エア「ふ、ふん。いいわよ別に恋人なんてっ! 私の事なんてソラがちゃんと独り立ちできてからでも十分!」  
メッシュ「何も自ら嫁かず後家宣言などしなくても……可哀相に」  
エア「ちょっとソレどーいう意味!?」  
ソラ「お姉ちゃんの言う通りの人生歩む気は無いけど、メッシュさんに言われるとそれはそれで腹立つの」  
ムーテス「でも、本当に浮いた話の一つも無かったのかい?」  
エア「うっ……そ、それは、その……ごにょごにょ」  
ジーク「なんだ、男と付き合った経験はあるんだ」  
ソラ「お姉ちゃん、見てくれだけは抜群だから言い寄る男は多いの。ただ中身がコレだからすぐにダメになっちゃう」  
メッシュ「でしょうねえ。コレと付き合える男性なんて、それこそ聖人君子でもなければ無理でしょう」  
エア「メッシュ、次に貴方が負傷したらハートの代わりにフォースね」  
メッシュ「いやあ、こんな素晴らしい女性を蔑ろにするなんてルーフェリアの男性は見る目がありませんなあ!」  
ソラ「それに加えて男運も悪いし。私の知ってる限りでは、最長で三日。最短は2時間」  
ジ・メ・ム「「「にじかん!?」」」  
エア「あ、アレは神聖な湖の畔でゴミの投げ捨てなんてするからつい弓を……ってソラ! なんで貴女が知ってるの!」  
ソラ「結構有名な話だし。『ルーフェリア神殿で恋人にしたくない美人アンケート』第一位を不動にした逸話だよ?」  
ムーテス「ぷっ、あはははははは! エアさんらしいといえばらしい!」  
メッシュ「というかデートに武器持参ってその時点でダメダメですね。その分だと服装もいつもの神官服だったのでは?」  
エア「……くっ。なんかたまーに同僚が微妙な視線と笑顔を送って来てたのはソレが理由か……」  
ジーク「俺はちょっと意外だったなあ。エアのスカッとした性格は好きだし、普通に付き合いたいって思うぞ」  
メ・ム・ソ「「「………………」」」  
エア「…………………………えっと。その……うん、まあその、あ、ありがと」  
ジーク「ん、何だよ皆して。俺、ヘンな事言ったか?」  
ムーテス「いや、別に?(出たよ)」  
ソラ「うん、何も(出たの)」  
メッシュ「いたって普通ですね(さすがです、ジーク様)」  
エア「こ、この話はもうおしまい! ほら男ども、さっさと野営の準備する!」  
ジ・メ・ム「「「へーい」」」  
エア「(わ、私とした事が……いきなり『好き』とか言われてビックリした……)」  
ソラ「お姉ちゃん、顔が赤いよ?(ニヤニヤ)」  
エア「っ!?」  
 

ビットコインがすぐに買える Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 仮想通貨取引登録業者 海外旅行保険が無料! 海外ホテル