ぽちゃん  
「ふー」  
 温泉に浸かりながら、ヒースは満足気にゆったりとと息を吐く。  
「あー。ごくらくごくらく〜」  
 柄にもなく、鼻歌など歌ってる。  
 ここはエルフの村のエルフ温泉。  
 隣で、エキューがエルフ風呂を堪能している間、ヒースも温泉を堪能していました。  
 
「ヒース兄さん」  
 と、突然の声。振り向くと。  
 
 そこにタオル巻いただけのイリーナさんがいました。  
 
 短い茶色の髪を後ろにまとめて布で丸めてます。シニョンとかお団子とかいうのでしょうか。  
 こうすると、うなじがはっきり見えます。  
 
「ナンノヨウデスカ?」  
 
 ガクガクと震えながらヒース。何かを怖がっているのか、内心の動揺を悟られないようにしているのか。  
「もう。ヒース兄さん。わたしも温泉に入りに来たんですよ」  
 ぽちゃっと遠慮なしに温泉に入り、肩まで浸かるイリーナ。  
そんな幼なじみの少女をヒースは唖然と見ていました。  
「なに見てるんですか?」  
 そんなヒースに、イリーナはニコリと笑いかけます。無邪気に。  
「い、いや・・・」  
 顔を紅くして顔を背けるヒース。  
そんな年上の幼なじみに、イリーナはくすりと微笑を浮かべる。  
「あー。いい湯」  
 温泉の中で、思いっきり手足を伸ばし、イリーナは天を仰ぐ。  
 
 少女の健康そのものの肢体を、ヒースは横目でチラ、チラと覗くように見ていた。  
 正直見とれていた。  
 まるで無駄のない良質な筋肉に覆われたしなやかな肢体。  
決してムキムキに見えないのは、童顔のせいだけでなく、余分な肉が本当に無いからだろう。  
 あの薄いタオルの下には、どんな秘密が隠されているのか。  
 ヒースの視線は無意識に、その胸元に注がれる。ぺたんこの鉄板のような胸へと。  
 
「ヒース兄さん♪」  
 
 と、楽しげな声。  
 ヒースの視線に気づいたかどうか。  
イリーナはバシャバシャと温泉の中を進み、ヒースの眼前に顔を突きつける。  
「どうしたんですか? 顔が紅いですよ」  
 そう言って、お湯に濡れた顔で見上げるイリーナ。首筋のうなじがモロに目に飛び込む。  
「い、いや・・・そのだな」  
 イリーナに間近で見詰められ。ヒースはさらに紅く染まる。むべなるかな。  
 
「いやー! もうやめてー!」  
 と、隣の温泉からエキューの悲鳴。  
「兄さん。エキューを助けなくていいんですか?」  
「いいんだ。ほっとけ。あいつが望んだことだ」  
 ヒースはぶっきらぼうに言い放す。己の照れを隠すように。  
「ふーん」  
 イリーナは呟くと、ヒースの横に座り、ピタッと寄り添う。  
「お、おい」  
 肌の温もりを直に感じ、ヒースはさすがに狼狽を隠せなくなった。  
「どうしたんですか? ヒース兄さん」  
 イリーナは相変わらず無邪気に言う。笑いながら。  
 
「ど、どうしたって・・・・その、なんだ」  
 しどろもどろになり、ヒースはそれ以上は言えなくなる。  
 
 −男と女が裸で同じ温泉に入るもんじゃない。  
 
 そう言うのは簡単だが、言い出せない。  
言うと、イリーナを『女』として認識していると認めるようで。  
 いや実際にイリーナは女なわけだが、ヒース『兄さん』としては、  
妹気分のままでいてほしいという気持ちもあるわけで。  
 
 そんな気持ちを知ってか知らずか。  
 
「ねえ。ヒース兄さん」  
 
 イリーナはピトッ、と顔をヒースの肩に乗せる。  
 
 その顔の柔らかさに、髪の柔らかさに、ヒースは  
 ビビクゥ! と小刻みに震え、心臓が飛び跳ねそうになった。  
 
 その衝撃はイリーナにも伝わったはずだ。  
   
 だが−  
 
 イリーナはそのまま、ヒースの肩に頭を預ける。  
布でまとめた茶色の髪からは、とても良い香りが鼻をくすぐる。  
 
 ああ、女の匂いなんだな、とヒースは思った。  
 そしてそんな匂いを出すようになったイリーナに、ちょっと衝撃と寂しさを覚えた。  
 
 大人になりつつあるイリーナ。  
 そしてもう子供ではないイリーナ。  
 
 どくん・・・どくん・・・・・  
 
 心臓を高鳴らせ、動けない喋れないヒースに、イリーナも黙って身を預けたまま動かない。  
 
(誘ってる・・・・のか?)  
 正直、ヒースにはイリーナの真意が図りかねた。  
 
 ただ子供の頃のようにじゃれているのか。  
 大人として誘惑しているのか。  
 
 目を閉じて肩に置くその表情からは、うかがい知れない。  
 
 兄貴分と一緒に温泉を楽しんでいるのか。  
 女として扱われることを待ち望んでいるのか。  
 
 ヒースには何も分からなかった。  
 あれこれ考えて、頭がのぼせたか。  
 急に視界がクラクラする。  
 でも今は動けない。  
 動くと、イリーナに『何か』してしまいそうで。  
 
「ヒース兄さん・・・・?」  
 
 心配そうなイリーナの声。  
 
 その声を聞きながら、ヒースの視界が完全に黒くなる。  
 
「ヒース兄さんの・・・・馬鹿。意気地なし」  
 
 最後にそんな言葉が聞こえたような気がしたが。  
 ヒースはもはや意識を保っていられなかった。  
 
 
 
「・・・兄さん・・・・ヒース兄さん・・・」  
 
 目を開けて、飛び込んできたのは、イリーナの紅い顔。  
 いつもと雰囲気違うのは、髪をまとめているからか。  
 頭の後ろには、柔らかな感触。  
「ここは・・・?」  
 どうやら温泉の側らしい。  
 明晰な頭脳で思い出しハッと顔を上げた。  
 
 どうやら今までイリーナに膝枕されていたらしい。  
膝の柔らかさが、今でも後頭部に残る。  
 
「大丈夫ですか? ヒース兄さん」  
 タオル一枚だけのイリーナが聞いてくる。  
「ああ。大丈夫だ」  
「そうですか」  
 イリーナは立ち上がり、さっと背後を向く。  
「それじゃあ。わたし先に上がります」  
 ととっと駆けて行くように去っていく。  
 最後に、ヒースの股間を指差して。  
 
「ヒース兄さんのエッチ♪」  
 指差された股間を見て、ヒースは紅くなった。  
 
 ちんこが勃起していた。  
 
(おしまい)  
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 登録で安心ビットコイン取引所 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル