「ぜひとも、うちの息子の嫁に……」  
「いや!それは、いやーっ!」  
「なぜ!それは、残念だからなの!?」  
「そ……ニゲラにはちゃんと相手がいるです!」  
 ニゲラはザックの母の手を振り解き、笑いながら見ていたジークにしがみつく。  
「……」  
 沈黙が降りる。  
 ニゲラに抱きつかれたままへらへらと笑うジーク。  
 険しい表情でニゲラを睨むエア。  
 ザックの母は三人の顔を順に見比べ、肩を落とした。  
「まぁ、そういうことなら……でも、うちの息子だって良い男だと思うんだけど?」  
「ニゲラはジークさんが良いんです」  
 エアの表情がさらに険しくなるのを見て、ザックの母はため息をついた。  
「うちの息子にその甲斐性をわけて欲しいわ。両手に花は大変だと思う思うけど、仲良くね」  
「それは誤解です、私はジーク……この男とはなんでもありません」  
 エアはそう言い放ったが、ニゲラを睨みながらでは説得力はなかった。  
 
 
グリンの村に戻るまで、ニゲラはジークの手を掴んで離さなかった。  
(もう良いんじゃないの?あのおばさんもニゲラのことは諦めたみたいだし)  
(小さい村ですから、お芝居だってばれたらすぐに広まっちゃいます)  
 道中、エアが囁いたがニゲラは態度を変えなかった。  
(俺はこのままでも構わないぞ)  
 嬉しそうなジークをエアがきつく睨むが、こちらも態度を変えない。  
(ねえジーク、ニゲラも貴方の好みからは外れるんじゃないの?)  
(別にそんなこと無いぞ)  
(……)  
 エアは自分の胸元とニゲラの胸元を見比べた。  
 そういえばルー様がマジックアイテムで姿を変えたとき、ジークは大喜びしていた。  
 ドレイク姉妹に迫られたときの「胸が大きい女は嫌い」と言う叫びはその場しのぎの嘘だったのか?  
 それともまさか、ニゲラや自分や、変装したルー様は「胸の大きな女」には入らないのか?  
 さっぱり判らない。  
 
 
 
「わかりました、僕たちのレースに協力してもらえた、信頼できる方として、グリンの村長に責任を持って進言します。……そして、ソーラリィム様のところまでご案内します」  
「様付け!?」  
「ナニやったの、あの子!」  
 ラシーの言葉に一同はどよめいた。  
「まぁそれはあのナイトメア本人に聞くのが一番でしょう。明後日のレース後ということでよろしいのですかな?」  
「はい。申し訳ありませんがそれまでは、村長に進言しても通らないでしょう」  
「そりゃそうでやす、まだレースを無事に行えると決まったわけじゃありやせん。他の出走者への脅迫だけで済むとは限りやせんからね」  
「つまり、我々はそれまでラシーさんを護衛することになるわけです。さらに報酬アップ!……とりあえず宿をお借りできますかな?」  
「駄目に決まってるでしょう、明後日にお嫁さんが来る家よ?ラシーさん、軒先……と言うかこの家の近くをお借りして良いでしょうか?」  
「構いませんが、追加の報酬となるとどうして良いか……」  
「んー、それは良いや。レースが無事に行われるようにって依頼なんだから、それまでの護衛も込みで、ソラに会わせてもらうことが報酬で構わない」  
「ありがとうございます」  
 
 
 
「じゃ、ニゲラはジークさんと同じテントですね」  
 いつものように二張りのテントを張り終えて、ニゲラがまたもジークの手を取った。  
「そりゃそうだな」  
(……ニゲラ、危険よ?)  
(どうしてですか?ジークさんとニゲラは恋人同士なんですよ?)  
(そこまでお芝居しなくても良いでしょうって言ってるの)  
(だって、決まった人って言っちゃいましたから)  
「それじゃエアもいっしょで。そっちはメッシュとイスミーな」  
「承知いたしました。夜半の見張りはわたくしとウサギが担当いたしますので、どうぞごゆっくり」  
「ちょ、ちょっと」  
 エアは抵抗を試みたが、ジークに手を引かれニゲラに背を押されてはどうにもならなかった。  
「……どうすんのよ」  
「どうもしない。夕食が済んだら夜中までこの3人で見張りを担当して、その後は一緒に寝るだけだ」  
「ジークさんは女の子を食べないですから、安心ですね」  
「ニゲラ、それは誤解よ。この男は女の子と見ると片っ端から」  
「でもこないだも、寄り添って寝ても何もされませんでしたよ?」  
「……それは、そうなんだけど……」  
 
 
 
「んじゃイスミー、メッシュ。あとは頼むぞ」  
「おやすみなさーい」  
「……」  
 見張り当番を終えた夜半過ぎ。  
 硬直状態のエアはジークとニゲラによってテントへと運び込まれた。  
「エアさん、そんなに期待してるんですか?」  
「怖がってるのよ、乙女の危機よ!」  
「えーと。俺はパーティーの女の子には手を出さないぞ?実績もあるだろ」  
 ランタンの淡い灯りの下、ジークは憮然とした表情だった。  
「あの、ジークさん。それって……」  
「俺なりのルールだよ。同じパーティーの中で色恋沙汰を起こさないって」  
「それで、ニゲラが背中に寄り添って寝ても何もしなかったんです?  
 じゃ、パーティーメンバーの間は大丈夫なんですね」  
 言うと、ニゲラはスケイルメイルの留め金に手を掛けた。  
 じゃらじゃらと音を立てながら緩めてゆく。押さえつけられていた大きな胸が揺れる。  
「ふーん、ニゲラの胸って半分くらい筋肉なのか?」  
「ちゃんと柔らかいですよ?でも見せません」  
「うん、見ないから。どうしたエア、体調悪いのか?」  
 呆然と座り込んでいたエアは顔を赤くして、口を盛んに開閉していた。    
「……じゃ、ソラがあんなに一生懸命にジークの気を引こうとしてたのって……全部無駄だったの?」  
「あいつ、そんなことしてたのか?」  
「……ソラさんとは面識ないですけど、ちょっとそれは可哀想……」  
「念のために聞くけど、ジークは私の妹のことをどう思ってるの?」  
「パーティーの大事な仲間」  
「そうじゃなくて、女性としてよ」  
「パーティーの仲間である限りは、そういう見方はしないことにしてるんだ」  
 ジークは顔をそらしながら答えた。  
「ふーん……ジークさん、実は結構我慢してますね?」  
 ニゲラがジークの腕を取り、シャツに包まれた大きな胸に押し付ける。  
「それが判ってるなら苛めないでくれよ。俺、若いんだぜ。今までだって美人姉妹と旅してきて、結構辛かったんだから」  
 顔を赤らめたジークは腕を引く。  
 
「あの……ジーク。私やソラに、魅力を感じてくれてはいるの?」  
「ニゲラはどうですか?」  
「そりゃ、3人とも良い女だからな。同じパーティーのメンバーだったことを、残念に思ったことも何度かある。  
 なあ、ニゲラもエアも勘弁してくれよ」  
「何度か?」  
 エアはジークを見つめ、尋ねた。  
「……しょっちゅう……おい、勘弁してくれ。意識しちまうと、寝るのが辛くなるんだ」  
 エアはしばらく俯き、やがて顔を上げて言った。  
「今回の仕事が終わったら、わたしは神殿に戻るわ。このパーティーから抜け、きゃっ……ん」  
 ジークはエアを抱き寄せ、無言で唇を奪った。  
 もがくエアの背に片手を滑らせ、豊かなヒップを優しく撫でながら引き寄せる。  
「あの、お二人さん。ニゲラも居るんですけど……」  
 ジークはエアのヒップを撫でていた手でニゲラを招き、抱き寄せた。  
 エアが抵抗する向きを変え、ジークの胸板を押しのけるのを止めてニゲラをどけようと動いた。  
 その動きを確認するや、ジークはエアから唇を離す。  
「あっ……」  
 涙を浮かべてエアがジークの唇を追うが、ニゲラの方が素早かった。  
「ジークぅ、最初の夜いきなり浮気されるなんて嫌よ。私だけにして、お願」  
 再びエアと唇を重ねたジークにニゲラがすがりつき、女二人がかりでジークを押し倒す格好になった。  
 ランタンの灯りの下で金髪と青髪の二人がジークの唇を争う。  
「二人とも、大好きだよ。この仕事が片付いて、ニゲラの親父さんを見つけたら二人とも嫁に来てくれ」  
「……ソラは?」  
「もちろん、ソラも招くさ」  
 エアもニゲラも不服げな表情を見せる。  
「やっぱり、俺を独占したい?」  
「当然でしょ」  
「もちろんです」  
「そりゃ無理だ。エアもニゲラも普通の女性よりは体力あるのは知ってるけど、俺の嫁を一人でなんて無理だぞ。  
 俺、デーニッツ家の男だからさ」  
「……?」  
 
 揃って首をかしげたエアとニゲラだったが、翌朝にはジークの言葉の意味を体で学んで、納得していた。  
 
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 登録で安心ビットコイン取引所 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル