触れ合うぐらいの至近距離で取り囲まれるという、嬉しすぎる状態になった。  
 
「それでは、私の友人達を紹介しますわね。まず、こちらにいるのが……」  
「あっ、はぁ……」  
最後に正面のシルヴァーナさんが静々とお湯に入ると、お姉さんたちの名前を順番に紹介し始めた。  
他の人はどうやら人間語が全く解らないらしく、シルヴァーナさんが通訳をしてくれるらしい。  
ヒースは論外としても、誰かにエルフ語を教わっておけば良かったかな、とチラッと思う。  
でも、魅力的なエルフの皆さんが微笑む姿を見ていると、そんな事はどうでも良くなってきた。  
なにしろ、右を見ても左を見ても、もひとつおまけに後ろを見ても、憧れのトンガリ耳がそこにあるんだ。  
そして何より、僕が精霊使いを目指すきっかけにもなったシルヴァーナさんが、真っ正面にいる。  
胸がすごくドキドキして、シルヴァーナさんの言葉の内容も、そのほとんどが頭の中を素通りしていった。  
「……かしら? ねえエキュー、聞いていて?」  
「あっ、はい! 皆さん綺麗だと思います!」  
ぼんやりしている処に突然名前を呼ばれて、僕は思わず考えていた事をそのまま口にしてしまった。  
僕の唐突な言葉に、シルヴァーナさんは小さな子供を叱るような、軽くたしなめる表情をする。  
「もう、聞いていなかったわね?」  
「す、すいません……」  
素直に謝ると、シルヴァーナさんは悪戯っぽい笑みを浮かべて、流れるようなエルフ語で何事かを喋った。  
その途端、周りにいるお姉さんたちも、口元に手を当ててクスクスと笑い出す。  
雰囲気から察するに、今の失言をそのまま翻訳されてしまったらしい。  
ううっ、シルヴァーナさん、出来れば今のは伝えないで欲しかったなぁ。  
だけどまさか文句も言えず、鼻の下までお湯に浸かって、ぶくぶくと泡を立ててみたりする。  
ひとしきり笑い合った後、シルヴァーナさんは耳元の髪を軽く掻き上げ、僕の顔を覗き込んで来た。  
 
「ふふっ、ご免なさいねエキュー、笑ったりして。気を悪くしてはいませんか?」  
「いっ、いいえぇ! シルヴァーナさんになら、笑われようが怒られようが、もう全然オッケーです!」  
我ながら現金だとは思うけど、僕は力いっぱい首を振って、誤魔化し笑いでそれに答えた。  
ああ、ちょっとお茶目なシルヴァーナさんも、やっぱり素敵だ。  
「そう、それは良かったわ。それで、先程の話の続きなのだけれど」  
「あ、はい、何でしょう?」  
「他のみんなが、貴方に触ってもいいかと訊いているの。構わないかしら?」  
「はぁ!?」  
さ、触る? それってつまり、タッチサービスとかそういう事ですか?  
傭兵をやってた頃、年上の仲間達に連れていかれたエッチなお店の記憶が、一気に頭を駆け巡る。  
「他の子たちは、人間の男の子が珍しくて、興味があるのですって。ほとんど森を出た事が無いから」  
「……ああ、なるほど」  
やっぱりここでも愛玩動物ですか、僕は。  
ちょっとガックリくるけど、尖った耳のお姉さんたちのお願いとあれば、僕に断れるはずがない。  
それに、この状態でエルフの皆さんに撫で撫でされるというのも、それはそれで心躍るものがあるし。  
「ええと、僕としては、構わないと言うか、むしろこちらからお願いしたいと言うか……」  
「そう言ってもらえると助かるわ。────」  
シルヴァーナさんが短く言って頷くと、他のお姉さんたちは待ちかねていたように手を伸ばしてきた。  
肩や腕をつんつんと突かれたり、髪の毛をよしよしと撫でられたり、まるっきり子供か犬猫扱いだ。  
まあ、何百年も生きてるエルフの人にしてみれば、16歳の僕なんて、本当にお子様なんだろうけど。  
僕が膝を抱えてもじもじすると、お姉さんたちはますます面白がって、僕の身体をぺたぺたと触ってきた。  
 
あ、あは、あはは。い、いいのかな、こんなに幸せで。  
お姉さんたちは何やら楽しそうに喋りながら、だんだんと僕の方に身体を寄せてきた。  
柔らかいやら良い匂いがするやらで、ぬるめのお湯なのに早くものぼせそうになる。  
まずい事になってきた股間を見られないように、僕はしっかりと足を閉じて、膝を身体に引き寄せる。  
だけどエルフのお姉さんたちは、そんな僕の動きも気にしない様子で、あちこち触りまくっていた。  
「あの、お嫌でしたら、きちんと言ってくださいね。私が言って聞かせますから」  
僕がオモチャにされているのを見て、シルヴァーナさんは少し困ったような顔をして呟いた。  
どうやら、だらしなく顔が緩みそうなのを我慢している僕の態度を、嫌がってるのと勘違いしたらしい。  
「い、いえ、嫌だなんて、そんな事ある訳ないです!」  
「そうですか? けれど、先程から膝を抱えたまま、とても緊張しているように見えますけど……」  
「ええ、その、確かに緊張というか、固くなっているのは自覚してます」  
特に一部分が。  
「でしたら、もっとくつろいで下さいな。よろしかったら、こちらに足を伸ばしても結構ですのよ?」  
「いっ、いえ、お気持ちだけで結構です! どうぞお構いなくっ!」  
そんな真似をしたら、シルヴァーナさん他エルフの皆さんに、僕の今の状態がバレてしまう。  
両手を上げてぶんぶんと打ち消すように振り、それ以上の追求から逃れようとする。  
けど、まるでその隙を狙っていたかのように、一人のお姉さんの手が、僕の足の間にするりと忍び込む。  
「うわぁっ!?」  
慌てて両手でそこを隠すけど、時すでに遅し。  
しっかりと確認してしまったお姉さんは、僕が止める間もなく、大きな声で周りに訴えた。  
残りのお姉さんたちが甲高い声で叫び出す中で、シルヴァーナさん一人だけがぱちくりと瞬きをする。  
そして、数テンポ遅れて大きく目を見開くと、いきなりパッと俯いてしまった。  
 
「あっ……! い、いやですわ、エキュー、貴方……」  
「ちちちっ、違いますシルヴァーナさん! これは違うんです!」  
両手で頬を覆って、みるみるうちに耳の先まで真っ赤に染めたシルヴァーナさんへ、僕は必死で弁解した。  
彼女の事をいやらしい目で見ていたなんて思われたら、死んでも死にきれない。  
でも、実際にこんな風になってるんじゃ、どう言ったって言い訳にしか聞こえないだろう。  
居たたまれない気分で肩を落とし、僕はさっきにも増して身体を丸め、湯船の中央で小さくなる。  
すると、周りのお姉さんに何かを言われ、シルヴァーナさんは勢い良く顔を上げた。  
「──、──────、────っ!」  
シルヴァーナさんは、赤面したまま強い語調で、他のお姉さんたちと口論を始めた。  
言葉の意味は全然判らないけど、態度からして残りの3人の言う事を拒んでいるように感じる。  
もしかして、僕の事を弁護してくれてるんだろうか?  
だけど、他の3人は口々に声を上げ、シルヴァーナさんはいかにも押され気味だった。  
そこで、ふと僕は昼間ヒースが得意げに話していた、エルフのお仕置き方法を思い出してしまった。  
何でも、悪い事をしたエルフの子供は、両耳を荒縄で縛られて、木の枝に吊るされるんだとか。  
これを『吊るしガキ』と言って、エルフの耳が長いのは、これのせいでもあるらしい。  
さすがにそれは嘘だと思うけど、お姉さんたちが僕を責めているなら、何らかの罰を受ける可能性はある。  
怒りの眼差しで見られていたらと思うと、僕は怖くて他のお姉さんたちの顔を見ることも出来ない。  
しばらくチラチラとシルヴァーナさんの様子を窺っていると、彼女の声から次第に勢いが無くなってきた。  
困惑している彼女を助けてあげたいけど、僕の言葉が分かるのは彼女だけだから、口出しもできない。  
ピンと立っていた耳を力無く垂らし、最後にシルヴァーナさんは、観念したようにコクンと頷く。  
僕としては、まるでお城の地下牢で判決を待つ、凶悪犯罪者の気分だった。  
 
「あの、エキュー……?」  
「はっ、はははは、はいっ!?」  
すごく言い辛そうに語りかけてくるシルヴァーナさんに、僕は上ずった声で答えた。  
なっ、何だろう、やっぱり『吊るしガキ』だったりして?  
「わ、私達、貴方がたには、とても感謝しているの。村を救ってくれた恩人ですものね……」  
ううっ、そう言う前置きをされると、ますます不安になる。  
その後に、『だけど……』とか『それとこれとは……』とかが続くんじゃないかと、軽く身構える。  
「それで、エキューにも、もっときちんとしたお礼をするべきだ、というお話になって……」  
え、お礼? ど、どうも、話の流れが予想と食い違っているような?  
そういえば、シルヴァーナさんの顔、困ってると言うより、……恥ずかしがってる?  
僕が混乱していると、彼女はおずおずと自分の胸元に手を掛ける。  
「み、皆が言うには、やはり男性には、こうした事が一番、よ、喜ばれると……」  
そう言いながら、タオルを止めている折り返しの部分を、震える指でためらいがちに弄る。  
慎ましげに恥らうその姿に、僕の心臓がドクンと跳ねる。  
「と、とても恥ずかしいのですけれど……。私も、その、エキューになら……ですし」  
え、えっ!? ま、まさかそれって?  
期待に胸がバクバクと鳴り、縮みかけていた僕の股間が、また硬くなっていく。  
ほっそりとした指が合わせ目を解き、外れたタオルがお湯の中で、花のようにふんわりと広がる。  
そして、その下に隠されていた眩しい肌の白さが、僕の目に飛び込んでくる。  
「ですから、私達のお礼……、どうぞ、受け取ってくださいな……」  
潤んだ瞳で僕を見つめ、シルヴァーナさんは生まれたままの姿で、そっと囁いた。  
 
「シルヴァーナ、さん……」  
彼女が湯船の中で膝立ちになると、胸からお腹までの滑らかな曲線が、お湯の中から姿を現した。  
片腕で半ばを隠した胸の膨らみは、ちょうど僕の手の平に収まるぐらいの大きさ。  
細身の体はびっくりするほど華奢で、特に腰なんてちょっと力を入れて抱いたら折れそうにも見える。  
その下、おへその辺りから先は、波打つ水面が邪魔をして、はっきりとは確認できない。  
けど、脚の間で髪と同じ色の薄い茂みが、海藻みたいに揺らめいているのは分かる。  
今まで見た事のないぐらい綺麗な身体を、僕はほとんど呆然として眺めた。  
「エキュー……」  
「ちょ、ちょっと待って下さい! シルヴァーナさん、なんでそんないきなりっ!?」  
ゆっくりと身を乗り出してくる彼女に気づいた僕は、戸惑いまくってかすれた声を出した。  
そりゃあ、僕だって男だし、そういう事を望んでないと言ったら嘘になる。  
だけど、単にお礼としてってだけで、憧れのシルヴァーナさんとそうなるのは、ちょっと抵抗があった。  
「いきなりではありませんわ。本当は私も、初めて会ったあの頃から、ずっと貴方の事を……」  
う、嘘っ! まさか、そんな都合のいい話……。  
思い掛けないシルヴァーナさんの告白に、僕の心臓は破裂寸前にまで追い込まれた。  
「ただ、私と貴方の、種族や年齢の違いを考えて、自分の心をずっと誤魔化し続けていたんです……」  
でも、シルヴァーナさんがこんな嘘をつく必要なんてないし、じゃ、じゃあ、本当に?  
「けれど、彼女たちに、もっと素直になるべきだと言われて、それで私……」  
目線で僕のあそこを触ったお姉さんを示し、シルヴァーナさんは恥ずかしげにちょっと目を伏せた。  
ちらっと横目で見ると、そのお姉さんは『感謝しなさいよ』と言いたげな顔で、僕に笑い掛ける。  
あ、ありがとう、ちょっとエッチなエルフのお姉さん! 名前は覚えてないけどっ!  
しかしそこで僕は、重大なもう一つの問題点に、今更ながら気が付いた。  
 
「あのっ、そりゃあ僕も、シルヴァーナさんの事はものすごく大好きですけど!」  
「嬉しい……。初めてはっきりと言ってくれましたね、エキュー……」  
「でっ、でも、他の人が見てる前でって言うのは、さすがにまずいのではっ!?」  
わたわたしながらそう尋ねると、シルヴァーナさんは少し気まずそうな顔をした。  
「ええ、それはそうなのですけれど。なにぶん私、こういった経験は全くないもので……」  
いやまあ、逆に経験豊富だなんて言われたら、そっちの方がショックですけど。  
だけど、それと他のお姉さんたちがいる事と、どういう……?  
「上手くできる自信がないと言いましたら、その、彼女達も手伝ってくれると……」  
えっ、ええええぇっ!?  
シルヴァーナさんが目配せをすると、他のお姉さんたちもタオルを外し、惜しげも無く肌を晒していった。  
両脇のお姉さんたちの手が僕の足を左右に伸ばして行き、後ろのお姉さんは僕の腰からタオルを奪い取る。  
「あっ、あの、あのあのっ!?」  
きょろきょろと周りを見回すと、お姉さんたちはみんなすごくエッチな顔で、僕の股間を覗き込んでいた。  
そこを隠そうとした手はやんわりと捕らえられ、代わりに柔らかい膨らみが両脇と背中に押し付けられる。  
魅了の力を持ったドライアードのいる、森の妖精界にでも迷い込んだら、こんな感じになるんだろうか。  
頭がボーッとして、どんどん他の事が考えられなくなってくる。  
「エキュー、目を閉じて、下さい……」  
正面に向き直ると、シルヴァーナさんが僕の首に腕を回し、顔を近づけてきている。  
閉じろと言われても、彼女の緊張に震える長い睫や、艶やかな唇の美しさから、僕は目を離す事ができない。  
薄目を開いたシルヴァーナさんの瞳と目が合った瞬間、僕の口元に彼女の唇が重なった。  
 
「……シルヴァーナさんっ!」  
「きゃっ! ……んっ、んんっ!」  
我慢できなくなった僕は、シルヴァーナさんの背中を抱き寄せて、今度は自分から唇を奪った。  
上下の唇を吸い、顔を斜めにして強く押し付け、むさぼるように口付けをする。  
驚きにぴょんっと立った耳の先端が、僕がキスを続けるうちに、またくったりと折れ曲がってくる。  
息の続く限り唇を重ね、一旦頭を後ろに引いて解放すると、シルヴァーナさんは大きく息をついた。  
「はぁっ、はぁ……。エキュー、そんなに激しくされては、私、息ができませんわ……」  
「す、すいません、つい……」  
至近距離で抱き合ったまま、僕は息を弾ませるシルヴァーナさんに小さく頭を下げた。  
だけど、彼女の顔には責める気配は無く、むしろ軽く開かれた唇が、僕を誘っているようにも見える。  
そこで今度は優しく上唇を挟み、小鳥が木の実をついばむように、口付けては離すという動きを繰り返す。  
そうすると、シルヴァーナさんも僕の動きに合わせ、甘く下唇に吸い付いてきた。  
「んっ、ふ、エキュー……。そう、このくらいの方が、私……んむっ」  
「シルヴァーナさん、素敵です……。んっ、ちゅ……、すごく、柔らかくて……」  
「んふぅ、むっ、ん、んぅ……」  
僕らのキスは徐々に深さを増して、自然と舌を絡めるようになっていった。  
最初はぎこちなかった呼吸も、何度も繰り返すうちに、心が通じ合ったみたいに揃ってくる。  
その間に、左右にいるお姉さんたちは、僕の足に片脚を絡め、両脇にくたっとしなだれ掛かってきた。  
二人の手は僕の内股をさわさわと撫で、時々、肩や鎖骨につうっと唇を這わす。  
後ろのお姉さんは、膝を立てて僕の身体を緩く挟み込み、前に廻した手で胸板を撫で回す。  
身体中を滑らかな女性の肌に包まれて、僕の股間はこれ以上ないほどに硬く反り返っていった。  
 
「シルヴァーナさん、僕、ここにもキスしたい……」  
「あ、やっ!」  
唇を充分に味わうと、続いて僕は、シルヴァーナさんの尖った耳に口付けしようとした。  
だけど、囁きながら耳元に唇を寄せると、突然彼女は高い声を上げ、ビクンと首を反らした。  
「どうして逃げるんです?」  
「あ、あの、私、人から耳に息を吹きかけられるのは、くすぐったくて駄目なんです!」  
「え? でも、そんなに強く吹いたりしてませんよ、このくらい……」  
「やんっ! でっ、ですから、とても弱いんです、私っ!」  
こちらの首に廻していた腕を解き、シルヴァーナさんは僕の胸を押し退けるように、手を突っ張らせた。  
普通に話すぐらいの吐息でも我慢できないらしく、僕の腕の中で大きく身をよじる。  
首を竦めて呟く声があんまり頼りなくって、僕はちょっと考え込んだ。  
嫌がる事を無理やりする気はないけれど、やっぱりそこは僕の憧れの部分だし、諦めるのは忍びない。  
それに、女性がくすぐったがる処は、実は気持ちいいポイントだ、っていうのも聞いた事がある。  
「えーと……。それじゃ、耳の近くではずっと息を止めておきますから、キスさせて下さい」  
「も、もう、どうしてエキューは、そこまで耳にこだわるのですか?」  
仲間達がいたら、即座に『長耳フェチだから』なんて茶々を入れてくるだろうけど、そんなんじゃない。  
「僕にとって、シルヴァーナさんの綺麗な耳は、ずっと憧れの対象だったからです!」  
他人が聞けば同じと思うかも知れないけど、僕の中ではゴブリンとワイバーンぐらい決定的に違う。  
「そ、そんなに真剣な目で力説されると……」  
僕の気迫が通じたのか、シルヴァーナさんは何だか複雑な表情をして、小さく眉を寄せる。  
「……判りましたわ。その代わり、絶対に息を吹きかけないで下さいね……」  
そしてきゅっと目を閉じると、横を向いて片方の耳を僕の方へと差し出してきた。  
 
「じゃあ、いきますよ……」  
「……んぅっ!」  
僕はすっと息を吸ってから止め、尖った耳の先端にちゅっと口付けた。  
それだけで、シルヴァーナさんは軽く唇を噛み、ぷるっと子犬みたいに身体を震わせる。  
「ちゅ、ん、んちゅっ……」  
「……ぅん! ふ、んんぅん!」  
唇で耳の外側を挟み、ちょっと引っ張るようにすると、細い肩を跳ねさせて、小さく息を洩らす。  
彼女はさっきみたいに逃げようとはしないで、ただ僕の腕の中で小さく身体を縮めて我慢する。  
そんな健気な姿に愛しさが込み上げてきて、僕は腕に力を入れて、ちょっとだけ強めに抱き締める。  
耳から唇を離して大きく息を吐くと、シルヴァーナさんはおずおずと顔を上げた。  
「も、もう、よろしいですか……?」  
「あ、やっぱりその、くすぐったかった……ですか?」  
「いえ、耐えられない程ではなかったのですけど、何か、むず痒いような感じがするもので……」  
シルヴァーナさんはそう言って、湯船の中でもじもじと太腿をすり合わせた。  
これって、感じてくれてたって事……だよね?  
どこか期待するような彼女の瞳に、僕の気持ちが更に昂ぶってくる。  
「でも、嫌だった訳じゃないんですよね?」  
「え、あ、はい……。ですけど、出来たらもう、耳は……んっ! あっ、ああっ!」  
とりあえず後半は聞かなかった事にして、僕は彼女の耳の先をはむっと口に含んだ。  
シルヴァーナさんの長い耳が、僕の口の中で網に掛かった小魚のように暴れる。  
けれど、ゆっくりと舌で窪んだ部分を舐めてあげると、すぐに彼女の唇から切なそうな喘ぎが洩れてきた。  
 
「ふむっ……。ん、んむぅ、んっん……」  
「や……、エ、キュ……ぅん! そ……、だっ……め、わたっ……くぅ!」  
僕はちゅぷちゅぷと音を立てて、シルヴァーナさんの耳をしゃぶり続けた。  
長い耳に舌を絡め、唇をもぐもぐさせると、彼女は僕の首に廻した腕にきゅっと力を入れる。  
たっぷりと唾液を塗りつけてから、ちゅるっと啜って喉を鳴らし、口全体でそこを味わう。  
他のお姉さんたちの手もどんどん大胆になり、交互に僕の股間のものを軽く掠める感じで撫で始める。  
むずむずする感覚に頭の半分を支配されながら、僕はシルヴァーナさんの耳から口を離した。  
「ん、はぁ……。エ、エキュー、私……」  
「……なんですか?」  
「い、いえ、何でもありません……」  
トロンとした瞳を覗き込みながら僕が尋ねると、シルヴァーナさんは思い直したようにかぶりを振った。  
言い出したくても言い出せないといった雰囲気から、僕は彼女の望みを正確に察する。  
「シルヴァーナさん。他のところも触っていいですか?」  
「あっ……」  
僕が代わりに言ってあげると、シルヴァーナさんは少し驚いたように目を見開いた。  
態度に出ていた事を悟ったのか、彼女はすごく恥ずかしそうに目を逸らす。  
「僕も、もっとシルヴァーナさんの事が知りたいんです。シルヴァーナさんの、全部を……」  
「エキュー……」  
心の底からの僕の言葉に、彼女は期待と喜びに震える声で、僕の名前を呼ぶ。  
「はい、……お願い、します。触れてください……」  
僕の首の後ろで指を組んだまま、もたれ掛かっていた体を起こし、シルヴァーナさんは小声で囁いた。  
 
「あふ……っ」  
背中に廻していた右手を引き戻し、胸の膨らみを掬い上げると、彼女の口から小さな溜息が起こった。  
ぷにょんと柔らかいそこは、思った通りに僕の手の中へすっぽりと収まり、吸い付くような触感を返す。  
「んっ、はぁ……」  
左手は背筋を伝って下へ向かわせ、小振りなお尻を優しく包み込む。  
繊細な曲線を指の腹で押せば、滑らかな肌の感触と、指を押し返す強い弾力が感じ取れる。  
そのままゆっくりと力を入れると、指の間からふるんと肉がこぼれて、僕の手が沈み込んでいった。  
「うわ、柔らかい……」  
「ん、っん、エキュー……。はっ、ん……」  
両手で感触を確かめるように身体を揉み解すと、シルヴァーナさんは可憐な吐息を洩らした。  
耳の奥に響く甘い響きに、他のお姉さんたちの視線も気にならなくなる。  
乳房を手の平でたふたふと波打たせると、触れていない方の膨らみも、それに合わせて小さく揺れる。  
僕の手の動きに従ってうねるほっそりとした肢体は、例えようもなく魅力的だった。  
「綺麗です、シルヴァーナさん……」  
「んっ、いや、そっ……んな、ことっ……」  
「本当です……。すごく、綺麗で、可愛い……」  
「やっ、んふっ……、いや、ですわ……。私、とても、おかし……く、なっ、んっ、んんっ!」  
僕の言葉に、シルヴァーナさんは更に頬を火照らせて、いやいやと首を振った。  
指の間で胸の突起をころころと転がすと、声を出すのを我慢しているのか、きつく下唇を噛む。  
両手を入れ違いに滑らせて、今度は左手を胸に、右手をお尻へと伸ばし、同じように愛撫する。  
撫でる度にシルヴァーナさんの身体は柔らかさと温かさを増し、まるで手の中で解けていくようだった。  
 
「んあっ!」  
お尻を撫でていた手を前に廻し、脚の間に差し入れると、シルヴァーナさんは耐えかねたように喉を反らした。  
指先がお湯とは違うぬめりを捕らえ、僕は思わず彼女の顔を振り仰ぐ。  
「え……? シルヴァーナさん、こんなに……?」  
「あ、いやっ、言わないで……! 私、こんな、恥ずかし……っ!」  
僕に濡れていることを知られて、彼女はぎゅっと脚を閉じ、泣きそうな声で叫んだ。  
だけど、僕の手は強く固定された事で、かえってその場所に押し付けられる格好になる。  
ふわふわと漂う細い毛と、温めたバターみたいにトロトロになった外側の襞が、僕の指にまとわりつく。  
軽く指を曲げるだけで、シルヴァーナさんのそこは容易く僕の指先を受け入れていった。  
「ああっ、や、あぁっ!?」  
「恥ずかしがらないで……。もっと、もっと感じてください……」  
「やはぁっ、んっ、や、あんっ!」  
僕は中指を浅く埋めたまま、そこを覆い隠すように宛がった手を、ゆっくりと前後に動かした。  
シルヴァーナさんは強く背中を丸め、僕の首にすがり付いて、がくがくと身体を震わせる。  
「いっ……や、あくぅっ! 私っ、こっ……な、んはっ、はしたな……っい、声っ……!」  
「いいんです……。もっと、シルヴァーナさんの声、聞かせて……」  
「だめぇっ! あっあ、エキュ、だっ、あ、ああぁん!」  
人差し指と薬指で両脇の襞を挟み、擦り合わせるように指を蠢かせると、彼女の身体がビクンと跳ね上がった。  
逃げようとする腰を左手で引き寄せて、僕はもっと声を引き出そうと、手首を細かく左右に揺らす。  
中指を更に掌の方へ折り曲げると、指がぬかるみの中から、こりっとした感触を探り当てる。  
そこに触れた途端、シルヴァーナさんの声は一気に高まり、奥からとろりとしたものが沁み出した。  
 
「すごい……。どんどん溢れてくる……」  
「やぁっ! あっ! あ! っあ! ああぁっ!」  
狭くて熱いシルヴァーナさんの中をまさぐりながら、僕はますます興奮を深めていった。  
周りのお姉さんたちも、彼女の喘ぎに影響されて息を荒くし、身体を強く押し付けてくる。  
お姉さんたちの手は奪い合うように僕のものを握り、そこを緩やかにしごき立てていく。  
やがて両脇のお姉さんたちが何事かを囁き合い、ひらひらと片手を振るって精霊語の詠唱を始める。  
回らない頭を駆使して聞き取ると、それは水中呼吸の呪文だった。  
「あの、シルヴァーナさん、この人たちは何を……?」  
「はっ、あ……。わ、私の、お手伝い、だそうです……」  
「お手伝い?」  
僕が手を止めて訊くと、シルヴァーナさんは息も絶え絶えに答えた。  
問い掛ける僕の視線に妖艶な笑みを残し、お姉さんたちはとぷんとお湯の中に潜っていく。  
そのまま僕の股間に頭を突っ込んでくるのを、両肘を上げておろおろと見下ろす。  
「あっ、あのっ、ちょっとっ!?」  
「私が出来ない分を、補ってくれるだけですから、エキューは気にしないで……」  
「いや、気にするなったって、……うっ、うあっ!」  
左右から柔らかな唇で先端にキスをされ、僕の口から情けない悲鳴が洩れた。  
交互に強く吸われる度、僕の意思とは無関係に腰がビクビクッとする。  
「ちょ……、そんな、くっ……うう!」  
更にちろちろと舌を使いながら、押し付けられた二つの唇が、幹の部分を根元まで下がっていく。  
背筋をぞくっとする快感が駆け上がり、僕の頭の奥で白い火花が散った。  
 
「エキュー、お願い、手を、止めないで……」  
「はっ、はいっ……!」  
「あんっ! んっ、ふ、んうぅん!」  
甘い声で求められ、僕は他のお姉さんたちに責められながら、シルヴァーナさんへの愛撫を再開した。  
身動きが取れないほどに絡みつかれた状態で、かろうじて自由になる指先をのたくらせ、中を掬い上げる。  
指にまといつく肉襞の感触と、股間に走るじわじわっとした快感が、僕の頭を酔わせていく。  
後ろで僕を抱きかかえているお姉さんは、円を描くように胸をすり寄せ、両手で僕の胸の突起を弄る。  
しなやかな指先にくるくると捏ねられ、僕の乳首も硬くしこっていった。  
「くぅっ……、ふ、うあ、こっ……んな……」  
「あっ……! エ、エキュー、手を、止めては、いやですっ……」  
「わっ、かって、るん、ですけ、どっ……!」  
送り込まれる快楽に気を取られ、僕の手の動きは止まりがちになっていった。  
二本の舌で、幹の半ばから雁の辺りまでを丁寧に舐め上げられ、肌が粟立つような気持ち良さを覚える。  
漂う二人の髪が内股を撫で、くすぐったさが次第に快感へと差し替えられていく。  
目線を下に落とせば、興奮に赤く染まった長い耳と、突き出された桃色の舌がお湯の中で蠢いている。  
後ろのお姉さんは、僕の耳を軽く甘噛みしながら、色っぽい声で何事かを囁く。  
正確な内容は理解出来なくとも、そのしっとりとした響きから、何となく意味は読み取れる。  
「う……っく、シルヴァーナさんっ……!」  
「や、っあ、私、そんな、激し……くふぅっ!」  
自分の快感をぶつけるように、僕は指の動きを早め、シルヴァーナさんのお尻を強く掴む。  
すると彼女の入り口がきゅうっと狭まり、僕の指をきつく締め付けてきた。  
 
「はぁっ、はぁ、僕、僕っ……!」  
「や、くぅんっ! ひっ、う、あっ、ああっ……!」  
僕は中指を掻き出すように動かしながら、親指でその上の肉芽をぐりぐりと押し潰した。  
シルヴァーナさんへの愛撫に熱を入れると、その分だけ他のお姉さんたちの責めも激しくなる気がする。  
もっと彼女に感じて欲しくて、僕はじゅぷじゅぷと指を出し入れし、中を掻き回す。  
するとお湯に潜ったお姉さんの一人が、僕のものをぱくっと口に咥え込んだ。  
「くっ!?」  
すぼめられた唇が僕の幹を取り巻き、ぬたっとした粘膜が先端を取り巻いて、僕の理性を蕩けさせた。  
ゆっくりとお姉さんの頭が動き出すと、その快感は更に強くなる。  
もう一人の舌は根元からその下の袋までを何度も往復し、腰の奥からムズムズする感覚を引き出していく。  
その感覚に引きずられ、僕は温かな亀裂の中に埋めた指を、強く激しく暴れさせた。  
「────っ! ──ぁ、あぁっ、──────、エ、キュー!」  
「くっ……、はぁ、はっ……く、ううっ!」  
「──、や、ぁ、────! ひぅっ、ん、あ……あ、ああっ!」  
夢中でそこを捏ね回すうちに、シルヴァーナさんの喘ぎ声にはエルフ語が混じり出した。  
僕の肩口に額を押し当てて切なげに頭を振り、首に抱きついた腕に力を込める。  
肉芽の裏側へ中指を伸ばし、親指とでそこをつまむようにして刺激すると、狭い入り口が更に締まる。  
「エキュ、ぅうん! ──、────……! や、ゃ、あぁあっ!」  
「う……っ、はっ、はぁ、シル、ヴァーナ、さんっ……!」  
手首をブルブルと震わせると、彼女のそこは息継ぎをするみたいに、開いたり閉じたりを繰り返す。  
奥からはとろとろとしたぬめりが次々とこぼれてきて、僕の指の動きを滑らかにしていった。  
 
「くっ、あ、まず……! 僕、そろそろ……うくっ!」  
一方、僕の方も他のお姉さんたちの妙に手馴れた責めを受け続けて、かなり限界に近づいていた。  
尖らせた舌先で、皮の継ぎ目から先端の割れ目をるろるろと舐められると、思わず声が出る。  
このまま出したいという欲求と、やっぱりシルヴァーナさんの中でという欲求が、僕の頭でせめぎ合う。  
そんな時、僕の気持ちを察したかのように、お湯の中に潜ったお姉さんたちが、僕のものから口を離す。  
そして、仕上げとばかりにそこへ軽くキスをすると、お湯の中から顔を出した。  
「え、あ……?」  
急に止められて僕が声を出すと、お姉さんたちは濡れた髪を掻き上げながら、色っぽい流し目をした。  
僕に向かってエルフ語で語り掛けてから、気だるげにお湯の中を移動して、湯船の向こう側に行ってしまう。  
背中をポンポンと叩かれて振り向くと、後ろのお姉さんも少し身体を引いて、目線で僕を促してくる。  
チラッとシルヴァーナさんを見てから横目で問い掛けると、お姉さんは妖艶な微笑みを浮かべて小さく頷く。  
その態度に最後の一押しをされ、僕はごくっと唾を飲んでから、シルヴァーナさんに囁いた。  
「あの、シルヴァーナさん……」  
「はぁっ、はっ、はい、なんで、すか……?」  
頭の上に呼び掛けると、シルヴァーナさんは顔を僕の肩に埋めたまま、頼りない声で答えた。  
動きを止めた僕の指をせかすように、彼女の中がきゅくきゅくと締まる。  
「もう、いいですか? その、シルヴァーナさんの、ここに……、僕のを……」  
「んんっ! あっ……」  
中からつるりと指を抜き、『ここに』の所でそっと入り口を縦になぞると、彼女の耳がピクンと跳ねる。  
「………………。はい、いい……です。して、下さい……」  
ほんの少しだけ黙り込んだ後、シルヴァーナさんの頭がコクッと上下に動いた。  
 
「それで、私はどうすれば……?」  
「こっちに来て下さい。こう、僕の上にまたがって……」  
「あっ、こう、ですか……?」  
僕は片方ずつ太腿を引き寄せて、ちょうど腰の横あたりに膝を突くように、彼女の脚を開かせた。  
シルヴァーナさんは僕の肩に両手を掛けたまま、こちらの指示におずおずと従う。  
「そうしたら、そのまま腰を下ろして……」  
「はっ、はい……」  
言いながら、片手を彼女の腰の後ろに廻し、僕の股間のものへと導いていく。  
もう一方の手でそれの位置を調節すると、先端がくぬっと彼女の入り口に突き当たった。  
「あっ! こっ、これが、エキューの……?」  
「そうです。後はこうして……」  
「つっ……!」  
柔らかい先端に続いて、硬い幹の部分を割り込ませると、シルヴァーナさんの口から苦痛の声が上がった。  
それ以上の侵入を拒むような強い抵抗に、僕は彼女が初めてだった事を思い出す。  
「あ、えと、やっぱり、痛いです……よね?」  
「えっ、ええ……。でも、大丈夫、です、からっ……」  
痛みをこらえて微笑もうとする健気な姿に、僕は堪らないほどの愛しさを感じる。  
「すいませんけど、少しだけ、我慢してください……」  
「はっ……い、我慢っ、でき、ます……っ!」  
出来るだけゆっくりと彼女の腰を引き寄せて、じりじりと様子を見ながら奥へと進む。  
シルヴァーナさんの中は吸い付くように柔らかく、同時に壊してしまうんじゃないかと思うほど狭かった。  
 
「はっ……、ああ、入っ、たぁ……」  
小さなお尻が腿の上に落ち着き、ようやく根元近くまで彼女の中に収めると、僕は安堵の溜息をついた。  
温かな内部は僕のものを隙間なく包み込み、みっしりと締め付けるような感触を返す。  
シルヴァーナさんは僕の背中に立てていた爪を外し、薄く涙を浮かべた瞳を向けてくる。  
「あ、エキュー……。これで、私達は、結ばれた……の、ですか?」  
「……はい。シルヴァーナさんと僕は、もうしっかりと繋がっています。……分かりますか?」  
「ええ、分かり……ます。私の中に、とても硬くて、温かいものが……」  
まだ辛そうな彼女の目尻から新たな涙がこぼれ、紅潮した頬をつうっと伝い落ちる。  
鼻先が触れ合うほどの距離で、宝石のような瞳を覗き込み、強張った背中を宥めるように撫でてみる。  
「まだ、痛いですか……?」  
「いいえ、これは、嬉しくて……。やっと想いを遂げられたのですもの……」  
そう言うと、シルヴァーナさんは眩しいほどの笑顔を浮かべ、僕の胸元にしなやかな身体を預けてきた。  
二つの控えめな膨らみがくにゅっと胸板で潰れ、寄り添った肌から互いの心臓の音が伝わり合う。  
彼女が息を吐く度に、痛いぐらいの締め付けが段々と緩んでいき、僕を歓迎するようにぞわっとなびく。  
「僕も、嬉しいです……。シルヴァーナさんと、こんな事が出来るなんて……」  
「んぅっ、あ……っ」  
僕はシルヴァーナさんの身体を揺すり上げるようにして、ゆっくりと腰を動かし始めた。  
ほんの小さな動きでも、全体を取り巻く肉が締め付けているお陰で、気が遠くなるほど気持ちいい。  
「んっ、ふぅ、くっ、エ、キュー……」  
シルヴァーナさんも、時々痛みに眉を寄せるけど、続けてくれて構わないと目線で訴える。  
彼女のお尻と背中を両手で抱きかかえ、僕は馴染ませるように少しずつ、腰の動きを大きくしていった。  
 
「エキュ、んっ、む……、っふ、はぁ……っ」  
「むっ、ぷぅ……っ、はっ、ん、くっ……」  
動きながら唇を重ねると、シルヴァーナさんもそれに応えて舌を絡ませてきた。  
中を掻き回すように腰をくねらせるのと合わせて、彼女のお尻を軽く動かし、更に奥を探る。  
彼女を気遣った緩やかな動きでも、身体も心も充分すぎるほどに満たされていく。  
互いの身体の間で、波打つお湯がたぱたぱと音を立て、温かい飛沫が跳ねた。  
「ん……、はぁ、エキュー、優しい……。私、身体、痺れて……、んっ、ふぅ……」  
「好きです……。大好きです、シルヴァーナさん……」  
「私、も……。こんな、んっ、温かな……気持ち、んぅっ、初めて……」  
シルヴァーナさんの顔からは徐々に苦痛の色が薄れ、穏やかな至福の表情へと変化していった。  
それにつれて、彼女の中は柔らかさと潤みを増し、僕のものが溶けていってしまいそうな感じさえする。  
ずっとこのままでいたい気もするけれど、自然な欲求はじりじりと膨らみ、もう破裂寸前になっている。  
僕は腰を突き上げながら、彼女のお尻を両手で抱え、引き寄せるようにして前後に揺さぶった。  
「あっ、んぅ! ん、あ、あっ!」  
動きを早めても、シルヴァーナさんはもう痛がる様子もなく、僕のものを従順に受け入れてくれた。  
それどころか、自分からもわずかに腰を使い、僕の射精を促すかのように、くきゅくきゅと締め付けてくる。  
言葉にしなくても、互いの態度と雰囲気から、求めているものが同じだという事を分かり合う。  
彼女の奥の奥まで先端を届かせて、そこで小刻みに腰を振り、最後の高まりへと突き進む。  
「……くっ、ううっ!」  
「あああぁっ!」  
小さなお尻をぎゅっと握り締め、僕はシルヴァーナさんの一番奥で、想いの全てを解き放った。  
 
              ◇  ◇  ◇  
 
「……ははは、な〜んてね。そんな事ある訳ないよなぁ……」  
何だかすごく虚しくなったので、僕は妄想をやめてガックリと肩を落とした。  
僕が今いるのは、エルフの皆さんが普段水浴びに使っているという、村の外れにある泉の中。  
周りにはエルフのお姉さんどころか、僕以外には人っ子一人いない。  
こうなったのには、勿論それなりの理由がある。  
シルヴァーナさんは、『エルフ風呂』というのを、文字通り『エルフの人が入るお風呂』と受け取ったんだ。  
そして、炎の精霊を嫌うエルフの人たちにとっては、お風呂イコール泉で水浴び、という事になるらしい。  
シルヴァーナさんにそう説明された時は、それはもう頭を抱えたい気分で一杯だった。  
でも、にこやかに『ゆっくり浸かって下さいね』なんて言われたら、それは違うとはとても言い出せない。  
第一、詳しく『エルフ風呂』の説明をしてシルヴァーナさんに軽蔑されちゃったら、それこそ本末転倒だ。  
そういう事情で、僕は一人寂しく水浴びをするという、トホホな状態になっているという訳だった。  
「考えて見れば、浮世離れしたシルヴァーナさんが、女体風呂なんて知ってるはずが無いもんなぁ……」  
二つ返事で了解してくれた時点で、少しもおかしいと思わなかった自分が、ひたすら情けない。  
その上、こんなオチをヒースあたりに聞かれたら、ここぞとばかりにからかわれるに決まっている。  
「やっぱり、感謝のキスとか、もっと分かりやすいお願いにするべきだったかなぁ……」  
未練たらしく呟いてみても、もはや後の祭り。  
ずっとここにいてもどうにかなる訳じゃないけれど、みんなの所に戻って笑われる事を考えると気が重い。  
「くうぅ、エルフ天国への道は、遠くて険しいなぁ。はあぁぁ……」  
水の冷たさが身に沁みて、僕は大きく溜息をついた。  
 
〜END〜  
 

簡単安心ビットコイン取引所 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 格安航空券