屋敷の廊下で一人待つヒース。真正面にはドアがあり、その奥では人の動く気配がする。  
服装は結婚衣装そのままだが、コートやズボンには皺がより、タイも無造作に緩められていた。  
腕を組み、瞳を伏せて静かに待つ。  
しかし指先は二の腕上でせわしく叩きつけられ、内心の激しい苛立ちを示していた。  
なぜヒースがイラついているのか。  
それは、簡単なこと。  
一つは気を失ったイリーナの容態と状況。  
彼女が倒れた瞬間激昂し、我に返った時には既に抱き上げ走っていて。  
でも結局は、すぐに追いついてきたマウナと屋敷のメイドたちに力を失った体を託して。  
そして自らは、客室の前で待ちの体制に入るしかないからだ。  
時折物音が聞こえるが、まだヒースに声はかからない。  
でも今更――事後を残った仲間達に押し付ける形となってしまったが故に――離れにはもどれない。  
少なくとも、イリーナの状況を報告できなければ意味がないだろう。  
そしてもう一つ。妹分に対する、微妙な感情。  
ヒースにとっては、イリーナは妹だ。それ以上でもそれ以下でもない、はずだった。  
それがしだいに揺らいできている。  
先日までは確固たるものだったその意識が、崩れ始めてきていた。  
原因は、幻像でごまかすはずだった、誓いの口付け。  
事故ともいえる状況で、結局はキスをしてしまった。  
普段のイリーナのままだったら、ココまでの動揺はないだろう。  
 
でも、あの時のイリーナは、花嫁衣裳を身にまとい、何時もの妹分とは明らかに違っていて。  
……はっきりと言ってしまえば綺麗だった。  
妹ではなく一人の女という事を、初めて認識してしまった。  
結局はすぐの襲撃のせいで、うやむやになってしまっていたが、こうして一人になってしまうと、  
ドレスアップしたイリーナの姿や、不意なキスの事が脳裏にちらついてしょうがない。  
こんな二つの苛立ちに翻弄され、いつまでたっても過ぎない時間を、じりじりと待つしかなかった。  
 
 
 
待ち始めて、どのくらいの時間がたったのだろうか。  
真正面のイリーナが通された客室の扉が開いた。  
長かったような、でも経過してしまえば、短かったような気もする。  
花嫁衣裳のドレスを準備していた二人のメイドが出てきた。  
客室の中に向けて一礼。そして、ヒースの方を向いて、かすかに笑って頭を下げる。  
長い廊下をワゴンを押して歩き始めた。  
腕組みをとき、ヒースの視線は客室の中へと向かう。  
続いてマウナが廊下へと出てきた。そして、扉を閉めてしまう。  
「イリーナは?」  
ヒース自身も呆れるほど、情けない声が出た。  
「はいはい、あせらない」  
「俺はあせってない」  
「あせってる。……まあ、そんな言葉遊びはどうでもいいわ」  
素直じゃない物言いに、マウナは小さく苦笑する。  
(まったく、本気で心配だったのねぇ。こんなヒース見るの、あの時、以来。久しぶりだわ)  
そう思ってガッとヒースの首を腕で取り、小脇に抱え込んで顔を近づけた。  
「着替えの途中で目を覚ましたから、大丈夫よ。緊張と疲れと……胸に受けたあの打撲ね。  
骨は折れてないけれど、かなりの衝撃が残ってたのが原因みたい」  
そう一息に伝える。  
 
「そうか」  
ヒースは固い声で一言、そう返す。でもその表情は明らかに緩み、安堵をうつしていた。  
「後はコルセット、かな? 相当無理してたみたいよ〜。外した時、慌てて深呼吸してたもの」  
「普段ドレスアップという女らしいスキルをまったくしていないからだな、うん」  
「どーして大丈夫と分かったとたん、そんな事言うのかしら?」  
「事実だし」  
まだ少しだけ固い口調のまま、何時ものような憎まれ口が滑り出してくる。  
調子が少しづつもどり始めているようだ。  
「まったく。イリーナに『綺麗』って言ってあげるのよ? やっぱり少し落ち込んでたから」  
わざとらしく大きなため息をついて、マウナがヒースの頬をつねりあげた。  
「じょーだん。なんであいつに……」  
「ほー、そういうこと、言いますか。……ねえヒース、口」  
「口?」  
指摘を受けたヒースが慌てて唇に指を置くと、指先に赤いものがついた。  
「血?……とは違うな…」  
「少しだけだけど、紅よ、それ。その色は、イリーナがつけてたグロスと口紅ね」  
そう言って、マウナがにやりと笑う。  
(あ、まず……)  
そう思うがもう遅い。  
ちょっとカンのいいものならば、何で口紅がついているかなんて、すぐに導き出せるだろう。  
 
間近に見えるその表情がそら恐ろしくて、今すぐ離れたい。  
でも抱え込まれた腕の力は予想外に強くて、上手いこと抜け出せない。  
「ま、あの時何が起こってそうなったかは聞かないから」  
「……ワカリマシタ」  
致命的な弱みを握られて、棒読み口調でかくかくとうなずくしか出来ない。  
「ご心配なく、どんな結果になっても、『言いふらしたりは』しないから♪」  
「おに……鬼がいる」  
「……レイ君、何か言ったかしら?」  
もうひとつの致命的な弱みを持ち出され、きりきりと心が締め上げられる。  
「うが……ナンデモアリマセン」  
「よろしい」  
半涙目状態で言葉を紡ぐヒースに満足したのか、やっとこさ彼女の腕が首を解放した。  
「じゃあね。後でお茶準備するから、持っていってあげなさい〜」  
マウナはひらひらと手を振ると、二人の距離が近いのに激昂し、突進してきたエキューを軽く避ける。  
そして再びイリーナの部屋へもどって行った。  
「ヒ〜ス〜。僕を差し置いてなんでマウナさんとあんな超至近距離で何話してたのさ。  
ほら言えさあ言えすぐ言え言いやがれ言わなきゃ絞めるーーー!!」  
ぐぎっとエキューに襟元を掴まれる。  
体格差と腕力差のせいで、ぎりぎりネックハンギングツリーにはならないが、的確に締め上げられる。  
さすがに一応手加減はしているのか、呼吸等には支障はなかった。  
「もう締めてるだろうが……」  
赤毛の元傭兵の怨嗟の視線と言葉を真正面で受け止め、唇を手で拭う。  
中途半端に屈み込むハメになったせいで、凝り固まってしまった腰を、親父くさくトストスと叩く。  
 
そしてエルフがらみ(ハーフのマウナ含む)の事となると、  
頭に血が上って普段のシニカルな冷徹さ全てを吹っ飛ばすエキューに苦笑した。  
「……『イリーナに《綺麗》って言ってやれ』だと」  
「――それだけ? その割には長かった気がするけど?」  
「あいつの容態の件と、説教付きだったから」  
もっともらしく、でも本当は違う事柄でごまかそうとする。  
自分の口に紅がついていたという指摘。  
幻像の中で、事故とは言え本当にキスしてしまった事に感づかれたなんて、素直に言えるはずはない。  
「ふぅん」  
さすがに冷静さを取り戻してきたのか、冷ややかな瞳でヒースを見る。  
「疑ってやがるな」  
「当然。でもま、確かにマウナさんの言ってる通りだね。褒めてないの、ヒースだけだし」  
唇をにやりと笑みの形にする。しかし、目は笑っていない。  
「一度言ったけどさ、イリーナは客観的に見ても、可愛いよ。少しでもその気があるなら、  
逃さない方がいい。気がついた時には、簡単に別の人に掻っ攫われるから」  
真剣な瞳の輝きと、口調。かもし出す雰囲気から仲間に対する気安さは消え、空気が張り詰める。  
「あいつとはただの幼馴染みだ。兄貴分で、妹分。それ以上でも、それ以下でもない」  
間髪入れずに答えるヒースの声は、わずかに緊張で震えている。  
「はいはい。そう言ったのに、引っ付くこともあるからね」  
「……いつ見たんだよ?」  
その緊張の原因は、待っている間にも感じていたことで、動揺で言葉が上手く出てこない。  
「傭兵時代。毛色の違うグループを幾つか渡り歩いたから、色恋沙汰はそれなりに見てる。  
掻っ攫われるのも、引っ付くのも」  
「……」  
 
「忘れないように。僕は生まれた時から傭兵だったから」  
「波乱ある人生、だな」  
「さあ? どうだろうね。別に両親を恨んではいないし。結構天職とも思ってる。  
もちろん冒険者家業も楽しいけどね」  
落ちる、沈黙。  
静寂にヒースが耐え切れなくなった頃、エキューが首元を解放し、その表情が緩んだ。  
「おっと、肝心なこと忘れてた。こっちの処理は大半が終わったよ。  
ガルガドさんが説明に行って、バスとノリスは片づけ中」  
「ん。悪かったな。俺も着替えて手伝う」  
緩めていたタイを外し、コートのボタンを外して上着を脱いだ。  
無造作に掴んで肩後ろにまわすと、二人で並んで離れに向かって歩き始める。  
「大丈夫大丈夫。さっきの勢い見てれば誰も怒らないから。むしろあの場にいた全員納得してた」  
やはり窮屈に感じていた為か、体中が痛く感じ、開放感で満ち溢れる。  
―――コレではイリーナのことを笑えない。結局は自分も同じ穴の狢だった訳で。  
「何を?」  
「聞かぬが花」  
「……ンじゃ辞めとく」  
「賢明だね」  
歩きながら腕を伸ばし、大きく伸びをする。  
「んっ……ぅあ゛〜〜…っと」  
「……オヤジくさ……」  
「ほっとけ」  
短い言葉でやり取りされる声は、すぐに客室の前から遠ざかり、かき消えていった。  
 
 
時間を置いて、再びイリーナのいる客室の前。  
ラフな格好に着替えたヒースが立っている。  
風呂に入ったせいで、まだ幾分湿っている長い髪を所在なさげにいじって、考えこんでいる。  
結局は好意で泊まることとなり、夕食もご馳走になった。  
でもイリーナとマウナは同席せず、倒れたのを運んで以来、彼女の姿を見ていなかった。  
考え込んで考え込んで、やっとドアに手を伸ばす。  
ノックをしようとしたところで、室内から扉が勢いよく開けられる。  
その先にいた人物に、思わず裏券を叩き込みそうになるのをぎりぎりで抑えた。  
「ちょうどよかった。今呼びに行くつもりだったの」  
「アブね〜な。……分かっててやったろ」  
「当然。アンタがず〜っといたのも知ってたわよ。何を考え込んでるんだか」  
「別にいいだろ」  
「なんとなくは分かるけどね。さ、入って。お茶とお菓子の準備してあるから。  
あと、イリーナが話したい事あるってさ」  
なんとも微妙な微笑を浮かべてそう言うと、マウナはさっさと廊下へでてしまう。  
そしてこの期に及んでまだ躊躇をしている捻くれ魔術師を、部屋の中へと押し込んだ。  
「ちょ、ちょいと待て。お前は?」  
「自分の部屋にもどるのよ。私がここにいる理由はないでしょ?」  
「え、イリーナと、一緒の部屋じゃなかったか?」  
「違う。確かに広いけど。一人一部屋って言われたの、聞いてたでしょ」  
「……ソウダッタッケ」  
「アンタねぇ。…せっかくの好意も台無しね」  
半眼になってヒースをねめつける。  
こんな会話を繰り広げるのも不毛と思ったのか、ヒースに背を向けて、隣の部屋へと入っていった。  
……と、すぐにドアが開き、ひょこんと顔を出した彼女はキュッと笑う。  
「あ、イリーナ今お風呂だから。でもそろそろあがったかな?」  
それだけ言うとすぐに引っ込んで、ぱたりと音を立てて扉が閉まる。  
「――ナンデスト…」  
そう硬直状態のままつぶやいたヒースの顔は、心なしか青ざめていた。  
 
 
「あれ、マウナは?」  
ようやっと硬直状態から解けたヒースが扉を閉めると、部屋の奥の方から妹分の声がした。  
その中に、疲労とか過度の興奮とかは含まれていない。いつもの通りの声色だ。  
「部屋にもどった」  
「ふーん。そう」  
お菓子やお茶がセットされたワゴンに手をかける。  
押してベッド近くに運ぼうと視線を上げた所、予想外に近くに妹分の姿があった。  
床に敷かれていた毛足の長い絨毯が、その足音を完全に消していたらしい。  
形容できない焦りのせいで、まったく気がつかなかった。  
「兄さん。ちょっと、二つほど話があります」  
そういう彼女の姿は、濡れた髪をタオルでふきながら、バスローブを軽く羽織っているだけ。  
一応その下にキャミソールを着てはいるが、湯を使って熱いのか、その胸元はゆるい。  
にこやかでありながらどこか憂苦を含んだ視線で、兄貴分の顔を覗き込んだ。  
「……お前はベッドに座ってろ。俺が椅子を持ってくるから」  
「別に平気ですよ?」  
不満そうな横をすり抜けて、ワゴンをベッド横まで運ぶ。  
続いて椅子を脇においてどかっと無遠慮に座ると、イリーナも不承不承ベッドへ腰掛けた。  
 
ヒースがカップにお茶を注ぎ手に取ると、静寂が二人の間に落ちる。  
「兄さん」  
すぐに耐え切れなくなったイリーナが、静寂を打ち破る。  
「さっきの………」  
「あれは、事故みたいなもんだろ」  
たった一言で、何が言いたいかを把握する。  
だから続きかけた言葉をさえぎり、そうきっぱりと断言した。  
「俺がもう少しお前を気遣っていれば、避けれた事柄だ」  
「事故…。……事故ですか」  
答える声色は硬く、硬すぎて逆に崩れてしまいそうな危うささえ感じさせる。  
「それ以外なんと表現すればいい?」  
彼女は静かに首を振る。  
「そっか。事故か。……少しだけすっきりしました」  
「ならよし。忘れよう」  
「そうですね。とりあえず、棚上に置いとく事にします」  
「おーけーおーけー。んで、もうひとつは?」  
苦笑したその笑顔に同じく苦笑を返すと、カップを置いて頭をなでる。  
「あー、ええとですね。ちょっと手をどけてください」  
妹分の言葉に素直にしたがって、手をお菓子のほうへと持っていった。  
 
一つつまんでぱくりと食べると、もう一つつまんで彼女の口の中へと放り込む。  
「あひひゃと。よひしょっと……」  
二人でもぐもぐと口を動かし嚥下して。  
その後彼女のした行動に、ヒースはお菓子を喉へと詰まらせた。  
激しく咳き込み、カップにかろうじて残っていたお茶を飲み込んで、何とか体裁を整える。  
「何をしてるんデスカ?」  
カクカクとした動きと言葉で、目の前にいる少女へ話しかけた。  
ゆっくりとイリーナがバスローブの前をはだけ、キャミソールを捲り上げている。  
「ちょっと見て欲しいんです」  
「だからナニヲ?」  
白い腹部が目の前にある。  
そこはよく鍛えられ、妙齢の娘らしくないわずかに割れた筋肉がある。  
でもそれでいて女の子らしい柔らかなラインも描いているという矛盾。  
いくら物心つく前からの幼馴染みだったとは言え、無防備で自分を男と思っていない行動にあきれ果てる。  
「おいおいおいおいおいって……コレは…痣か?」  
あまりに唐突な状況に動揺したヒースの思考が、そこに見えた不釣り合いな色に、冷静さを取り戻した。  
白い腹部から胸元にかけて醜く浮かぶ、青黒い痣。それはとても痛々しい。  
「うん。たぶん、アザービーストの爪の時」  
「コレはちとむごいな」  
「たいして痛くはないの。マウナが言うにはすぐに消えるって事だけど……。兄さんは、どう見る?」  
肌を至近距離でじーっと見るのは無作法だとは分かっている。  
しかし問いに答えるために、顔を近づけて注意深く観察を開始した。  
 
「うーん。体内の傷は呪文で治っていて、でも傷から出た血はまだとどまってる状態…かな?   
――――ならば俺もマウナと同じ意見だな。数日の内に薄くなると思うぞ」  
結局出た答えは同じもので、痛みがないのならば特に問題はなさそうだ。  
「よかった」  
だから上から降ってきた妹分の声は安堵で緩んでいて、その響きにヒースも緊張を解いて体を離そうとする。  
そのとたん、それまでは感じていなかった匂いが、意識にのぼった。  
いつまでも子供のままと思っていた妹分が、自分と同様に既に成人している事。  
今日一日だけ、(必要に迫られてとは言え)恋人として扱うと宣言してしまった事を思い出す。  
嗅覚に届く匂いは柔らかく、とても優しい。  
それは石鹸だけじゃない。イリーナ自身の、女性としての匂い。  
よくよく見れば、はだけた布地の隙間からわずかに見える胸は、まだ未熟ながらも確かに女のもの。  
幼い頃や、男の自分とは明らかに違う。  
それらを一気に悟ってしまい、動きと、思考が止まった。  
「ん?」  
唐突に変化した兄貴分の行動に疑問を感じ、イリーナの手がはだけたバスローブを放す。  
「兄さん?」  
止まった思考のまま、ぎこちなく体を動かした。ことさらゆっくりと上体を起こしていく。  
イリーナからは影に隠れて自分の表情は見えないはず。  
――……見えなくてよかったのか、わるかったのか。――醒めた自分が、そう囁く。  
それをはるかに上回る衝動が、今の自分を支配していた。  
顔は伏せたまま、小柄な体格に見合う小さな肩に、両手をかける。  
「おーい、どうしたの?」  
わけが分からず不思議そうな声。それに抑止力はない。むしろ、衝動を、煽る。  
 
置いた手に力をこめ、体重をかける。  
あっけなく倒れこみ、スプリングが弾んで体を受け止める。  
呆然と投げ出された腕と足を絡めとり、その動きを封じる。  
「……え、えぇ……」  
聞こえてきた声で冷静さをとりもどした時には、イリーナを押し倒し、組み敷いていた。  
何が起こったか把握できておらず、目をぱちくりさせたその体が、自らの下にある。  
バスローブの前は大きく広がり、キャミソール越しになだらかな隆起が見えていた。  
(しまった! ……ええい、ままよ!!)  
茶色の瞳を覗きこむ。  
いまだ状況を飲み込めていない妹分の瞳は、困惑の一色で彩られている。  
顔を近づける。  
しだいに困惑の中に混乱と驚愕が浮かび上がり、その中に自分の顔も映りこんで歪んでいる。  
映りこむ表情は醜い。そう思う。  
激しい鼓動。  
喉が焼け付き、からからに干上がって、それでも動きを止める事が出来ないしない。  
「にぃ――!」  
こぼれる言葉を、声色を聞きたくなくて、唇をふさいで音をふさぐ。  
柔らかくて少し暖かい感触が広がった。  
逃れようとしているのか、真下の顔が細かく動く。  
逃すまいと、強く押し付け、動きに合わせてヒースも動く。  
動きは刺激となって意識へと帰り、なれない呼吸とあわせて正常な思考を蝕んでいこうとした。  
それに気がつくと、とたんに怖くなって、唇を解放した。  
 
二人そろって深呼吸をし、荒い息が空気を揺らす。  
混乱し、驚愕し、困惑しているイリーナの表情はどこかポーっとしている。  
一度は理解した状況が、苦しくなった息のせいでまた拡散してしまっているようだ。  
「囮の時のは、事故だ。でも、今のは『俺の』意思だ」  
言葉を途切れさせ、あいまいな視線を向ける妹分に、心うちを語りかける。  
「…?」  
「俺が、したいと思った。だから、した。……最低なヤツだが、そういう事だよ。」  
「えっと、その。『囮の時のは事故で、今のはそうじゃない』コレは確定ですよね。  
つまり、さっきのを数えなければ、私は今のが初めてという事になるんですよね。  
つまりつまり、結局私のファーストキスって兄さんにとられちゃったことになるんですよね。  
つまりつまりつまり、兄さんにとって私はそういう対象ってことですよねそうなんですよねーーー!!」  
混乱の極み。我に返ったイリーナは顔を真っ赤にして息継ぎもせずにまくし立てる。  
「お前がどう思うかはしらん。お前が思わなきゃカウントされない……。  
俺にされてしまったと言う事実を拒否すれば、カウントしないことは出来るだろうな」  
対してヒースは冷静で、突き放すような口調でそう言い放つ。  
もちろん表情も幾分赤くはなりながらも何時ものとおりで、覚悟の上で口付けた事をうかがわせる。  
「どう思うかは、自由だ。今すぐ俺を振り払って昏倒寸前まで締めて殴るのも、  
俺と幼馴染みで仲間と言う縁を切るのも。……それはお前しだいだし、覚悟もしてる。  
反対に先に進んでもいい。もちろん、部屋から出て行けと言われれば、出て行く。……好きにしろ」  
まあ、そんな事を表情から読み取れるかどうかなんて、いつものイリーナではもともと微妙だし、  
混乱している今ではもっと不可能だ。  
「――どうしましょう? ……兄さんは、どうして欲しいです?」  
らしいその答えに苦笑する。  
 
押し倒していた体を解放し、起き上がる。  
大きく広がった彼女のバスローブの前を合わせると、少し距離をおいた場所へ座り込んだ。  
「今日一日は恋人で婚約者で、囮とは言え結婚式を挙げた。そうだったよな」  
ほんの一瞬とはいえ、それでも衝動に足元をすくわれてしまった事を激しく後悔し、ため息をつく。  
その吐息が彼女の栗色の髪を揺らしたようにみえた。  
「うん」  
「わかってるなら、あんなことしないでくれ。それだけ幼馴染みとして信用してくれてるんだろうが、  
俺だって一応、成人した男なんだぞ」  
「……私だって、一応大人の女ですよ!」  
不満そうにそう言われてしまい、ヒースの顔がひくりと引きつった。  
「だからそんなこと言うなって。俺にとってはお前は妹分だが、女なのかそうじゃないのかは、  
……今は、微妙なところなんだから」  
「ふうん…。私だって、同じだもん。兄さんが男の人って言われても、よくわからないよ」  
イリーナも起き上がり、シーツにぺたりと入り込む。  
「お互い様だな」  
「お互い様です」  
言葉が、重なった。  
 
「なあ、もしかして、考えてる事、同じか?」  
「ん〜。たぶん、同じだと思います」  
ゆっくりと、二人の距離が縮まってゆく。  
「まいったな……今日一日だけってぇのは実に微妙だが」  
「でも、今この瞬間も、私と兄さんは確かに『新婚夫婦』でしょ?」  
「あえて遠まわしにしたのに、その即断即決即暴走かつ行動直結単純思考を何とかしやがれ!!」  
持ち前の資質と魔術師と言う生業のせいで、思考の渦へと入りがちなヒースと違い、  
イリーナは物心ついた頃から真っ直ぐで実直で。  
……微妙な表現をするならば、思考も行動も「猪突猛進」と言う単語がふさわしい。  
「兄さんは遠回りすぎです。策を練るのは大切です。でも動かなきゃ始まらない事もたくさんあるもん!」  
「まったく持ってその通り。しかしそれは、誰かが後ろにいるからこそ出来ることだぞ」  
「大丈夫です、わかっています。兄さんが、みんなが、いつも後ろにいてくれるから、  
私は安心して動くことが出来るんです」  
「いなくなったらどうするつもりだ?」  
「……考えたこともアリマセンでした」  
「おいおい。一度はみんなを置いていきかけた奴が、何を言っている!」  
「でも、すぐにはいなくなりませんよね。なら、やっぱり兄さんが後ろにいるわけだから、安心です。  
たま〜にダメージもらうことありますけど恨んではいませんから〜」  
話を続ける間にも、妹分がそっとにじり寄り、その体が兄貴分の膝の間に入り込んだ。  
 
「まだ根に持ってやがる……」  
「三回目、食らう可能性もありましたから」  
「今回は、ちゃんと予告した。お前もノリスもエキューも、全員よけただろ」  
ヒースの手が、イリーナの手を上から覆う。妹分の瞳を覗きこんだ。  
「風林火山(マイスイートクラブ)にかすりました。焼け焦げ出来ましたよ?」  
「……次にクラブを買うときは、俺が代金持ちマスデス。それで許してくださいイリーナさん」  
「――それで手を打ちましょう。で、話は大幅にずれましたが……」  
イリーナが、瞼を閉じてじっと待つ。それを見て、ヒースは一つまばたいて天井を仰ぐ。  
片手を頤に移し、そっと親指の先で妹分の唇に触れた。  
張り詰めた柔らかい感触と同時に、小柄な体がびくりと跳ねる。  
そして二人にとっては、今日『初めて』のキスを。  
そのまま『二回目』『三回』『四』―――。  
それ以降はもう回数なんてどうでもいい。  
数える事よりも何よりもどんな事よりも。  
どんどん熱くなる互いの吐息が混じり、感じる事の方が、この世の全ての事よりも重要だった。  
 
 
 

簡単安心ビットコイン取引所 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 格安航空券