ある日の宿の一室  
 
ユーリリア「ほら、よく見て。結構自信はあるけど、どうかしら?」  
トリム「はい・・えっと・・綺麗です。」  
ユーリリア「なんか反応が寂しい。やっぱり、いつも一緒にいるほうが好みかな?」  
トリム「あの、いや・・」  
・  
・  
・  
・  
・  
ユーリリア「それで、見ているだけ?」  
トリム「え、えっと、」  
ユーリリア「減るものじゃないし、触っても怒らないよ?」  
・  
・  
・  
・  
・  
ユーリリア「ねえ、今度はトリム君のも見せてくれない?」  
トリム「・・・これ、で、いいですか?」  
ユーリリア「凄いわねえ、真っ黒。こんなの使われたらどんな感じなのかしら?」  
トリム「え!?あ、そこまでするのは」  
ユーリリア「あら、可愛い。そんなに慌てちゃって、結構真面目さんなのね。」  
トリム「う、からかわないでください。」  
・  
・  
・  
・  
・  
・  
ユーリリア「トリム君、貴方のソレ、使ってみたい?」  
トリム「!・・・あの、駄目ですか?」  
ユーリリア「いいわよ、私も興味があるし。来て。」  
・  
・  
・  
・  
・  
・  
・  
トリム「いい、ですか?」  
ユーリリア「うん。そのまま、ゆっくりとね。」  
・  
・  
・  
・  
・  
・  
モニカ「2人で何してるの?」  
 
 
ユーリリア「トリム君にたのまれて『ライト』を実演中。ほら、ウィスプとはちがうでしょ?」  
トリム「シェイドを出して、『ライト』と相殺させてみたんだよ。」