獣を抱く男の心理。獣とまぐわう女の心理。  
今まで考えたこともなかったが、俺にとって、イリーナを抱くというコトは、それに近い。  
『可愛いい』と『愛しい』と、思うものを『衝動』から抱く。抱きたいと、思う。  
しかしそれは背徳感がつきまとう。  
イリーナは俺にとって、ずっと『妹』だったから。  
『妹』が大切なあまりに、手放したくナイと思い。  
──『妹』を、抱きたいと、思ってしまったから。  
正確には実の妹ではないし、血も繋がってはいない。  
それでもイリーナが無邪気に笑いかける俺は、イリーナにとって『兄』で、『男』の俺ではないだろう。  
男と女。  
そう理解させてしまえば、この距離はどうなる?  
本当に、縮めるコトが出きるのか──?  
触れようと思えば、いつでも触れられる、距離。  
手を伸ばす。  
イリーナの耳を抓む。  
「?」  
一歩先を小鳩亭へと歩いていたイリーナが、怪訝そうに俺を振り返り、見上げる。  
───この距離。  
「なんですか?兄さん」  
イリーナが俺を、怪訝そうに気遣う様に見上げ、顔を覗き込む。  
「最近、ちょっとヘンです。元気ないです」  
「いや……」  
ナンデモナイと言おうとして、止めた。  
イリーナに気遣わせている。  
気遣われて『嬉しい』と思う反面、俺の心の内のイライラを、滲ませてしまっている事に気づく。  
そんなに俺は、追い詰められているのか。  
…少し、一人になって冷静になる必要がある。  
「あー…イリーナさん、俺様…ちょっと、ダルい。今日は帰るわ」  
「え?大丈夫ですか? それならマウナか、ガルガドさんに治して貰いましょう?」  
「いや、無理」  
「…へ?」  
『恋患い』は、神サマも生命の精霊も、手に余るだろ。  
いきなりイリーナが手を伸ばした。  
額に手が当てられる。  
不意をうたれて、顔に血が昇った。  
「…あー、熱はあまりナイようですが、顔が赤いです。ゆっくり休んでくださいね」  
つま先立ちして、背を伸ばすイリーナ。そうしなければ、イリーナの手は俺の額には届かない。  
「…おう」  
イリーナの手の感触に、邪な感情を抱き、それを押し隠すためにそっぽを向いた。  
額に当てられていたイリーナの手を、掴む。  
その手を離す──はずが、掴んだままだ。  
「兄さん?」  
これは───重症だ。  
 
内心を気どられぬ様に、さりげなく手を放して、まくしたてた。  
 
「イリーナさん、念の為に『サニティ』をヨロシクお願いできませんでしょうカ?」  
「『サニティ』ですか?」  
イリーナは目をパチクリとさせる。  
構いませんが…。  
そういって、イリーナがその大きな瞳を伏せて、祈る。  
その睫毛が、意外に長いことに気づく。  
胸の鼓動は、ずっと、治まらないままだ。  
 
───神サマ。俺に『イリーナ』をクダサイ。  
 
栗色の髪を最後の残像に、目を瞑る。  
次第に、するする、と、平静さが戻ってくる。  
切なさや苛立ちは、腹の底に、小さく治まってしまう。  
──それでも、決して消えてはしまわなかった。  
 
「…サンキュ、イリーナ」  
ぽそり、と呟いた。口の端だけを、皮肉気につりあげて笑う。  
イリーナはホッとしたような、笑みを見せた。  
 
「そうだ、兄さん。コレ」  
思い出したようにイリーナが手荷物から、小さな包みを出す。  
「チョコレートです」  
「ああ、そっか。今日だったな。…義理か?」  
受けとりながら、笑ってみせる。  
自嘲の笑みである事を、悟られないように。  
「えっと、まあ、義理ですけど、それひとつですから、皆には内緒ですよ?」  
「…なんでだ?」  
小さく驚き、問い返すと、えへへ、とイリーナは笑う。  
「失敗しちゃって……」  
「数がなくなった、か」  
その最後のひとつを──俺に。  
 
「あん? 失敗したって? 今年はちゃんと食えるのか?」  
「あ、ヒドイです。そんな事いうなら、もうあげない!」  
取り返そうとするイリーナに、包みを持った方の手を、高く掲げる。  
ピョンピョンと跳ぼうとするイリーナの頭を、反対の手で軽く押さえて阻む。  
「まあ、ちゃんと食えたら、来月にはオカエシしてあげよう」  
「むか! そんな言い方、意地悪ですっ」  
「わかった、わかった。…ありがと、な。イリーナ」  
 
胸の中に、小さく暖かいものが、降りてくる。  
 
静かに、雪が降り始めていた。  
少しだけ。  
ほんの少しダケ幸せな、今日はホワイト・バレンタイン。  
 
 

簡単安心ビットコイン取引所 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 格安航空券