インテルメッツォ(間奏曲)  
 
 
「…イヤです」  
「なんでだ」  
「イヤだからです」  
「だからなんでいやなんだ」  
「…恥ずかしいからに決まってるじゃないですか」  
「何をいまさら……ほとんどぜーんぶお前のこと知ってるのに」  
「だって……そう、気分の問題です!」  
「俺としては、そんなお前の姿も見たいんだがなぁ」  
「う……そんなこと、言ってもだめ、で…す…ぁ」  
「ほんとにダメか」  
「あ、やん…そんなに、激しく……」  
「ほれ、答えて、無いぞ」  
「ダメ、で、す…」  
「…ちっ、強情なやつだな」  
「何とでも、言ってく、ださい!」  
「うお!なに、しやがる…はっ、うぅ…」  
「おかえし、ですよ。知ってるんですからね。こことか、ここが弱いこと」  
「はなせ…ふ、…くそっ……」  
「往生際、わるい、ですよ」  
「ハァ…ハ…ん…それは、お前も…うぐ…だろうがぁ!」  
「きゃ!…ひゃぁん!」  
「くっくっく、形勢逆転だな。さて、どうしてくれようか」  
 
「けど兄さん……、いっつもそう言うくせに、優しいんだから……」  
「……」  
「私を大切にしてくれてるから、こんなことしてるんだから」  
「……う、や、やめい!むずがゆいわぁ!」  
「照れてるてれてる…。でも、本当だよ」  
「イリーナ、お前さんは俺様のことを微妙に誤解してないか?」  
「してないよ。ヒース兄さん、捻くれまくってるから、勘違いされやすいけど…」  
「『捻くれまくってる』てーのは、余分だ余分」  
「それは無いから。…勘違いされやすいけど、すっごくすっごく優しいもん」  
「……まじめにやめてくれ。精神がゴリゴリ削られるから」  
「そうですか。なら言うのやめますから、その前に兄さんが言ってたことは忘れて、続き、しましょう?」  
「ちぇ、今回は無理か」  
「……兄さんは照れ屋さんで背が高くて格好よくて優しくて頭がよくて子供が好きで面倒見がよくて――」  
「いりーなサン。ボウヨミですヨ。ホンキデやめてクダサイ。オレサマノせいしんガモチマセン」  
「なら、もう言わないでくださいね」  
「…あー判った判った。“今日は”もう言わん。これならいいんだろ」  
「なんか引っかかるものがありますけど…まあいいです。――ん」  
「ふ――ちゅ…」  
イリーナがヒースの下からその顔を取り、キスをする。  
すぐに互いの唇の隙間で舌が絡み、ぴちゃぴちゃと湿った音が空気に響く。  
 
まさしく『バカップル』としか言いようの無い痴話げんかを繰り広げていた元幼馴染、現恋人の  
いつもの睦み事の光景だった。  
 
「ねえ、兄さん」  
「ん、なんだ?」  
「私のこと、どう思ってるの?」  
「……」  
「ねえってば」  
 
自他共に認める恋人同士のくせに、いまだに互いへの『好き』という言葉を声で伝えていない。  
幼馴染でつーかーな状態が長かったせいだろうが。  
そんなのでいいのだろうか。  
…まあ、いいのだろう。  
こんなものだろう。  
この二人の場合。  
   
えんど  
 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 今日からビットコイン生活 Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル