「ヒース! ヒース兄さんっ?!」  
イリーナの怒声が聖堂に響きわたる。  
「なんでしょうイリーナさん?」  
「また私が眠っている間、勝手にポリモルフかけましたね!」  
 
中年のヒースは16才のイリーナを見下ろし笑ってみせる。  
 
「うーん。俺様やっぱり若いイリーナと、しっぽりじっくりヤる方が楽しいからナー?」  
「あーなーた!! そのせいで気付かずにお買い物に行って、ご近所でヘンな顔されたじゃないですかぁっっ!!!」  
 
(メキョ)  
 
「グハァ…ッッ!!?」  
 
栗色の髪の少女が、魔術師ギルド名物のホラ吹き高導師を、拳ひとつで吹き飛ばした。  
 
「──あ〜あ、またやってるよ先生たち」  
「ホント懲りないね〜」  
 
離れた所でクスクスと笑いを噛み殺す『子女塾』の生徒たち。  
 
オーファンのファリス神殿は、今日も平和である。  
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 登録で安心ビットコイン取引所 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル