『マウナさんのエロいバレンタイン』  
 
 
「ん、いい感じにチョコが溶けたわね」  
 
マウナは溶けたチョコレートの入ったボウルに小指を入れて、温度を計り、その指先についたチョコを、赤く濡れた舌でゆっくりと舐めとった。  
 
「それで、どうするんです?」  
 
どこかエロティックなマウナの仕草にドギマギしながら、ベッドに座ったままの男は聞いた。  
 
「わからない?」  
 
マウナが微笑む。  
今は恋人となった男の部屋に夜中に、訪れたマウナ。  
 
「バレンタインの夜に、恋人同士がすることといったら……ひとつでしょ?」  
 
妖しい微笑みを残し、チョコの入ったボウルを横に置いて、マウナは衣服を脱ぎはじめる。  
サラサラと艶のある長い金髪が背に、白い肌に散る。  
ハーフエルフとしては珍しい、豊かな、ふたつの胸が露わになり、ぷるんと、その頂きが揺れる。  
マウナは小指を濡れた赤い唇に這わせて、男にニッコリと微笑みかけた。  
 
「…こうするのよ?」  
 
ボウルに入っていた溶けたチョコレートを掬い、マウナは自分の躰に垂らして塗りつけた。  
 
頬から口許に、首筋から下腹に、太股にと、マウナの白い肌が茶色いチョコレートにコーティングされる。  
胸の先端は、サクランボか干しぶどうか。  
 
「どうぞ、好きなだけ食べていいわよ?」  
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 登録で安心ビットコイン取引所 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル