やっと荒かった呼吸が穏やかになってきた。  
身体は睦み事の余韻でけだるいが、このままでいるわけにはいかない。  
だから、まだ絡みついたままの腕をそっとはずすと、ベッドから抜けだした。  
「あ……兄さん……」  
名残惜しそうに指先がヒースの腕を伝い、疼きが残る体を刺激するが、それを何とか振り払う。  
そしてまだ横たわったままの小柄な身体を毛布に包んで抱き上げた。  
部屋のソファへゆっくりとおろすと、額を優しくなでて、栗色の髪を梳る。  
にへ、っと情けない顔で妹分が笑い、気持ちよさそうに瞳を閉じた。  
しばらくそうやって落ち着かせた後、またベッドの方へもどる。  
(実はする前より、した後のほうが気恥ずかしいかもしれんなぁ…)  
体の下になっていたバスローブには、白と赤と透明が混じった雫がこびりついている。  
そして絡み合った白金と栗色の髪の毛も、ところどころに落ちていた。  
(うわはははははは。――証拠隠滅!)  
改めて睦み事の痕跡を見てしまうと、心も体も落ち着かない気分になってくる。  
だから汚れたバスローブをすぐに外して床に落ちていた服や下着を拾い上げた。  
部屋の中や浴室の脱衣所を覗き込み、汚れ物のかごを探して、その中にローブを放り込む。  
脱衣所の中に用意されていたタオルや女物の寝巻きを見つけ出すと、イリーナの元へ歩み寄った。  
「ほれ」  
彼女はじりっと立ち上がると毛布を体から落とす。  
差し出された兄貴分の手から、それらを受け取った。  
「ありがと……っ」  
鈍い痛みが体に響いのか、声色が引きつり、わずかにかがみこむ。  
「大丈夫か?」  
「大丈夫なわけ、ないです」  
タオルを身体に押し当て、ふわふわと汗などをふき取りはじめた。  
ふと、その動きが止まる。  
自分の仕草を見つめるヒースの視線に気がついたのか、真っ赤になってタオルで前を隠す。  
「……なに見てるんですか! 後ろ向いててください!!」  
そんなイリーナにため息をついて、言うとおりにぐるりと後ろを向く。  
「へーへー。何を今更……。ちょっと前まで隠せって言っても恥じらいの欠片もなかったくせに」  
ぼそぼそ小声でつぶや来ながら、自分も身を整える。  
「何か、イイマシタ?」  
「いーえ、何にも。とっとと着替えろ」  
二人分の衣擦れの音が空に舞った。  
時折聞こえる、小さい吐息。まだ抱かれた余情から解放されていないのか、その呼吸は艶っぽい。  
「……何やってんだ?」  
後ろでしていた音が消える。少し遅れてヒースも着替え終わって、ちらりと視線を送った。  
 
妹分が姿見を覗き込み、自らの首元や鎖骨付近をなぞっている  
指が触れている部分が、ほのかに赤く色づいているのが、ヒースの距離からでも分かった。  
「ほっといてくださいな。乙女心ですよ!」  
「もうスケベ馬に近づけないくせに……」  
「直球で言わないでください! デリカシーないんだから!」  
ぐぎっとイリーナに襟元を掴まれる。  
体格差のせいで、ぎりぎりネックハンギングツリーにはならないが、的確に締め上げられた。  
さすがに一応手加減はされているものの、呼吸は微妙に苦しい。  
「うぁ……今日、二度目?」  
「何がデスカ!」  
そのまま襟元が引かれて、ヒースの体がバランスを崩す。  
そこに、イリーナが顔を寄せて、唇が重なった。  
「ん、んむ―――!」  
柔らかい舌が唇を舐る。  
「ぷぁ……」  
つっと光る細い糸を引いて、解放されたと思ったら、今度はすぐに首筋へと落ちた。  
強く吸われ、熱くぬめった感触に背筋へ振動が伝っていく。  
「ふふ……」  
ため息と区別かつかない妖しい吐息が彼女から漏れて、耳をくすぐった。  
襟元を締め上げていた腕が緩み、外れる。  
小さな手のひらが唇と肩に触れ、そっとなでられた。  
「おそろい、ですよ」  
耳元で囁かれた言葉に、慌てて姿見に駆け寄り首を傾けて覗き込む。  
甘く弾むそれが触れいていた所には、彼女と同じように赤い跡が残されていた。  
「うげ! この位置じゃ襟で隠れるかどうか微妙じゃねーか」  
「これでおあいこです! 私だってぎりぎりだもん」  
「やられた……。朝までに消えるか?」  
「消えて、欲しいですか」  
自身の唇に指先を当てて、ふわりと笑う妹分が、ちょっとだけ寂しそうに見えた。  
その視線になんとなく居心地の悪さを感じ、思わず首筋へと手を当てる。  
少しだけ、思案した。  
 
「ま、お前がいいなら、いいや。突っ込まれたらその時……なんだが、すっごく怖い」  
「ん〜。マウナとか、バスさんあたりは気がついても、気を使ってくれる、かな?」  
「……あの二人に弱みをこれ以上は握られたくないぞ、俺様」  
「やっぱり握られてるんですか。何かは聞きません。でも――、予想通りですね」  
苦笑いと共に、イリーナがベッドの方へ歩み寄った。  
そのまますとんと腰掛け、そばのワゴンにあるティーポットを手に取る。  
「……お茶、冷めちゃいました」  
睦み事の前のままなカップへ、残っている中身を注ぎ込む。  
白い磁器の中に広がる色は、濃い。  
「あはは、出すぎちゃってるなあ」  
ヒースはベッドの脇に置いたままの椅子に座る。  
「ミルクと砂糖、入れれば大丈夫だろ」  
あっさり言うと、彼女の返事も待たずにピッチャーのミルクとシュガーポットの砂糖を放り込む。  
二つのカップを銀のスプーンでぐるぐるぐるぐるかき混ぜて。  
「ほれ」  
妹分へと差し出した。  
取っ手で指先が自然に触れ合い、それに少しどきりとする。  
それを何気ない表情で押さえ込む。  
落とさないようさりげない気遣いを加えつつ、イリーナの手の中へ受け渡した。  
自分の分を手に取り、ごくりと喉へと流し込む。  
予想外に喉が渇いていたのか、続けて一気飲み。濃さも甘さも気にならない。  
「くはぁ〜」  
親父くさいため息をついて、カップを置く。  
勢いをつけすぎたのか、カシャりとカップとソーサーが高く響く音を立てた。  
目の前にいる妹分は、カップを両手で包み込み、コクコクと喉を鳴らして飲み見続けている。  
しだいに頭が仰け反り、白い喉が見えていた。  
そこにある情事の跡は紅くて色っぽい。  
「ん……。あ〜、喉渇いてました!」  
「俺もだ。……ま、そりゃそうだよな。結構な運動量だ、アレは」  
「ですね〜」  
「だな」  
「「はははははははははは…」」  
照れ隠しの乾いた笑いが重なって、低音高音ふたつが唱和する。  
「んで、真面目な話、体はどうだ?」  
二人同時に笑いを消して、妹分の顔を真顔で覗き込んだ。  
 
不躾な質問に、イリーナは下腹部に両手を当てて、少しだけ考え込む。  
「想像以上に痛かったし、苦しかった」  
ゆっくりと動いている両手は、続く痛みを抑えるためなのか。  
それとも痛みすら愛しさとなっているのか、それは分からない。  
「全然気遣う余裕なかったしな……スマン」  
だから、素直に謝罪する。  
自分の衝動に負けて無茶をしてしまった自覚があるから、なお更だ。  
「でも……」  
「ん?」  
「でも、嬉しかった。何でだろ。あんなに苦しかったのに、今だって痛いのに…」  
「えーっと、何言ってるかわかってます?」  
「分かってますよ。……兄さんは、どうでした?」  
「聞くかそれを」  
「聞きます。聞きたいです」  
「――えーっと、そのー……」  
「?」  
「ちと痛いぐらいきつくて、その〜、よかった、です」  
「……―――♪」  
「あー、あんまり細かく突っ込んでくれるな。恥ずかしいから」  
「……ネエ兄さん、私達って、何なのかな?」  
「今日はともかく明日以降は……」  
「『何時もの通りだろ』ですか?」  
「ああ。あの約束が有効なのは、今日だけだ」  
「えっとですね、ちょっと、それじゃ寂しいんです」  
「……」  
「それに兄さんだけが、よかったなんて、ずるい」  
「……あの〜」  
「私だって、ね?」  
ココまでの言葉が意味する事は明白で、思わず頭を抱え込みそうになる。  
哀願のこもった妹分の視線がちょっとだけ痛い。  
「つまり、またしてくれということなのかいりーな!!」  
「……女にそんな事、言わせる気ですか?」  
「いや、既に言ってるに近いと思うが。……お前は、俺をどう見てる?」  
「兄さんは、兄さんです。でも同時に、男の人です」  
「そっか。俺にとって、イリーナは妹だが――」  
「ソウデスカ、ならキョウの……」  
言葉が出た瞬間、視線をそらして明らかに落胆した表情で、ぼそぼそとつぶやくのが聞こえた。  
真顔で瞳を覗きこむと、柔らかい頬を両手でぷにりと摘み上げ、言葉を止める。  
「人の話は最後まで聞きなさい」  
「さびごまふぇ?」  
「妹だが……女だったんだなぁ、一応」  
そう言って、びよんと左右へ伸ばすと、頬を開放した。  
 
わずかに赤くなった頬を恥ずかしそうになでて、イリーナが首を傾ける。  
「微妙な答えですね、それ」  
「うーん、答えになってないか?」  
「ふふ、大丈夫です。もう二度と『だったんだなぁ』とか『一応』と言わせませんからね!」  
「ちょっと気合を入れる方向が違うぞ、それは」  
「でも、流石に今日は……つらいんで」  
「当たり前だ。そうじゃなきゃ、服はやらん」  
「今から脱いだら、します?」  
「ショーダン。そんな事いって、脱ぐつもりはないだろ?」  
「あ、分かりました?」  
「長い付き合いだからな。まだお前のそばにいるのは……何でだろうな? いるのも、イヤか?」  
「ん〜ん。むしろ、横にきてください」  
「横に?」  
イリーナが体をずらし、奥の方へと転がった。  
そして腕と手のひらが上下して、ぽむぽむと自分の横のシーツを叩く。  
「一緒に寝てください。……ダメですか?」  
「懲りてないな、お前さん」  
「ええ。懲りてません。兄さんと一緒だと、あったかくて、ふんわりするから、ね?」  
「ガキか、お前は」  
「さあ、どうでしょう?」  
「はいはい。お子様はゆっくりお休みクダサイませ」  
上掛けを引き上げ、ばふりとイリーナの顎先まで掛けると、その横へともぐりこんだ。  
「兄さん、棒読み」  
「恥ずかしくて真顔で言えるか、こんなせりふ」  
気恥ずかしさから背を向けようと動く―――前に、イリーナの手が腕を抱え込む。  
動揺して止まったところで、彼女の足が的確に足を絡めとった。  
もうこうなってしまえば、逃げられない。  
あきらめて一つため息をつくと、添えられている小さい手をなでて、瞳を閉じる。  
「……こうしてると、子供の頃を思い出します。私がぐずって兄さんのところに入り込むと、  
なんだかんだ言いつつ一緒に寝てくれましたよね」  
「そうだった気がする。…ていうか、そうしないとお前さんは全力で泣き出すしな〜。  
……でもどっちにしても、次の日親父さんとクリスさんに締め上げられて、俺様超辛かったんだぞ〜」  
おとりでの緊張と、初めての疲れと。今まですっかり忘れていたものが、体を侵蝕してくる。  
「あら? そうだったんですか。知らなかった」  
ゆっくりと思考が停滞し、喋るテンポも間延びしてくる。  
「知らないのは幸せだ。――なあ、後悔、してるか?」  
だから、妹分に問いかける口調はゆっくりで、声も小さい。  
「何でそんな事聞くんですか。後悔してたら、とっくの昔に追い出してます」  
「それも、そう、だな」  
最後に答えた声は途切れ途切れで、手足に絡むイリーナの暖かさに、弛緩する。  
「うん。おやすみなさい」  
その音を最後に、意識はすとんと眠りの中へと落ちていった。  
 
 
 
数日後――  
 
依頼は終了し、また其々の生活にもどっている。  
あの後、官憲が捕虜にした襲撃者からさかのぼって首謀者まで暴いていた。  
何時もの事ながら、終わってみればあっけない。  
元凶は―――――『げに恐ろしきは嫉妬に狂った恋心』と言う所か。  
嫉妬心からファラリス神の手引きをすれば、如何に家柄がよかったとしても、どうしようもないものだ。  
 
 
まあそんなわけで、何時もの仲間で、小鳩亭の一室に集まっている。  
「はい、お待たせ〜。報酬の山分けよ!!」  
弾みまくったマウナの声が、部屋に響く。  
その顔は生き生きし、瞳はきらきらと輝いていた。  
「相変わらずだね〜」  
「と・う・ぜ・ん!」  
「こういう所はいつまでたっても変わらんのう…。それだけ赤貧状態が辛かったのだろうが…」  
はしゃぐマウナに呆れた視線を送りながら、バスとノリスが手早く金貨や宝石を分け始めた。  
「こらクソガキ! 手の中に何を隠そうとした!!」  
「え〜、何にもしてないよ! いくらボクだってそんな事したら速攻で撃沈されるも〜ん」  
「当然。着服しようとしたら、【戦乙女の槍】をぶち込むから。マウナさんの変わりにね」  
「大丈夫ですぞ。ワタクシが見ておりますゆえ。ああ、もちろん挑戦してくださってもかまいません。  
その時は一連の顛末を歌とするだけですからな」  
「……黒いな。やっぱり。知れば知るほど底知れんぞ、このドワーフ」  
「実は一番物騒なの、バスさんかもですね」  
 
―――そんなちょいと物騒な会話をしながら、七等分の山が出来た。  
其々が手元へ引き寄せ確認を始める。  
しばし無言で音が響き、やがて終わった。  
「やっぱり数えがいがありますね〜」  
嬉しそうに声をあげるイリーナとは裏腹に、ヒースの方はしかめっ面だ。  
そして、もう一度最初から数え始める。  
「ん? 兄さん?」  
それも終わる。イリーナを除いた五人は、何故か楽しそうにその光景を見つめていた。  
「…おい」  
「なにかしら」  
「確か追加報酬も出たんだろ?」  
「ええ、出たわよ」  
険しい顔を向けるヒースに、マウナはさも当然とばかりにさらりと言い返す。  
「なら、どうしてなんだ。初めに提示されてた金額よりも……」  
「はい、そこまで」  
「エキュー!」  
身を乗り出しかけたヒースを、隣に座っていたエキューが手で制す。  
「マウナさん、ガルガドさん」  
「む」  
呼びかけられた二人が、懐から小箱を取り出す。  
それを、ヒースとイリーナの前に置いた。  
「コレが、追加報酬分……だ」  
「まず中を確認して。……いろんなことは、確認後に言うから」  
ヒースは猜疑の視線を皆にむけ、イリーナは純粋に不思議そうに小箱を手に取る。  
慎重に中を開け、更に入っていた――宝飾品を入れる――ケースを開けた。  
そのとたん、二人の顔が微妙にゆがむ。  
ヒースは焦りで、イリーナは照れで。  
 
「はい、見ての通りよ♪」  
「僕達にハーフェン導師、そして依頼主からの祝い品」  
「二人は囮になったからの。合計金額はみんなより多いはずだ。後で計算してみろ」  
「ま、意味は分かるよね〜。だから現金が少し減ってるんだ〜」  
「お二人とも、後で色々お聞かせクダサイ。どういう展開で、こうなったか楽しみですぞ」  
周りで口々に喋る仲間の言葉なんて上の空。  
二人は手元のケースに納まるものに固まっている。  
瞳に映っているのは、其々に見覚えのある指輪。  
やがて、ぎぎぎと音を立てそうな動きで、ヒースの首が上がった。  
そして、叫ぶ。  
「―――おーのー! 言いふらしやがったな、マウナ!!」  
「うぅ……恥ずかしい、恥ずかしいよう……」  
反対にイリーナはへなへなとテーブルへ突っ伏す。  
「言いふらしてないってば。言・い・ふ・ら・し・て・は。私は予想ついてたし、  
みんなも自力で気がついてたもの。気がついた上で『情報交換』はしたけどね」  
「くそ、やられた! 確かに『言いふらしては』いないぞーーー!」  
「気を使うとか、使わないとか、そういう以前の問題でしたか……ふふふふふふ」  
そう虚ろな視線と口調で、膝を抱えてうずくまってしまう。  
「ま、発破かけたの僕だしね。朝食の時、二人とも変だったから『あー、そうなんだ〜』と」  
何かを多分に含んだ笑顔で、エキューが笑う。  
「それに夜にボクとバスで行ったのに、ぜ〜んぜん部屋にもどって来ないんだもん。  
どれだけ待ちぼうけしたか、わかる?」  
「さすがに半信半疑でしたが。そうだったらいい唄のネタが出来たと…」  
ノリスがにやにやと笑いながら背中を叩くのもそのままに、ヒースは頭を抱え込んでしまう。  
「やっぱり夜には部屋にもどるべきだったか」  
「ワシは……夜の内にそれを聞いて朝一番に行ってみたが、お前さんはまだもどって来ていなかった」  
「……おやっさん、朝、早いのナ。俺様、一応朝早くにモドッタンダゾ」  
「ねえ、私、エキューが言うとおり……変、でした?」  
ぼそぼそとつぶやいて、やっとイリーナが頭をあげる。その顔は真っ赤で、涙ぐんでいた。  
「うん。ものすごく。自覚はなかったでしょうけどね。後は……辛そうだったから、かな…」  
「あう〜〜」  
のの字を描いて机を削りはじめたイリーナの手を止めようと、マウナが手をそっと添える。  
「イリーナ、備品は壊さないでちょうだい。現金から差っぴくわよ」  
「ひどい、マウナ、ひどいよう〜」  
「それはそれ。これはこれ」  
「……さすがですね、マウナさん」  
「あーー、もう!!」  
唐突に、ヒースが椅子を蹴り上げて立ち上がった。  
「知らん、もう知らん! 俺とイリーナは、どうなろうとただの幼馴染みだ!!」  
その叫びを聞いて、イリーナの目に生気が戻り……どころかそれを通り越して烈火の怒りの炎を燃やす。  
そしてがきりと兄貴分の首を掴み上げた。  
「ちょっと、兄さん。本気ですか! 本気なんですかー!! じゃあ私は、私はーーー!」  
「うごご…やべろ、シぬ、……あ〜、なんか、ミエル―――」  
「やだ、イリーナ。ヒースこのままじゃ死んじゃうわよ!」  
「ばか、おおばか。兄さんの、ばか〜〜〜!!」  
「ガルガドさん! バスっっ!! 止めて、止めて〜〜」  
全力でヒースへの首締めを実行するイリーナを止めようと、ガルガドとバスが組み付く。  
 
白目をむいて泡を吹くヒースに、泣きながらダメージを与え続けるイリーナ。  
それを止めようとする、仲間達(煽ったのが悪い)。  
仲が良いんだか悪いんだかイマイチわからない冒険者達の叫びが、青い小鳩亭の一室で木霊する。  
それは何時もの通りの、何時もの光景。  
『バンパイア・スレイヤー』とも、『へっぽこ』とも呼ばれる冒険者達の、お話の一つ。  
 
 
 
――ちなみにこの出来事を後世へ詠え伝えたのは、仲間のうちの一人といわれている。  
初めてお披露目をした時に、彼が無事に生き延びたのかどうかは……特に詠われて、いない。  
 
 
 
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 登録で安心ビットコイン取引所 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル