「ア……ッ!」  
イク直前、ヒースはイリーナの膣内(なか)からペニスを引き抜いた。  
汗ばんだヒースの裸の体がイリーナの抱擁から逃れ、イリーナの手は中空を彷徨う。  
引き抜かれたモノを求めて、ヒクヒクと蟲く秘唇が、涎を垂らす。  
「あ…。ヤだ…ぁ、ヒース兄さん…」  
「う、くっ…!」  
引き抜いた後は自らのモノを2度扱き、達して、ヒースは欲望を解放した。  
イリーナはその熱さを肌に欲していたが、狙いを誤ったのか、ヒースは白い精をすべて、シーツに溢した。  
栗の花にも似た匂いが、部屋の中に充満する。  
イリーナの嗅覚がそれをとらえる。耐えようもなく、切なくなる。  
体にかけて欲しかったモノ。味わいたかったモノ。その匂い。  
 
「あ…。兄さんの…ヒース兄さんのが…溢れちゃった…」  
イリーナは、うっとりと熱に浮かされたように身を起こす。  
裸の体を獣のように四ん這いにして、尻を高く上げ、顔を低くして、ヒースの股間近くシーツに溢された精液に舌を這わせた。  
ペロペロと、ヒースがシーツに零した精液を舐めとる。  
顔を前後させてシーツを舐める度に、ヒースの目前で、ゆらゆらと尻が揺れる。  
「?!バカ! ヤメロ、イリーナ! ナニやってるんだ、お前はっ!? みっともない…っ!」  
「だって…もったいないです。兄さんが…折角、兄さんが、私にくれたモノなのに…」  
うっとりとしながらも悲しげに、上目遣いでヒースを見上げる。  
シーツに溢れた精液を、愛しいモノを見る瞳で、舐めとり続ける。  
「この、馬鹿…」  
ヒースはしばらく放心し沈黙の後で、象牙色の髪を掻いて呟いた。  
「美味しいです。兄さんの…匂い。ヒース兄さんの…美味しい…んん」  
次第にシーツに這わせていた舌が、ヒースの内太股へと移り、体の中心に迫る。  
そして…イリーナの唇が、ヒースのアソコに触れた。  
「ん…っ! あ…イリーナ…」  
ペロペロと舐める。  
イリーナがハアハアと息を荒くして、ヒースの股間へと、深く顔を埋める。  
その息づかい、舌づかいは、ヒースのモノをダイレクトに刺激する。  
「イリーナ…。ん…ふ…っ!」  
「あ…もう。兄さんの、こんなにして。ふふ、兄さんの美味しい…。イヤです。零すのは、もったいない…です」  
うっとりと甘く囁くイリーナに、それ以上何もいえなくなる。  
快感に震え、ため息をひとつ吐く。  
 
尿道に残っていた精液をイリーナに啜りとられ、下半身と背筋が電流が流れたように痺れる。  
欲望に身を委ねるきる決意をする。  
イリーナの栗色の髪をポンポンと軽く叩いて抱き寄せ、ぐりぐりと掻き撫でた。  
「あーもー、お前ってヤツは…どこまでエロ可愛いいんだ…。わかった。わかったから。  
 今度はお前の口に突っ込んで、いっぱいくれてやるから、ホラ……いっぱい舐め舐めしなさい。イリーナ」  
ヒースは自らのモノを掴み、イリーナの唇を割り、口に含ませた。  
嬉しそうにイリーナはヒースのモノを愛し気に、しゃぶり啜り続け、瞬く間に大きくする。  
唾液の糸がイリーナの唇と、ヒースのモノの尖端を伝う。  
何度も何度も、イリーナはヒース自身にしゃぶりつき、吸いたてて、両手で扱く。  
「そんなにイリーナさんわ、俺様のおちんちんが好きか?」  
ヒースが揶揄する。  
「ん…好きです。ヒース兄さんが…。兄さんの…おちんちん…大好き…」  
そんな猥語を口にするまでイリーナを調教するにも、時間がかかった。  
「ぁく…そろそろ、出る…イリーナ…」  
「あ…兄さん、私にかけて…! いっぱい、いっぱい、兄さんの熱いの…かけて…!」  
両手と顔全体でイリーナは、ヒースのモノに擦りつきながら、懇願する。  
ヒースはふと悪戯心をおこした。  
「ご主人様って呼んだらな?イリーナ」  
「ハイ、ご主人様…! 私に、ご主人様の、ねっとりして熱くって濃い精液を、いっぱいいっぱいかけて、汚して下さい…!」  
淫らに懇願するイリーナに、ヒースはイリーナの望み通り、イリーナに顔射した。  
顔に浴びせられるヒースの精液を、イリーナは恍惚とした表情で、大きく口をあけて受けとった。  
イリーナは嬉しそうに、口の中に精液を溜めて…呑み干した。  
 
 
その日からヒースは、イリーナに首輪をかけた。  
錠をかけて、さらにハードロックの魔法をかけた。  
もともとイリーナはチョーカーを愛用していた。そのせいだろうか。  
そのチョーカーが多少変わっても、そのコトを変に思い、感づくモノはいなかった。  
 
夜の闇に、シャラリと金属質の音が鳴る。  
ヒースがイリーナの首輪に犬用の鎖をつけて、クイッと曳いた。  
「散歩に行くぞ、イリーナ」  
「はい。ヒース兄さん」  
「今は、ご主人様、だ。イリーナ。ペナルティをつけるぞ?」  
 
「あんっ、ごめんなさい、ご主人様…」  
シャラリと音をさせて、ヒースが鎖をひく。  
たぐり寄せられた裸のイリーナの体が、ヒースへと引き寄せられる。  
その唇が、ヒースに塞がれた。  
イリーナの片足がヒースに大きく抱き上げられヒースの指がアソコに突っ込まれて、掻き回された。  
「あんっ!あ!あ、あふ。気持ちイイ…。気持ちイイです…ご主人様ぁ…!」  
「…こんなコトされても嫌がらないんだな、エロいイリーナさんわ」  
「嬉しいです、ご主人様…。だって、私のご主人様は…ヒース兄さんだけ」  
「うむ、当然だ。お前のご主人様は、俺様だけだからな…! 俺様から逃げようなど、考えないことだ。お前は俺様の、可愛いい愛玩用の牝犬。俺様の牝奴隷だからな!」  
さわさわと、栗色の髪を撫でられる。  
口ではいろいろと酷いことを言うヒースだが、イリーナはこんな時にヒースの意地悪さと優しさを同時に感じとる。  
「ハイ。こんなことされて私、嬉しいんです。ご主人様。……アアンッ!」  
「よしよし。今日もたっぷりと調教してやるぞ。牝犬なイリーナさんの、このビショビショなアソコに、ぶっといのをブチ込んでやるからな!」  
「ア…アアッ…はあ、嬉しいです! お願いしますっ…ご主人様ぁ…っ…!」  
イリーナがイク寸前で膣内をほじっていた指先を止め、お預けを食わせ、指をイリーナの膣内から引き抜く。  
「ヒァ…?! ご主人様ぁ…ん、ンン…ッ!」  
指先についたイリーナのラブジュースを舐めとりながら、ヒースはイリーナの膣に栓をする。  
たっぷりと媚薬を塗った張り型を、イリーナのアソコにブチ込んだ。  
「あぁぁん…っ!」  
快感にイリーナは、まだ未成熟な体をくねらせる。  
その下腹部はゆっくりと膨らみ、そろそろ目だってきている。  
 
子供のような体型のイリーナが孕んだ姿は、中々背徳的でそそられる。  
孕んだイリーナを首輪をつけて拘束し縛り、裸のまま野外で調教をする。  
それがここしばらくの二人の流行りだった。  
裸のイリーナの体にヒースの長めのマントを一枚着せると、イリーナはヒースの匂いに包まれて嬉しそうに笑う。  
「じゃあ行くぞ、イリーナ。続きは公園で、じっくりとだな」  
「あふぅ…ん。ハイ、ご主人様…」  
 
そうしてギルドの寮を抜け出すと公園へと向かって、オーファンの闇の中に二人の姿は滲み溶けこんでいった…。  
 
細くなった月あかりだけが、微かな光源。  
公園の森の木陰で四ん這いになり、イリーナは何度も壊される。  
 
「相変わらず強いしめつけがキモチイイぞ、イリーナ!」  
「ふぁい、あ…ぃあ…ふひっ…! もっと…ご主人様、もっとぉ…!」  
裸に首輪だけのイリーナが、尻を振りたくり、挿し込まれた張り型とヒースのモノを貪欲に絞りあげる。  
体液の飛沫が、ひと突きごとに飛び散り、僅かな光源に光る。  
イリーナの口内もヒースの指が入れられて、犯されている。  
「あむ…ぅふッ…ン!」  
ヒースの指を懸命に甘く噛み、舐め、啜る。  
上下の口から涎が滴り落ちるが、それを気にする余裕はまったくない。  
ヒース自身もイリーナの体に溶けこんだ媚薬の影響を受け、体がビクビクと反応していた。  
『俺様から逃げようなど、考えないことだ』  
ヒースの言葉が浮かぶ。イリーナは内心、笑った。  
逃げる必要なんてない。  
私が、ヒース兄さんを離したくないんだから。  
嬉しいんだから。  
兄さんと私の子。  
イリーナは微笑み、そっと命を孕み、膨らんだ下腹部を押さえた。  
激しく突きあげられ、えぐられる体内。体の奥を叩きつけられ、最奥に熱いシャワーを浴びる心地よさ。  
どこまでも濡れて柔らかく、キツク絞りあげられる体内。どれだけ出しても出しても、飽きることがなく病みつきになっていく。  
その快感に、二人の体はセックスの虜になっている。  
何度も何度もイかされ、馬鹿になってしまいそうなくらいに。  
それでもイリーナはヒースを求め続けていた。  
セックスに溺れていた。  
 
「ンん…んふぅ…っ! ひふ…っ アヒィッ!!」  
 
閉じた瞳が、快感で裏返りそうになる。  
 
嬌声が続く。  
オーファンの夜が、明けるまで。  
 
 
『終』  
 
 
 
 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 今日からビットコイン生活 Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル