「…ライオー様、行き倒れていた見ず知らずな私を助けていただいてありがとうございます…」  
「なに、たいしたことじないよ〜。立派な領主を目指してるし、当たり前のことしただけだよ」  
「でも…こんなことしかできないけど、せめてものお礼に…」  
 
…スルッ…ハラッ…  
 
「わっわっ!なにしてるの?だ、だめだって…わっ、ぼ、ぼくにはペルカナちゃんって言う人が…」  
 
…チュッ…クチュ…  
 
「ライオー様…今だけでいいんです。私にはこんなことでしかお礼できませんし、今だけでいいから、私を見てください…」  
「エ、エキドナ、さん…んぐっ…はむっ…んっ…」  
 
…クチュッ…チュッ…ジュルッ…チュッ…  
 
「っはぁ…ふふっ、ライオー様、どうですか?私のキスのお味は?」  
「っはぁはぁ…す、すごいよ、これがキスなんだね…」  
「あら?ライオー様は初めて?なら、私が筆下ろししてさしあげますわ」  
 
「えっ?あっ?でも…」  
「あら?私じゃイヤですの?」  
「ううん、そんなこと。でも、ペルカナちゃんが…」  
 
グッ…ガシッ…  
 
「他の女のこと考えちゃイヤ。ほら、私をよく見て…」  
「え…あっ…エ、エキドナ…あぁ…」  
「ね?いいでしょ?あなたの初めて、私にちょうだい」  
「…うん…うん!エキドナにぼくの初めての人になって欲しいよ!」  
「んふふっ、いい子ね。じゃあ、いっぱいしてあげる…」  
 
‥スルッ…モゾモゾ…ギュッ…  
 
「ひっ!」  
「あら?まだなにもしてないうちに、こんなに大きくしちゃって。いけない子ねぇ」  
「ひっ…そ、そうです。ぼくはいけない子なんです…」  
「ふふっ…そんないけない子にはお仕置きしなくちゃね。さ、手足縛るわよ?」  
「は、はい!お仕置きしてください!」  
 
…ギュッ…ギュッ…  
 
「これでよしっと…ねぇライオー?あなたの目の前にあるもの、わかる?」  
「こ、これが女の人の…」  
「んふふっ…そうよぉ…ね、今からまたがるから、舐めて気持ち良くさせてくれるわよね?」  
「うん!エキドナが気持ち良くなれるよういっぱい舐めるよ!…んぐぅ…」  
 
…ピチャピチャ…ピチャピチャ…  
 
「んっ…そ、そうよ…もっと激しく…」  
 
…ジュルッ…ジュルジュル…  
 
「あっあっ…そこよ!いいわぁ!」  
「じゅるっ…んぐっ…ぴちゃっ…じゅるっ…」  
「いいわよぉ!あぁん!いっちゃうぅぅ!」  
 
プシャァァァ…  
 
「うぷっ!…じゅるじゃるっ…ごくんっ…っはぁ…」  
 
「はぁ…あ〜よかったわぁ。初めてのわりに舐めるのうまいじゃない?…さ、あなたのも興奮してビンビンだし、食べちゃうわね」  
 
クチャ…クチュクチュ…  
 
「ほ〜ら、さきっぽ擦れてるのわかるぅ?あなたのがまん汁と私の愛液でぐちゃぐちゃになってあなたのイチモツ伝って流れ落ちてるわぁ…」  
「はぁはぁ…うっ…気持ちいいよぉ…ね、ねえ、早く…エキドナ、ぼくの早く食べてぇ!」  
「ふふっ…よ〜く見ててね…いただきま〜す!」  
 
ズプッ…ズププププ…  
 
「あっあっあぁぁ!入っていくよ!ズブズブってエキドナの中に!あぁ!す、すごいぃぃぃ!!」  
「きゃうぅん…な、なかなかおいしいわよぉ。んふぅ…じゃ、動かすわよ…」  
 
ニュチュッ…ジュプジュプ…  
 
「ひぃ!な、なんか色々吸い付いて…絡まって…擦られて…はひぃ!ひぃ!す、すごいぃ!お、おかしくなっちゃうよ!ひぃぃ…」  
 
ジュッポジュッポジュッポ…  
 
「ほらほらっ、いつでも出していいからね?何度でも。いっぱい、中に出してね」  
 
ジュポジュポッ…ジュポジュポッ…  
 
「ひっひっ!…だ、だめ!我慢できない!いっちゃう!いっちゃう!いっちゃうよぉぉぉ!!」  
 
ドピュッ!…ビュルビュルッ…ドプッ…  
 
「ひゃっ…きゃぅぅぅん!!あぁ!!…いっぱい、でてるぅぅ…」  
「はっひっひっ…っ!ひゃうっ!エ、エキドナ!?そ、そんな締め付けられたら…ひぃ!…」  
「んふふっ…まだだめよ〜まだ足りないわ…まだまだいっぱい、いっぱい出してもらわないと…」  
 
グチャグチュ…ヌチュ…ヌチュ…  
 
「うわっ!すごい、すごすぎる!あ〜!エ、エキドナ!エキドナぁぁ!!」  
 
「んふっ、久しぶりだったから、エキス絞りすぎたかしら?」  
「…むにゃむにゃ…はっ…くっ…エ、エキドナぁ…気持ちいいよ〜…んくっ…むにゃむにゃ…」  
「お馬鹿な子供だこと。夢の中まで私に抱かれてるなんて…  
さ、このエキス使って明日は私の子供たちを生み出さないとね…まっててね、愛しい人…」  
 
 
「ひぃ!?な、なにコレ?…」  
「ままぁ!」  
「う、馬とあわせてケンタウルスになるかと思ってたら…な、なんで姿はライオーでイチモツだけ馬並みになるのぉ!!」  
「ままぁ、ぼくのおちんちん、ままの中に入れたくてたまらないよぉ。動かないでね?」  
 
グイッ…ズブッ…ズブブブ…  
 
「え?ちょ、ちょっと!きゃっ…んっんっ…あ、エキスの相手は…はぁんっ…え、選ばないとね…ひゃうぅ…でも、コレもいいかも…ぶっとくて…中がえぐれる…あひぃ…ひゃぁんっ!」  
 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 今日からビットコイン生活 Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル