「ベルカナ、ちと聞きたいことがあるんだべが・・・」  
「あら、なんですの?」  
「『出張ホスト』って何だべ?」  
「ほ、ホスト!?」  
「んだ。ギルドから『お前でもできる』とか言って仕事が廻って来ただ」  
「まさか受けたんじゃ・・・」  
「いんや、まだだ。報酬は良いんだけども、肝心の内容が解らないもんでな」  
「ギルドから説明は?」  
「『行けば解る』って笑いながら言うだけで、詳しい事は何も教えてくれなかっただ」  
「・・・マロウ、悪い事は言いませんわ。貴方は普通に働きなさいな」  
「だども給仕や街道整備の稼ぎじゃ、金は貯まらねえだ。この『ホスト』って仕事さこなせば、村に仕送り出来るだ」  
「だからって・・・」  
「頼むべ、ベルカナ。おらぁ村の人に恩返しがしたいんだ」  
「・・・解りました。教えて差し上げます」  
「おおっ!恩にきるべ」  
「その、『ホスト』と言うのはですね」  
「ふんふん」  
 
「─と言う訳ですの。お解りになりまして?」  
「・・・あ、ああ。解っただ」  
「解ったんなら地道に給仕の仕事でも探してらっしゃいな」  
「はぁ・・・しがたねぇ、そうするべ」  
「・・・お待ちなさいな」  
「何だべ?」  
「これから闘技場に行きましょう。運が良ければ仕送りのお金が稼げましてよ?」  
「おらはマーファさまの─」  
「多少の事には目をつぶりなさい。何なら、貴方は私の付き添いと言う事で」  
「だども」  
「良いからいらっしゃい。レディの誘いを無下にしない事ですわ」  
「わ、引っ張らないでくんろ〜」  
 
 
 
「そう、そこですっ!ああっもうっ!何でそこで下がりますの!?」  
「お、落ち着くだよベルカナ」  
「きゃ!ちょ、ちょっと、どこを触っているんですの!」  
「わ、わりぃ」  
「まったく・・・」  
「ベルカナ」  
「何ですの?」  
「ベルカナって着痩せする方だったんだなぁ」  
「─っ!」  
 
バキィッ!!  

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 登録で安心ビットコイン取引所 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル